【大学生】自己分析をして就職活動を有利に進めていく2つの方法

【大学生】自己分析をして就職活動を有利に進めていく2つの方法

自己分析をして自分自身を知ることができれば、やりたい仕事に向かって活動することができるので、就職活動を有利に進めることができます。

自分がわからない人ほど自己分析

就職活動が始まってから「自分が何がしたいのかわからない…」と悩んでしまう人が多いので、自己分析は就職活動を始める前から自分について深く考えるべきです。

自分がわからない人は、自分が本当に何がしたいのか・自分が好きなものは何なのか・自分に向いている仕事はあるのか、という悩みをたくさん持っています。

気持ちはわかるのですが、いきなり自分のことを知ることは不可能です。

自分のことは自分が1番知っているはずなのですが、灯台下暗しなので、自分のことを見つけるのは難易度が難しくなっているのです。

自分がわからない人は大学生になった瞬間から、ずっと自分が何が好きなのかを知っていく方がよっぽど良いでしょう。

自己分析は価値観がわかる

自己分析は自分の価値観がわかるようになります。

基本的に自分の好きなことだけをやってきて、言いたいことだけを言ってきた人は自分の気持ちに素直で他の人に合わせるようにしないので、自己分析をしなくても自分のことを知っています。

つまり好きなことだけをやってきた人は、すでに自分のことについて知っているのです。

自己分析は自分のことを知らない・知ろうとしていない・今まで他人に合わせて生きてきた人がやるものです。

自己分析は自分の価値観を知らない人が自分の価値観を知るためのツールなので、自分のことがわからない人だけがやるべきなのです。

自分を分析する方法

では果たして、自分をどう分析すれば良いのでしょうか? 自分を分析する方法は他人の意見・世の中の物事について自分の意見を考えてみることです。

世の中の事象に対して、自分がどう思うのかを考えていくことが自分を分析することができるのでオススメです。

「自分」というのは結局「自分の考え方・思い」なので、自分の考え方を知っていくことが大事なのです。

スポンサードサーチ

自己分析を深める方法

自己分析を深める方法があるので、ご確認ください。

人生から自己分析する方法

自分の人生から自己分析する方法としては、基本的に自分の過去を振り返ってみることをオススメします。

自分の今までの人生を振り返るには、まず今までどんなことをしてきたのか振り返ってみると良いでしょう。

部活動・趣味・自分の行動を振り返ってみると、自分の性格や考え方を知ることができます。

暇があったらゲームをしていた」とか「友達と話している時間が1番楽しかった」等の過去を振り返ることで自分について深く知ることができるのでオススメです。

自己分析とは未来のことを考えてやりたいことを決めるわけではなく、過去から未来のことを紐解いていく作業なので、間違えないようにしてください。

人生から自己分析する時の質問例

人生から自己分析をする時は自問自答が一般的です。

自分がどんな場面でどんなことを考え、どんな行動を取ってきたのかをちゃんと把握することで簡単に自己分析をすることができます。

私ってこんな時どんな風に考えていたっけ?
俺って何であんな行動を取ったんだっけ?
どうして挑戦してみようと思ったんだっけ?

というのをしっかり考えてみましょう。

大学生は自己分析をするべき

以上、ここまで大学生が自己分析をする方法について書いてきました。

基本的には自分のことについて自問自答して、自分の意見をしっかり持っていくことが重要だと思いますので今1度過去を振り返って自分のことについて考えてみてください。

レコレコ トップに戻るの画像