【他己分析のやり方】自己分析の違いと例を徹底解説します!

【他己分析のやり方】自己分析の違いと例を徹底解説します!

そもそも他己分析とは

就活の時に自己分析をするのはとても大事なことなのですが、実は他己分析をすることで、今まで見えなかった自分が見えてくる可能性があります。

他己分析とは文字の通りで、”他人に己を分析してもらうこと”です。

自己分析は自分で己を分析することですが、自分では自分のことを客観的に見ることができないので、他己分析をしてもらうことでより自分を深く知ることができるというものです。

他己分析をするときの注意点

他己分析は話を聞くだけだと自分を知るのにとても有効そうですが、1つ覚えておかなければならないのは“他人は思っているよりも自分に興味がない”ということです。

あなたも心当たりがあるかもしれないのですが、人間は自分勝手な生き物なので、他人に興味を示すパターンはとても少ないです。

恋人や家族でない限り、自分を深く知る人はいませんし、よく他人を見ている人でも嘘をつく可能性があります。

ですから、他己分析をして満足するだけではなく、自己分析を比べることをオススメします。

スポンサードサーチ

他己分析の質問例を見てみよう

それでは他己分析の質問例を見ていきましょう。

長所・短所

まずは長所・短所について聞きます。

長所はとても言いやすいのですが、短所は少し言いにくいと思うので、できるだけはっきりと言葉にしてくれる人を選ぶと良いでしょう。

長所に関しては相手が素直に思っていることを伝えてくれるので、チャンスです。

しかし短所に関しては少し言いづらい部分があるので、「本当に怒らないから真実を教えて欲しい」と伝えるようにしてください。

短所を聞くときは家族に聞いた方が、ストレートな意見を聞ける可能性があるのもポイントです。

どんな性格か

続いて自分がどんな性格なのか聞くようにしましょう。

聞き方のポイントとしては、「私はどんな性格だと思う?」と聞かずに、いくつかの選択肢を与えてあげることをオススメします。

私は、負けず嫌い・人に優しい・コミュニケーションが上手・自分に厳しい、この4つのうちどれだと思う?」という聞き方であればとても答えやすいでしょう。

この4つは例ですが、自己分析をした結果から自分が思う性格を選択肢にすることをオススメします。

尊敬するポイントは

続いて、尊敬するポイントについて聞いてみてください。

尊敬するの定義ですが、「すごい!」と思った瞬間がオススメで、他人に聞いてみることをオススメします。

純粋に長所とかぶるのですが、長所と違って尊敬するポイントは行動からくるパターンが多いと思って構いません。

自分の良い部分を聞きましょう。

どんな仕事に向いてるか

就活に直結する質問ですが、自分自身がどんな仕事に向いているのかストレートに聞いてしまうのもありでしょう。

私ってどんな仕事に向いていると思う?」と聞くことで、自分に向いていそうな仕事を教えてくれるかもしれません。

できるだけ他人のことに興味を持っていそうな人に聞くのがポイントです。

他己分析のやり方のポイントをご紹介

それでは他己分析のやり方について見ていきましょう。

そう分析した理由を聞く

まずはそう思った理由をしっかり聞くようにしてください。

例えば、「私の長所はどこだと思う?」と聞いて、「やると言ったことはやりきるところ」と伝えてくれた場合はどうしてそう思ったのかまで聞くようにしましょう。

嘘をついていないかの確認もありますし、そう思ったのには確実に理由があるからです。

理由を聞いて確かめるようにしてください。

自己分析との違いをはっきりする

他己分析をしてもらった後は、自己分析とどれくらいの違いがあったのかハッキリすることをオススメします。

そこまで違いがなければ自己分析が性格だった証拠ですし、かなり違いがあったならもっと自己分析をしてどちらが正しいのか調べる必要があります。

自己分析との差をしっかり見ることをオススメします。

ジョハリの窓というやり方も解説

他己分析を有効に使うためには、“ジョハリの窓”という方法がオススメです。

ジョハリの窓とは心理学で使われるもので、自己分析と他己分析のズレを解消し、自己理解を深めることができるものです。

まず、「自分も他人も知っている自分(解放の窓)」「自分は知らないが他人は知っている自分(盲点の窓)」「自分は知っているが他人は知らない自分(秘密の窓)」「誰も知らない自分(未知の窓)」という4つの窓を用意します。

他己分析で使う時はさまざまな性格(頭が良い、発想力がある、段取り力がある、向上心がある、行動力があるなど)が書かれた紙を用意します。

その紙に書いてある性格の中でどれが当てはまるかに自分でチェックを入れて、他の人にもチェックを入れてもらいます。

続いて、別の紙を用意し、十文字で区切って4つの窓を用意します。

自分と他の人で共通して認識していた性格は開放の窓、他人だけが挙げていた性格を盲点の窓、自分だけが挙げた性格を秘密の窓、自分も他人も選んでいない性格は未知の窓に書き込みましょう。

最後にその結果を見て理由を話し、理解を深めあうことでより自分について知ることができるのです。

一緒に就活をしている友達や家族と試してみてください。

スポンサードサーチ

マイナビの他己分析もオススメ

マイナビが就活生向けに他己分析のツールを作っているので、そちらも試してみてください。

LINEで試すことができるので、ぜひ他己分析をしてみてください。

お願い!他己分析

他己分析のまとめ

他己分析の詳しいやり方について書いてきました。

質問の例も書いたので、これから他己分析をやる方はぜひ使ってみてください。

レコレコ トップに戻るの画像