【無い内定】上手く行かない人の特徴と今から内定ゲットする方法

【無い内定】上手く行かない人の特徴と今から内定ゲットする方法

NNT、通称無い内定の状態だとやる気がなくなってしまいますし、周りの就活生と無意識に比べてしまって嫌気がさすこtも良くある話です。

今回は無い内定になってしまう人の特徴と、無い内定でも今から内定をゲットする方法について解説します。

もし就活そのものが嫌になってしまった場合は、就活を辞める手段もあります。就活をしなくても生きていくことはできるので安心してください。

ザックリ言うと、

  • そもそも無い内定ではないかも
  • 無い内定は脱却できる

無い内定と言っても時期による

まず無い内定と言っても時期によります。

内定を貰っていなくても時期によっては内定を貰うことができる可能性があるので、まだ諦めない方が良い場合もたくさんあるのです。

7月に無い内定ならまだ余裕

無い内定は時期によると言いましたが、7月に無い内定状態でも正直大丈夫です。

そもそも経団連が内定を出して良いと伝えているのは10月以降なので、7月に内定がなくてもまだ間に合います。

正直7〜8月に内定がなくてもまだまだ中小企業は採用活動をしているでしょうし、むしろプライドを捨てれば内定率は高くなるでしょう。

大企業が良い。」などのプライドを捨てて、気になった企業を全て受けることをおすすめします。

9月に無い内定はやばいかも

7月に内定がなくても大丈夫と伝えましたが、9月まで内定がないとやばいかもしれません。

やばいと言うのは、もうすでに優良企業は残っていないでしょうし、コネがなければ内定を獲得するのは難しくなるでしょう。

もちろん諦めるのは良くないですが、就職できない覚悟はして就職留年をするか既卒として来年就活する覚悟をしておいた方が良いです。

スポンサードサーチ

無い内定になる人の特徴10選

ではここからは無い内定になってしまう人の特徴を10個ほどご紹介します。

面接練習が少ない・してない

面接練習が少ない・してない

就活のステップはいくつかあるのですが、エントリーは誰でもできるとして、「エントリーシート通過→筆記試験→面接→内定」の流れです。

その中でエントリーシートは学歴などの実績・筆記試験は基礎的な学力が試されるため、通る可能性が高いです。

一方で面接に関しては「自分を魅力的に伝える力」が試されているため、唯一努力次第で結果を得ることができる就活になります。

就活において面接練習をやりまくるのはとても効果的なのですが、どうしてか面接練習をたくさんやる就活生はとても少ないです。

面接練習をたくさんするだけで他の就活生と差をつけることができるため、無い内定の方はとにかく面接練習をやりまくることをおすすめします。

ES添削をしてもらっていない・少ない

ES添削をしてもらっていない・少ない

面接の前に「そもそもエントリーシートが通らない…。」と悩んでいる方は、ES添削をしてもらった方が良いです。

ES添削を受けることができるサービスは色々あるのですが、大学のキャリアセンター・就活エージェント・OB訪問の先輩・バイト先の先輩など、自分に合ったものを選びましょう。

ES添削自体も面接と同じで、少ししかやらない大学生がほとんどなのでもっとやるべきです。

人によって添削のレベルや意見が違うので、たくさんの人にやってもらって自分が良いと思ったものをやってみることをおすすめします。

コミュニケーションが苦手

コミュニケーションが苦手

コミュニケーション能力がある人は就活を上手に進めやすいのですが、人と話すのが苦手な人は上手くいかない傾向にあります。

コミュニケーションは人と会いまくれば鍛えられるのですが、才能もあります。

もし今コミュニケーションを苦手と思っているのであれば、できるだけ多くの人に会ってみてコミュ力を鍛えると良いでしょう。

志望動機が弱くて自己PRも薄い

志望動機が弱くて自己PRも薄い

ESに書く志望動機も自己PRも、面接で伝える志望動機も自己PRも、どちらも弱いと内定を獲得できる可能性がとても低いです。

志望動機が薄くなってしまう理由として、説明会に参加していない・企業研究をしていない・原体験がないなどの理由がありますが、これらを全てやれば志望動機も強くなるでしょう。

採用担当の気持ちになると「弊社のことを良くわかっていて、かつ社風に合う学生が良い。」と思っているので、志望動機は強い方が良いのです。

自己PRもしっかり魅力的にしておきましょう。

自己分析が足りない・してない

自己分析が足りない・してない

就活で自己分析は別にやらなくても良いのですが、自己分析をやった方が圧倒的に良いです。

自分に適した仕事がありますし、自分がやりたい仕事もあると思うので、ちゃんと自己分析をして就活した方が効率的になります。

やりたいこととか無いし、就活とかぶっちゃけしたくない。」という人も自己分析をして自分が向いてそうな仕事を見つけるとやる気が出てきます。

やる気はそのまま結果につながるため、自己分析をした方が良いのです。

就活を始める時期が遅すぎた

就活を始める時期が遅すぎた

就活にはスケジュールがあって、ほとんどは大学3年生の終わり・3月から就活が始まります。

就活を始める時期が遅くなりすぎると、どんどん周りと差がついてしまって気が付いた時には縮められないほど差がついている状況になりがちです。

もちろん人によってはコネを使って就活を始めるのが遅くても大丈夫なのですが、あまりに遅いと手遅れになる可能性もあります。

なるべく早めに動いておくことをおすすめします。

学歴も実績もないのに高望み

学歴も実績もないのに高望み

就活において武器となる要素はたくさんあるのですが、中でも学歴と実績を持っている人は非常に就活を戦いやすいです。

しかし、Fランの大学生でなんの実績もないのに「やっぱり大手でしょ!」と大手企業にしか興味を持たないのは危ないと思います。

学歴が必ずしも必要になるわけではないのですが、Fランは学歴で劣っていることに間違いはないので高望みして勝手に失望しても意味がありません。

最初はなるべく中小企業の内定をゲットすることを目指して、安心したところで大手を狙うと良いでしょう。

大手ホワイトにしか興味がない

大手ホワイトにしか興味がない

こちらも上手くいかない就活生の特徴の1つで、大手のホワイト企業しか狙っていないのです。

もちろん学生ならホワイト企業に行きたいと言う気持ちはわかるのですが、そもそも企業がホワイト企業かどうかは入ってみなければわかりません

部署によってブラックだったりホワイトだったりしますし、昔はブラック企業でも今はホワイト企業になっているかもしれません。

にも関わらず、ネットの情報だけで勝手な先入観で「あそこはブラック企業だからな〜。」なんて言ってもどうしようもないのです。

いろんな企業に目をつけるべきなのです。

将来像がフワフワで軸がない

将来像がフワフワで軸がない

最近の学生には夢がないと言われますが、やりたいことがない学生が多すぎます。

夢がない・働きたい会社もない・やりたい仕事もないの3拍子が揃っていると、将来がフワフワしすぎて何も軸が決まっていない状態です。

もちろん将来像がフワフワでも上手く行く人は上手く行くのですが、ちゃんと軸を決めて就活をした方が圧倒的に上手く行くでしょう。

やりたいことがなければ自己分析して少しでも向いていることを探すと良いでしょう。

なんだか覇気がない

なんだか覇気がない

私も企業の採用担当として学生の面接をしたことがあるのですが、覇気がないのはダメです。

正直学歴よりも覇気の方が大事だったりします

一方で覇気がなくても採用したことがあって、それは覇気がなくてもしっかり実績を残してきている人です。実績が全てなので覇気がなくても上手くいっていれば採用していました。

とはいえ元気や覇気は本当に大事なので、気合い入れて面接に臨むと良いでしょう。

今から無い内定を脱却する方法

無い内定を脱却する方法が3つあるので、今無い内定の方は参考にしてください。

就活エージェントを使う

就活のプロが学生の就活をサポートしてくれるのですが、大学のキャリアセンターよりも学生のために考えてくれます。

登録は無料ですし、ES添削から面接練習まで全てサポートしてくれて、一緒に自己分析をするエージェントもあります

就活に関する悩みに答えてくれて、手軽にLINEで話ができるエージェントも増えているので最近では利用している学生が増えているのも事実です。

就活生の4人に1人が使っているので、あなたも早めに使って周りと差をつけましょう。

OB訪問をしてコネを作る

OB訪問をしてもコネができるかは別の問題なのですが、企業のリアルを聞くことができるのでどちらにしろやった方が良いと思います。

コネができたらラッキー!」くらいの気持ちでやってみてください。

気になる年収や福利厚生など、ネットではなかなか流れていない情報も入手することができるため、学生は就職まえにやっておくことをおすすめします。

逆求人型のサイトを使う(※おすすめ)

今までの就活とは全く違って、企業が就活生を選ぶのではなく就活生が企業を選ぶのが逆求人サイトです。

就活生はプロフィールを登録しておくだけで良いので、企業が学生のプロフィールをみてスカウトを送ります。そのスカウトから気になった企業に連絡を取るのが逆求人サイトです。

これからは人材確保がとても大事になってくるので、登録している企業も多いのです。

OfferBoxやキミスカといったサイトは就活生の4人に1人が登録しているため、まだ登録していない人は早めに登録しておくことをおすすめします。

すでに内定を貰っている人は登録していることでしょう。

スポンサードサーチ

内定を諦める前にやることをやろう

無い内定の人は「就活はもうやめた。無理だ。」と思っているかもしれませんが、内定を諦める前にまだできることはあるはずです。

面接練習にしろES添削にしろ内定を獲得するためにできることを全てやってから、無理だと諦めるようにしましょう。

諦めなければ必ず内定をゲットできるはずです。

どうしても就活で疲れてしまった人へ

内定をゲットするのが就活のゴールですが、どうしても就活に疲れてしまうこともあるでしょう。

そんな時は一旦休んで就活をストップすることをおすすめします。

あなたの人生において就活が全てではないので、どうしても疲れてしまったのなら一旦休んでやり直すようにしてください。

レコレコ トップに戻るの画像