OB訪問の時期はどれくらい?早めにやっておくとメリットが多いです

OB訪問の時期はどれくらい?早めにやっておくとメリットが多いです

OB訪問の平均時期は3月〜4月

就活において、OB訪問をする時期の平均は大手企業の就活が解禁される3月〜4月です。

企業側も3月〜4月にOB訪問が増えることを知っているので、人事も準備しているし後輩に会いたがっているOBもいるくらいです。

OB訪問は、他の就活対策に比べてゆっくりでも大丈夫といえるでしょう。

OB訪問は早く始めた方が良い

「OB訪問は他の就活に比べてゆっくりでも良い」と言いましたが、実はOB訪問は早く始めることでメリットがあります。

OBの時間にも限界があるので、就活生全員がOB訪問していたらだんだん競争になってきます。

実際にOB訪問が遅れてしまうと、キャリアセンターで教えてもらったメールアドレスでも繋がらない場合があるのでご注意ください。

平均時期が3月〜4月とは言っても、実際は2月から始めた方がメリットが大きいです。

時間があるなら、なるべく早めに何人か絞ってアポを取っておくと良いでしょう。

OBが忙しい4月の最初はやめておこう

3月〜4月がOB訪問の平均時期ですが、4月は新入社員が入ってくる繁忙期です。

ですから、4月の最初にOB訪問をすると迷惑をかけてしまう可能性があるので気をつけてください。

実際にやってみると、4月の最初は忙しいから。」と言われることもあるので気をつけましょう。

やはりOB訪問は2月から始めてしまうのがオススメです。

ここからは、OB訪問の時期が遅れるデメリットと、早めにOB訪問をするメリットについて書いていきます。

スポンサードサーチ

OB訪問をするのが遅い場合のデメリット

遅い時期にOB訪問をする場合のデメリットは4つあります。

  • 会ってもらえないかも
  • 大手企業はやってくれないかも
  • 新しい出会いがなくなる
  • OB訪問ができなくなるかも

中々会ってもらえないかも

OB訪問の時期が遅くなると、OB達もたくさんの後輩に会っているので後輩と話をするのが面倒になってきます

毎回同じような質問をされるし、カフェでは奢ってばかりなので正直辛い…」と感じている人も多いのです。

OB訪問をすることで、直接会社に利益を出せるわけではありません。

自分のためになりにくいOB訪問は、時期が遅れると完全に不利になってしまいます。

大手企業はもうやってもらえない可能性が…

比較的たくさんの仕事を持っていて忙しい大手企業では、OB訪問でもとても人気があります。

時期が遅れると、大手企業のOBはすでにOB訪問を受け付けなくなってしまうこともあるので気をつけてください。

大手企業のOB訪問をしたい場合は、なるべく早めにアポを取っておきましょう。

行きたい企業に出会うタイミングが遅れる

実はOB訪問で自分の知らないことに出会って、「この会社に行ってみたい!」と思える企業に出会うことがあります。

人と出会うというのはそう言った現象が起きることがあるので、OB訪問の時期が遅れると単純に損をしてしまうかもしれません。

新しい出会いを求めてOB訪問をする人もいるくらいなので、就活の前半でOB訪問しておくべきなのです。

最悪OB訪問をやらずに就活するハメに…

あまりに遅くなってしまうと、OB訪問をやらずに就活することになるので気をつけてください。

OB訪問をすることで企業の雰囲気を直接知ることができますし、年収などのプライベートな情報も耳に入ります。

就活においてOB訪問はかなりオススメの対策なので、なるべく早めにやっておいた方が良いのです。

就活を有利にするために、今すぐOB訪問をやりましょう。

早めにOB訪問をするメリット

早期OB訪問のメリットは3つあります。

  • OBからのコミュニケーションがある
  • 企業への興味関心を示せる
  • OBが違う人に繋げてくれるかもしれない

それぞれ解説していきます。

OBから会いたがってくれる

OB訪問の時期が早いと、OBのモチベーションが高い状態で会うことができるため、OBも就活生に興味を持った状態で会ってくれます。

自分や自分の会社に興味を持っている就活生と会うのを楽しみにしている人も多いので、OBがOB訪問に慣れてしまう前にアポを取りましょう。

普段の仕事の息抜きにもなるので、早期OB訪問はかなりのチャンスです。

企業への興味関心を示すことができる

早期OB訪問をすることで、「この就活生はウチの企業にかなり興味を持ってくれているんだな」と思わせることができます。

逆にOB訪問の時期が遅れてしまうと、「なんでこんなに遅くにOB訪問してくるのだろうか。念のための保険って感じなのかな?」と思わせてしまいます。

もし興味を持っている企業があるなら、なるべく早めにOB訪問をして興味を示すようにしましょう。

違う人に繋げてくれる可能性がある

早期OB訪問をすることで、違う社会人の方に繋げてくれる可能性があります。

自分の考えていることや、やりたいことが見つかると違う人に繋げてくれることがあります。

同じ会社でも違う部署の人に繋げてくれたり、競合他社にいる友人に繋げてくれたりと、たくさんメリットがあります

他力本願になるのはよくないのですが、可能性があるということです。

スポンサードサーチ

OB訪問の時期を早めることで差ができる

先輩の知恵を使えるから就活が楽に

OB訪問では就活を勝ち抜いてきた先輩たちと話をするので、先輩の知恵を使うことができます。

就活でやってきた対策を聞いたり、面接の練習をしてくれたりと、就活を楽にするメリットがあります

先輩の知恵を得ることができて、そのまま自分の武器にできるので最高です。

OBのモチベーションが高いうちに

OB訪問の時期が早いとOBのモチベーションが高いので、面接練習も快く手伝ってくれます。

時期が遅れるとOBも面倒になってしまうので、なるべくモチベーションが高いうちにやるようにしましょう。

OB訪問はピーク前にやろう!

もちろんOB訪問は焦る必要はないのですが、早めに行動することでたくさんのメリットがあります。

なるべく早めに、できればピーク前の2月にはアポを取って始めるようにするのが良いでしょう。

今行動すれば、就活が楽になりますよ。

レコレコ トップに戻るの画像