低学歴でも逆転就職する方法|就活は厳しいけどあなたも勝てるはず

低学歴でも逆転就職する方法|就活は厳しいけどあなたも勝てるはず

「学歴」は就職する時に良く話題に上がりますが、いわゆる低学歴の就活生は不安になっていると思います。

やはり、学歴が就活で重要な指標の1つになるのは事実です。

学歴フィルターはいまだに存在しますし、学歴で就活生を判断する企業もたくさんあります。

この記事を読めば、低学歴でも逆転する方法がわかるでしょう。

低学歴の就活はどれほど厳しいのか

低学歴の就活はどれほど厳しいのかの画像

日本はまだまだ学歴社会

まず意識しなければならないのが、日本という国はまだまだ学歴社会ということです。

中国や韓国は日本よりも学歴社会なので、大学に入るまでがとても重要になります。日本も同じです。

学歴を見てお祈りメールを送る大手企業も多いですし、低学歴の就活生を参加させない会社説明会などもあります

学歴はまだまだ重視されているのです。

日本が学歴社会になっている理由として、「就活生と2〜3回面接で会っただけでは、会社で活躍できる人なのか判断できない。」というものがあります。

もちろん会社が欲しいのは「会社で活躍して利益を出してくれる人」ですが、面接では就活生と面接しただけでは判断できないのです。

ですから、就活生の少ない実績の1つである学歴が重要な指標の1つになるのです。

まだまだ学歴社会ということを覚えておきましょう。

高学歴と比べてOBが少ない

全ての大学とは言えないのですが、低学歴の大学は規模が小さいためOBが少ない事が多いです。

OBが多い大学だと、会社も「え!〇〇大学?うちの社員に□□っていう人がいるんだけど知ってる?」となります。

OBがいるというのは、それだけで就活においては有利です。

OBが多いと人脈を作りやすいですし、コネ入社をすることもできるので、就活で有利になってしまいます。

低学歴のデメリットの1つです。

学歴が低い人は仕事ができないと思われる

ハロー効果“という言葉を聞いた事があるでしょうか?

「1つの分野で優秀であれば、全てにおいて優秀だと思われる。」という心理学で立証されている効果です。

これを逆手に取ると、「学歴が高い人は優秀に見えるし、学歴が低い人は優秀に見えない」ということになります

ハロー効果があるから、学歴が低い人は仕事ができないと思われがちなのです。

スポンサードサーチ

低学歴でも就活で逆転する6つの方法

低学歴でも就活で逆転する6つの方法の画像

ここまで低学歴の大学生は就活で厳しい思いをすることについて書いてきましたが、低学歴でも就活で逆転することは可能です

低学歴が就活で逆転する方法は、大まかに分けて2つしかありません。

  1. 学歴が関係ないくらいのスキルを身に付ける
  2. これから伸びるベンチャーを探して、入社する

それでは、低学歴が就活で逆転する6つの方法について見ていきましょう。

資格やスキルを得る

まずは資格やスキルを身に付ける方法です。

資格でもスキルでもどっちでも良いのですが、ポイントは「100人に1人の存在になること」になります。

しっかりレアな存在になるわけではなく、自信が持てるレベルになるまで努力をするということです。

自信が持てるレベルになるまで資格やスキルを身に付けることができれば、自己PRで話すことができます。

学歴よりも強い武器になるものを手に入れてください。

英語・中国語を身につける

これからはグローバルの時代なので、外国語を身につけましょう。

外国語と言えば英語なのですが、これからは中国語の需要もどんどん増えてくるでしょう。

どちらにせよ、日本語以外の言語に苦手意識をしている人は多いので、1つでも海外の言葉を使えるとレアな存在になれます

自分のこれからのキャリアのために、海外の言葉を身につけましょう。

女性なら外見を磨くのもあり

女性であれば、外見を磨くのもありです。

先ほどのハロー効果でも言った通り、「何か1つでも突き抜けている人は、全てが素晴らしい人のように見える」のです。

つまり、見た目が綺麗な女性は仕事もできるように見えるのでチャンスになります。

ベンチャーも視野に入れるべき

低学歴だと仕方ないのですが、やはり大手企業だけに絞ってしまうと学歴が原因になって負けてしまうことが多いです。

ベンチャー企業もしっかり視野に入れて、できればこれから伸びそうな市場のベンチャー企業も見ておくべきです。

ベンチャー企業なら、早めに入社しておくことで伸びた時に役員などの立場に立てることもあります

低学歴ならベンチャー企業もちゃんと視野に入れるべきです。

大手だけがホワイト企業だと思うな

ブラック企業は嫌だ!ホワイト企業に就職したい!」と思うのは当然のことですが、大手企業だけがホワイト企業だと思うのは間違いです。

むしろ大手企業の方がブラック企業の業界もあります。

ホワイト企業の定義が人によって変わりますが、大手企業ほど副業ができなかったりするのです。

自分のホワイト企業の定義を決めて、会社を探すようにしましょう。

就活エージェントをフル活用してみる

低学歴な就活生は、就活エージェントを利用することで自分に合わせた会社を紹介してくれます。

もちろん高学歴の方が有利になるのですが、普通に就活をしている人では探せないような求人も紹介してもらえるので最高です。

低学歴であれば、就活エージェントをフル活用してください。

\低学歴でも余裕の内定!/
安心・納得!内定率90%の就活支援
【CareerTrip】

低学歴の就職まとめ

低学歴でも就職までに武器を持っていたり、就活エージェントを利用したりすれば、周りの就活生と差をつけた就活ができます。

低学歴の就活は甘くないのですが、やり方次第で逆転することもできるので、頑張ってください。

レコレコ トップに戻るの画像