キミスカって怪しいの?実際に使っている人に評判を聞いてみた!

キミスカって怪しいの?実際に使っている人に評判を聞いてみた!

登録しておくだけでスカウトが届く逆求人サイトとして有名なキミスカですが、20卒の学生だけで8万人以上が登録しているサービスです(2019/3/25現在)。

就職活動は学生である皆さんのこれからの人生を決めるイベントでもあるので、様々なサイトに登録して情報収集をするべきだと思います。

キミスカに実際に登録してスカウトを貰った私が、キミスカのメリットとデメリットについて解説します。

キミスカをザックリ言うと、

  • 無料で使える
  • スカウトは結構来る
  • メールが多いから怪しいと思われてる
  • 大企業は少なめ

 

\無料でスカウト→内定/

キミスカとは

キミスカの画像

公式サイト:キミスカ

キミスカは企業が就活生のプロフィールを見て、気になった学生をスカウトするサービスです。

今までの就活では「就活生が求人を探す→エントリーする」が一般的でしたが、キミスカでは「企業が就活生を探す→スカウトする」と就活の流れが真逆になっています。

つまり、自分が何もしなくても企業が勝手に自分を探してくれるので、辛かった就活が楽になる上に思ってもない企業との出会いもあります

もちろん学歴が高い学生は有利なのですが、企業は学歴よりもあなたの経験を見てスカウトするかどうか決めていることが多いです。

登録しておくだけで、就活のチャンスが相当広がることは間違いないでしょう。

キミスカは怪しいの?

結論から言うと、キミスカは全く怪しくありません。

運営会社のグローアップは、上場こそしていないもののかなり大きな会社なので安心できるでしょう。

キミスカが怪しいと言われる理由ですが、主に2つあります。

  1. ベンチャーからスカウトが来るから
  2. メールがたくさん送られてくるから

キミスカに登録している会社の中で3%しか大企業がないので、ベンチャー企業からスカウトが来ると「怪しいな…。」と思う学生が多いのでしょう。

実際に使ってみると怪しいところはないので、安心してください。

まだ登録に迷っている学生さんへ【キミスカ】
|8万人が使ってます|

スポンサードサーチ

利用者にキミスカの評判を聞いてみた

キミスカを利用している人の口コミを集めてみました!

キミスカの口コミに答えてくれた就活生Aの画像

オファーボックスとかキミスカとか逆求人サイトって、そこそこのとこからオファーきて優越感ぱないな。

キミスカの口コミに答えてくれた就活生Bの画像

マイナビのおススメは大手しか来ないけど、キミスカのスカウトは名前聞いたことないけど楽しそうな企業多そうで良さげ

キミスカの口コミに答えてくれた就活生Cの画像

おふぁぼでオファーくれた企業とやりとりしてたら、その間にキミスカでも本気スカウトしてくれて嬉しみ、真摯な対応に感謝

キミスカの口コミに答えてくれた就活生Dの画像

キミスカ登録したら、企業からメール来てとっても面白い。

キミスカ利用者からの口コミを見てみると、やはりスカウトが来ることに喜んでいる就活生が多いようでした。

さらに、キミスカには大手だけではなくベンチャー企業もたくさん登録しているため、普段は気にならない業界との出会いもあります。

利用者の口コミには悪い口コミが少なかったのも特徴です。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】
|8万人が使ってます|

キミスカのメリット7つ

完全無料で使える

キミスカを無料で使う画像

まずキミスカは完全無料で利用することが可能です。

就活サービスは完全無料で利用できるサービスが多いのですが、理由は簡単でサービスを経由して内定承諾した場合企業からサービスに報酬が入る仕組みになっているからです。

例えばあなたがキミスカに登録し、Aと言う会社にスカウトを貰います。その後面接を通してAから内定を貰い、その内定を承諾して入社します。すると、Aはキミスカにお金を払う仕組みになっているのです。

人材採用というのは学生が思っているよりもお金がかかるのですが、キミスカを利用すれば通常の採用手段よりは安く済みます。

キミスカからしてみればお金をもらっていますし、学生にとっては無料で利用できるので、Win-WinならぬWin-Win-Winの関係なのです。

ESを書く手間が省ける

キミスカはESを書く手間が省けるの画像

キミスカを始めとする逆求人型のサイトでは、プロフィールがそのままESになることが多いです。

ですから、就活生の悩みのタネになりがちな「また10枚もES書かないといけないのか…。」と言った悩みが、どんどん少なくなります。

ESを書かずにそのまま面接に望めるため、就活が一気に楽になるのです。

というか、ESをなんども自分で書くって本当に手間だし意味がわからない作業ですよね。

適性検査もキミスカで終わる

キミスカで適性検査も楽になる画像

キミスカでは150問の選択式の質問に答える適性検査があります。

企業もプロフィールだけではなく適性検査も見てスカウトを送っているため、もう1度適性検査を受ける必要がなくそのまま面接に行けるケースもたくさんあります。

キミスカの適性検査では以下のことがわかります。

  • あなたの強み
  • 意欲/価値観の傾向
  • 職務適正

全て点数化されるため、自己分析に利用することも可能です。

万が一適性検査の結果があまり良くないものだったとしても、キミスカにはたくさんの企業があるためあなたに合った企業からスカウトが来るはずです。

1つのツールとして利用してみるのも良いでしょう。

今までの選考結果も評価される

キミスカは選考結果が武器になる画像

他の就活サービスにはあまりないのですが、キミスカでは今まで受けてきた選考状況を企業にアピールすることができます。

選考状況というのは、例えば「〇〇銀行の選考で最終面接まで行きました!」などです。

あなたの選考状況をそのまま就活の武器として利用してくれるため、もし内定を貰えなかったとしてもあなたの実績として使うことができます。

選考状況は、実は就活力がわかる指標の1つなので実績になるのです。

スカウトが思ったよりもたくさん来る

キミスカでスカウトが来る画像

使ってみるとわかるのですが、思っているよりもスカウトがたくさんきます。

プロフィールをどれだけ埋めていたかにもよるのですが、私が利用してみたところスカウトの数は10件を超えていたので、選びたい放題でした

就活でなかなか内定が貰えないと「自分には価値がないのだろうか…。」と思ってしまうことも多かったのですが、スカウトを貰えるとメンタルも回復します。

シンプルに嬉しかったです。

就活コンサルタントが優秀

キミスカの優秀なコンサルタントの画像

キミスカには就活コンサルタントと呼ばれるエージェントに、就活の悩みなどを相談することが可能です。

各業界の専門家に相談することができるため、就活生からしてもかなり安心できます。

もちろん「やりたいことが見つからない…。」等の悩み相談だけでなく、ES対策・面接対策などの就活ノウハウにもしっかり対応しているので、利用しみると良いでしょう。

キャリアセンターだけでは不安な方も二刀流で利用してみてください。

「キミスーツ」をレンタルできる

キミスカはスーツをレンタルできるの画像

就活に備えてリクルートスーツを購入する学生も多いと思いますが、実はリクルートスーツは平均で13万円もかかっているのです。

しかし、キミスーツを使うと3千円台からスーツをレンタルすることができます

国産ブランドのスーツなので安物ではないですし、お金のかかる就活の節約にもなるので、わざわざリクルートスーツを購入したくない方には良いと思います。

スポンサードサーチ

キミスカの微妙なところ4つ

プロフィールが面倒

キミスカはプロフが面倒の画像

キミスカのようなスカウトが来る逆求人型の就活サイトでは、どうしてもプロフィールが重要になってきます。

企業はあなたのプロフィールを見てスカウトするかどうかを判断するため、プロフィールが埋まっていなかったり経歴が薄い人はスカウトされないのです。

学歴や経歴は正直に答えるとして、せめてしっかりプロフィールを埋めないとスカウトが来ないと思ってください。

プロフィールがどれくらい埋まっているかは教えてくれるので、自分ができる限り埋めておきましょう。ちなみに私はプロフィールが70%くらいしか埋まっていませんでしたが、スカウトは20件くらいでした。

めっちゃメール来る

キミスカはメールが多いの画像

キミスカに登録する上で1番微妙だったのが、メールの数です。本当にメールがたくさんきます。

普段使っていないメールアドレスで登録すれば良いじゃん。」という方もいますが、キミスカにはアプリがないため普段利用していないメールアドレスだと、通知に気づかないかもしれません。

せっかく良い企業からスカウトが来ても気づかない可能性があるため、メールは普段利用しているもので登録するのが理想です。

他の就活サービスも結構メール来てて、もうウンザリ…。」という方は、登録しない方が良いかもしれません。

大企業は全体の3%のみ

キミスカは大企業が少ないの画像

キミスカに登録している大企業は全体の3%のみです。

つまり、「就職先はどうしても大企業に行きたい!」と思っている人は、キミスカではなくOfferBoxに登録すると良いと思います。

キミスカは優良なベンチャー企業が多いので、ベンチャー志向の学生にはオススメです。

大企業にしか目がない学生は、他のサービスに登録すると良いでしょう。

実際怪しい企業からのスカウトもある

実際怪しい企業もあるの画像

利用してみてわかったことですが、実際良くわからない企業からスカウトが来たりします。

もちろん学生がスカウトを承認するかどうか選べるため無視するのですが、気になるようであればまず検索してみてどのような事業をやっているのか調べると良いでしょう。

調べた上で良くわからなかった上に「やっぱり怪しいな…。」と思ったらやめておくべきです。

くれぐれも自分の判断が大事だということを覚えておきましょう。

【追記】キミスカを利用してみました

20卒の私が実際にキミスカを利用してみた感想は”オファーの数がすごく多い”ということです。

キミスカを利用して約4カ月が経過した私のオファー数は80件となっています。

オファーは最初にプロフィールを完成させれば後は何もせずにオファーが来るので、とても楽に利用することができるためとてもいいサービスだと感じました。

キミスカのオファーには種類がある

キミスカのスカウトには3つの種類があります。

  1. プラチナスカウト
    企業が月に30通しか送ることができないスカウトです。
    プラチナスカウトでは特別選考の連絡が来ることが多く、就活で有利になるスカウトです。
    プラチナスカウトを得るためにはプロフィールを充実させること、毎日ログインをしてキミスカポイントを貯めることがポイントとなります。
  2. 本気スカウト
    企業が月に100通しか送ることができないスカウトです。
    本気スカウトでは企業によって選考に有利になることもありますが企業によって異なります。
  3. 気になるスカウト
    月に何通でも送ることができるスカウトです。
    説明会やセミナーの連絡が来るだけなので選考に有利になることは少ないでしょう。

キミスカを利用して感じたメリット

  • オファー数が多い
    中小、ベンチャー企業が多く登録されているのでオファーが多く、気になる学生がいればオファーを送ることができるので、1日に4件オファーが来ることもあります。
  • プロフィールを完成すればオファーが来る
    新規登録をした後に、プロフィールを完成させることで企業からオファーが来ます。
    ESでよく出るガクチカや学業で頑張ったことなどを書く欄があり、15分程度で完成させました。
    プロフィールの充実度を上げることによって、キミスカポイントが貯まり企業からのオファーも来やすくなります。
    適正検査も5分ほどで終わるので私は登録が簡単だと感じました。
  • 様々な業界からのオファーが来る
    プロフィール欄に志望している業界を書く欄がありますが、自分が志望していない業界からもオファーが来るので、就活の幅が広がります。
  • キミスカ主催のイベントがある
    キミスカLIVEというキミスカ主催のイベントがあり、複数の企業が自社の魅力をアピールします。
    イベントでは企業の方と話すことができ、内定もゲットできるイベントです。

キミスカを利用して感じたデメリット

  • プロフィールの登録が面倒に感じる人も
    写真登録や基本プロフィール、詳細プロフィール、会社選びの軸、適性検査があるのでプロフィール入力が面倒に感じることもあるでしょう。
    プロフィールを完全に完成させなくてもオファーは来るので、簡単に打ち込むだけでも良いと思います。
  • 大手に就職したい人には向いていない
    大手企業からのオファーは基本的には来ないので大手に就職を考えているのであれば、使っても就活に活かせないでしょう。
  • オファーが来たから有利になる訳ではない
    オファーには種類があり、気になるスカウトでは説明会の連絡であったりするので選考で有利になることはありません。
  • オファーには期限がある
    約1週間でオファー期限が切れてしまうので気になっている企業であればオファーに応えることをおすすめします。

キミスカのまとめ

辛くメンタルがやられがちな就活において、プロフィールを登録しておくだけで企業からスカウトされるのはとても楽です。

一方で登録するとメールがたくさん届くという微妙なところもあるので、そこまで気にならない人は登録してみると良いと思います。

私が実際に登録してみたところ、本当にスカウトが届いたことを確認しているので、サービスとして利用するのはオススメです。

思ってもみなかった企業との出会いもあるので、試してみてください。

\知ってる人は使ってる/
レコレコ トップに戻るの画像