OB訪問の流れを解説!|準備・当日・訪問後まで【完全保存版】

OB訪問の流れを解説!|準備・当日・訪問後まで【完全保存版】

就活ではOB訪問をした方が良い」と言われますが、実際どのようにOB訪問をすれば良いのか気になる人もいるでしょう。

OB訪問をする時は以下のような流れで行います。

  1. OBにアポを取る
  2. OBに会う前に準備をする
  3. 実際に会って話を聞く
  4. お礼メールを送る

この一連の流れについて、詳しく書いていきます。

まずはOBにアポを取ることから

OB訪問はまずアポを取ることから始めなければなりません。

アポを取る方法は3種類あります。

  1. 電話
  2. メール
  3. サイトやアプリ

それぞれのアポの取り方を見ていきましょう。

電話でアポを取る

電話でアポを取るには、まずOBの電話番号を入手しなければなりません。

OBの電話番号の入手方法ですが、サークルやゼミのコネを使う方法だったり、大学のキャリアセンターに行ったりと様々です。

他にも、直接会社に電話してアポを取る方法もあります。

注意点として、電話でアポを取る時はOBの方が時間のある時にしか電話できないので、気をつけましょう。

メールでアポを取る

メールでアポを取る方法は、電話でアポを取るよりも楽に取ることができます。

電話でアポを取るときと同じく、大学のキャリアセンターでメールアドレスを調べたり、サークルの先輩に聞いたりする方法があります。

電話と違って緊張することがないので、比較的楽にアポを取れるのがメリットですが、無視される可能性もあるので、電話よりもアポが取れる確率が減ってしまうのも事実です。

電話が苦手な人はメールでアポを取るのも良いでしょう。

ツールを利用して簡単にアポを取る

ビズリーチキャンパスやマッチャー という、OBと就活生を繋いでくれるアプリを利用してアポを取る方法もあります。

OBのかたも人事の人などが多く、就活生と話して人材を獲得するという目的があるので、アポも簡単に取ることができます。

プロフィール画面を見てスカウトされることもあるので、こちらから何もしなくてもアポを取れるのもメリットです。

簡単にアポを取りたいなら、ツールを利用してみましょう。

スポンサードサーチ

OB訪問前にやっておくべき事前準備

アポを取ることができたら、OB訪問をする前にやっておかなければならない事前準備があります。

どのような準備をしておくべきなのか、見ていきましょう。

企業研究・業界研究をする

アポを取る時点で自分の興味のある企業や業界で仕事をしている先輩に連絡していると思いますが、自分のできる限りの企業研究・業界研究をしておきましょう。

研究をしないのにOBと会ってしまうと、「あれ?この子本当に興味持ってるのか?」という気持ちにさせてしまいます

ある程度の研究をしておくのはマナーです。

日程調整をする

OBと日程調整をする時は、出来るだけ忙しいOBに合わせるようにしましょう

基本的には土日になるので、土日は空けておいた上で連絡をすることをオススメします。

質問を準備して共有する

OB訪問をする前に質問を準備しておきましょう。」と言われますが、質問を準備したらその質問をOBに共有しましょう。

準備するだけで当日いきなり質問されてもOBは困ってしまいますし、答えづらい質問をされると嫌な気もします。

先に共有しておくことで、就活生とOBの間にズレがない状態で会うことができるのでオススメです。

リクルートスーツを用意する

OB訪問をする場所が会社のロビーだったり、ホテルのロビーだったりする場合があります。

TPOに合わせてスーツを着て行った方が良い場合があるので、念の為リクルートスーツを用意しておきましょう。

OB訪問当日の流れ

アポをとって事前準備をある程度終えたら、当日です。

シミュレーションした上でOB訪問をすると「ちゃんと準備してきてるな…」と好印象を貰えるのでオススメです。

集合場所には遅刻しないように

当然ですが遅刻はしないようにしてください。

こちらからOBに会いたいと言っているのに、自分が遅刻してしまったら本末転倒です。

相手はすでに社会人なので、高い確率で遅刻することはないでしょう。

もう直ぐ自分も社会人になるということを自覚して、ちゃんと間に合うように行動することをオススメします。

まずは軽く自己紹介をしよう

集合場所に会ったら簡単な自己紹介をします。

〇〇大学の〇〇と申します。本日はよろしくお願いします。」と言った簡単な自己紹介で構いません。

詳しく話すのは中に入ってからになるので、大丈夫です。

名刺を持っている場合は名刺交換をしますが、基本的に持っていないと思うので名刺はもらうだけにしましょう。

中に入ってから名刺を渡すスタイルのOBもいるので、自分から貰いにいくのではなく渡されるのを待ちましょう。

お店の場合は注文する

カフェやレストランでOB訪問をする場合は、まず料理やドリンクを注文しましょう。

注文を先にしてから話し始めないと、話をしている途中で注文することになるので遮ってしまう可能性があります。

話す前にまず注文です。

自分のことは軽くして相手のことを聞く

実際に何か話を進めていくのですが、注意点としては自分のことをひたすら話し続けるだけでは意味がないので、相手のことを聞くことを中心にしましょう。

OBはあなたの話を聞きたいわけではないので、相手の話をたくさん聞くようにしましょう。

OBの就活などを聞くと面白いと思います。

準備した質問をしよう

相手の話を色々聞いた後は、準備して共有した質問をしましょう。

特に年収などを聞くと面白いですし、面接のコツや面接で聞かれたことなどは直接就活対策になるでしょう。

あらかじめ質問を共有しておけば、OBも答えやすいでしょう。

何か悩みがあれば話そう

就活の悩みがあればOBに話すようにしましょう。

就活を経験して実際に働いている先輩なので、同じような悩みを持っていた可能性もあります

ただの悩み相談だけになるとOBにメリットがないのですが、先輩に話を聞く機会はあまりないので早めに話すようにしましょう。

会計では払う素振りを見せる

お店の会計はOBが払ってくれることが多いのですが、ちゃんと払うようにしましょう。

基本的には「あぁ、いいよいいよ。」と言ってくれるので、しっかり「ごちそうさまです。」を言いましょう。

シンプルに自分が払うようにしてください。

終わった後はお礼メールを送る

OB訪問が終わったその日にお礼メールを送るようにしてください。

感謝を示すようにすることをオススメします。

スポンサードサーチ

OB訪問の流れを知っておこう

OB訪問の流れを知っておくことで、ある程度の準備ができるはずです。

最初は緊張することだらけですが、OB訪問は就活に良いこと間違いなしなので、きちんと準備していきましょう。

レコレコ トップに戻るの画像