OB訪問の時にオススメのアプリ【就活生が使ってみました!】

OB訪問の時にオススメのアプリ【就活生が使ってみました!】

就活生の3人に1人が就活対策としてやっているOB訪問ですが、実はアポを取るのが1番時間がかかって面倒です。

今回は、就活生にオススメしたい、OB訪問アプリを6つご紹介します。

\5分で無料登録!/

おすすめのOB訪問アプリ6選

ビズリーチキャンパス

オススメのOB訪問アプリ:ビズリーチキャンパスの画像

ビズリーチキャンパスは同じ大学の先輩と繋げてくれるマッチングサービスになっていて、プロフィールを埋めることで自動的にOBをおすすめしてくれます

OB訪問で面倒に感じるアポも、1タップで依頼が終了するのもポイントです。

ビズリーチキャンパスでしか行われていない合同説明会やインターンもあるので、OB訪問以外にも使い道があるのが特徴です。

デメリットとしては、そこそこ学歴が高い大学に所属していないと登録できないので、自分の大学があるかどうか確認することをおすすめします。

公式サイト→https://br-campus.jp/

Matcher

オススメのOB訪問アプリ:Matcherの画像

今までのOB訪問は、OBが就活生と会うメリットが全くない状態だったのでマッチングアプリを利用してOBと会うのが難しい状況がありました。

しかし、Matcherは「就活相談にのるので、〇〇してくれませんか?」というOBからアプローチをかけることができるサービスになっています。

例えば、「就活相談にのるので、おすすめのカフェを教えてください。」や「就活相談にのるので、皆さんの就職活動について教えてください」などの条件があります。

いずれも簡単な条件を飲めばOB訪問のアポが取れるので、比較的楽にOB訪問ができるサービスと思って間違いありません。

もちろん利用は完全無料なので、おすすめです。

公式サイト→ https://matcher.jp/

VISITS OB

オススメのOB訪問アプリ:VISITS OBの画像

VISITS OBは就活生とOBのマッチング件数が100万件を突破した実績をもつOB訪問アプリです。

すでに登録しているOBの方を検索してフォローすることで、あなたのプロフィールを閲覧してOBからメッセージが来るというスタイルのアプリになっています。

実際に自分が興味を持った人をフォローすると3人に2人くらいからメッセージが飛んできて、かなりの確率で会えるのがポイントです。

自分から面倒な電話やメールを打つ必要がないのは大きなメリットになるでしょう。

公式サイト→ https://vis-its.com/

LinkediIn

オススメのOB訪問アプリ:LinkediInの画像

LinkedInは世界最大級のビジネス用ソーシャルネットワキングサービスで、IT業界や金融業界のOBと繋がることができるサービスです。

OB訪問用に作られたサービスではないのですが、就活生でも社会人と繋がることができるという面では特に変わりはありません。

外資系企業に勤めているOBと繋がりたい人には特におすすめのサービスで、外資系企業の方はもはや登録しておくのがマストとも言えるサービスになっています。

就活生には多少知名度が低いサービスなのですが、希望する業界によっては登録するべきアプリの1つです。

公式サイト→ https://jp.linkedin.com/

yenta

オススメのOB訪問アプリ:yentaの画像

yentaはAIによって自動的にマッチングしてくれるサービスで、すでにマッチングすうが170万を超えているサービスになっています。

OB訪問用のアプリではなく、ビジネスのTinder風マッチングアプリなのでOB以外の人と繋がることも可能です。

お昼の12時におすすめの社会人を通知してくれて、興味があるかないかを分けていきます。

夜の8時に結果が届いて、マッチングに成功している場合はその後コミュニケーションを取ってアポを取る形になります。

思いがけない出会いがあるので、就活生も登録しておくと面白いサービスになっています。

公式サイト→ https://yenta.talentbase.io/yenta

茶会人訪問

オススメの訪問アプリ:茶会人訪問の画像

茶会人訪問はかなり古くからあるOB・OG訪問専用のマッチングサービスです。

就活生が社会人の方のプロフィールを見て訪問以来・日程調整をして実際に会うことができるサービスになっています。

多種多様なOBがいるので、気軽にお茶から始めたいという人におすすめのサービスです。

公式サイト→ http://www.chakaijin.jp/

スポンサードサーチ

OB訪問アプリを使うと就活が楽になる

就職活動は受験勉強と違って平等ではないため、他の人には無い武器を持っていないと非常に苦労します。

しかし、なんの武器も持ってない人でも、OB訪問をフル活用することで武器を手に入れられるかもしれません。

OB訪問アプリを利用することで、就活が楽になる理由をご紹介します。

OBとのコネは就活で最強の武器になる

就活において、コネクションというのは最強の武器です。

親が会社の幹部だったり、友人が会社をやっていたりすると、内定どころか「明日からおいでよ!」なんて言われることもあります。

しかし、ほとんどの就活生はコネを持っていません。そこで、OB訪問アプリを使うということです。

OB訪問をただの企業説明会として捉えるのではなく、優秀なコネクション形成ツールとして捉えましょう。

簡単にできるとは言いませんが、コネがない人でもコネを作るチャンスがあります

就活において何の武器も持っていないのであれば、OB訪問でコネを作りましょう。

ぶっちゃけOB訪問アプリを使えば誰でもコネができます。

直接人脈を作るのは長い時間がかかる

アプリを経由してコネを作るなんて、なんか気がひける…」という方もいるかもしれません。

しかし、直接自分の足で人脈を作っていくにはとてつもない時間がかかります。

人脈もお金も実績もない大学生を、他の人に繋げたいと思う人は少ないので、難易度が高いのです。

何か面白いことに挑戦していれば紹介してもらえるかもしれませんが、もはや若いというだけで人に会うのは難しくなっています。

キャリアセンターは繋がらないかも

OB訪問のアポを取る方法としてキャリアセンターを利用する方法がありますが、時期によっては全く繋がらないこともあります。

電話をかけるのが苦手な方もいるでしょうし、チャットで気軽に相談できるOB訪問アプリがオススメです。

もちろんOBと繋がることができれば何でも良いという方は、キャリアセンター経由でも良いと思います。

何にせよ意外と面倒なのでご注意ください。

\無料登録は今のうち!/
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク
「ビズリーチ・キャンパス」

アプリを使ってOB・OG訪問をしよう!

OB訪問をする就活生が増えていますが、アプリを使うことでOB訪問も就活もかなり楽に進めることが可能です。

私はアプリを使ったOB訪問だけではなく、キャリアセンターを利用したこともあるのですが、やはりアプリを使った方が効率的だったり奇跡的な出会いがあったりと充実していました。

これからOB訪問をすることを考えている方は、ぜひアプリを利用することをおすすめします。

レコレコ トップに戻るの画像