就活で後悔したことランキング7選【実際に就職した先輩に聞きました】

就活で後悔したことランキング7選【実際に就職した先輩に聞きました】

就職先で今後の人生が大きく変わることもあります。

満ちた人生を送るのも、廃れていく人生を送るのも、就職先が影響していくため後悔しない就職活動をしていきましょう。

この記事では先輩が語る「就活の時〇〇をしておけばよかった…」という後悔について紹介するので、反面教師にしてご覧ください

スポンサードサーチ

とりあえずで就職するのは後悔の素

とりあえずで就職するのは後悔の素の画像

就活は肉体的にも精神的にも疲れてしまいます。

そのため、就活を始めて早い段階で内定が出た企業に就職を決めてしまう人もいます。

実は就活で妥協することも必要ではあるのですが、「内定が出たし、とりあえずここに就職しよう。」と考えてしまうと後悔につながります

しっかりと考えたうえで就職先を決めましょう。

スポンサードサーチ

就職活動で後悔したことランキング

ではここからは、先輩が就活で後悔したことをランキング形式にしてご紹介します。

第7位 面接練習をもっとしておけばよかった

第7位 面接練習をもっとしておけばよかったの画像

面接では様々な点を見られます。

受け答えや姿勢を普段から意識していない人にとっては苦手だと感じてしまいがちです。

しかし、面接の練習が恥ずかしいと思う人も多く、「意外と乗り切れるだろう。」と思っている人もいるのではないでしょうか。

あなたが本当に行きたいと思っている企業の面接で本領を発揮するためには、やはり練習したかどうかがポイントとなります。

緊張して自分の魅力を最大限に活かせなかった。」とならないために練習しておきましょう。

第6位 資格を取っておけばよかった

第6位 資格を取っておけばよかったの画像

大学生活をのんびりと過ごしすぎて資格の欄が空白となってしまうとアピールポイントが減ってしまいます。

エントリーシートを書いている段階で後悔しても遅いです。

就活でアピールするために早めの段階から資格取得しましょう。

第5位 もっと早くから就活を始めておけばよかった

第5位 もっと早くから就活を始めておけばよかったの画像

就活のスタートが遅れてしまって後悔している人がいます。

早くから始めていた就活生の内定が決まり、焦って就活をすると妥協してしまいがちです。

後悔しないためには就活サイトに登録をしたり、就活生と交流を深めたりと早い段階から”就活生”という意識を持ちましょう。

第4位 企業研究をしておけばよかった

第4位 企業研究をしておけばよかったの画像

企業研究をしておくことで志望する企業が明確となり、就活がしやすくなります。

勤務地やお給料は就職するうえで重要となってきます。

何も知らずに就職を決めてしまうと「思ったのと違う。」となってしまうので企業研究をしましょう。

第3位 OB訪問をするべきだった

第3位 OB訪問をするべきだったの画像

最近の就活生はOB訪問をする人が増えていますが、就活においてOB訪問をするのはたくさんのメリットがあります。

就職前に年収や福利厚生などの質問ができますし、実際に企業に就職している方に対策を聞くことができるからです。

OB訪問を通してコネを作れると、就活も一気に楽になるのでおすすめです。

\いまならまだ間に合う!/
同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問ネットワーク
「ビズリーチ・キャンパス」

第2位 就活エージェントを利用すればよかった

第2位 就活エージェントを利用すればよかったの画像

就活エージェントを利用すると就活が楽になることをご存知でしょうか?

例えば、キャリアチケットというエージェントを利用すると内定率が1.39倍アップするので、使った方が良いです。

実際にエージェントの存在を知っている人はすでにフル活用していて、学歴もないのにかなりの大企業から内定をもらっています。

エージェントが持っている求人にも限りがあるので、なるべく早めに登録しておいた方が得するでしょう。

\無料で就活対策!/
新卒就活エージェントなら!
【キャリアチケット】

第1位 就職先を妥協しなければよかった

第1位 就職先を妥協しなければよかったの画像

就活のやる気がないため、妥協して就職先を決めて後悔する人が多いです。

妥協することが必ずしもダメなわけではありません。

しかし、ここだけは譲れない。」と思っている点は妥協するのはやめましょう。

失敗・後悔しないための就職活動

就活で後悔してしまう学生は本当に多いため、後悔しないようにするためにどう行動すれば良いのか解説します。

就活で後悔しないためには勤務地も大切

自宅から近いと思って内定を決めたのに、勤務地は他県だった。」となると後悔してしまいます。

後悔しないためには、必ず勤務地が決まっている企業を受けましょう。

入社直後に転勤が決まり、引っ越しとなると転職という選択肢が早めの段階でよぎってしまいます。

就活で後悔しないためには、勤務地を妥協しないようにしましょう。

就職活動が終わり、入社した時のギャップを理解する

就活しているときと入社してからのギャップが大きいと「自分の思っていたことと違う。」となってしまいますよね。

最初から自分が思っていたことをやれるわけではない”ということを知っておきましょう。

外側から見たものと内側から見たものではギャップが生じます。

特に最初のころは思ってしまいがちですが、ギャップがあることを知っておくことで嫌な気持ちで埋め尽くされることが軽減されます。

スポンサードサーチ

就職活動に後悔して転職を考えている人へ

就職活動に後悔して転職を考えている人への画像

転職する割合はどのくらい?

大手転職情報サイトDODAの【転職活動実態調査】によると、25歳から29歳のうちに転職を経験する人は35.3%とのことです。

今や新卒で勤めた会社を3年以内の離職率が3割を超え、「3人に1人」が会社を辞めています。

もはや新卒で勤めた会社を辞めることが珍しいことではない時代なのです。

転職をしようか迷っている方は前向きに企業研究をしてみるのも良いでしょう。

転職が失敗して後悔することも

転職して、前よりもつらい状況になってしまうリスクもあります。

また、時間をかけて転職したのに「前の会社に戻りたい。」となってしまっては残念な結果になります。

そのため、焦ることなく下準備をしっかりと行って転職活動をしましょう。

気になっていることは企業に聞いておくことが後悔しないコツです。

結論:就職活動で後悔しないためためには

先輩が就活で後悔していることランキング1位が「就職先を妥協しなければよかった…」なので、あなたが行きたい業界や企業はとにかく妥協しないでください。

受験とは違ってエントリーするたびに多額のお金がかかるわけではないので、後悔のないように全力で取り組んでください。

その上で、ぜひ就活自体を楽しんでください。

レコレコ トップに戻るの画像