大学生におすすめの本はこちら⇨

【先輩が教える】就活面接の時に必要だった持ち物とあってよかった物

【先輩が教える】就活面接の時に必要だった持ち物とあってよかった物

明日は1番行きたい会社の面接!持ち物って何だろう!」ってなった人のために、前日までに用意しておくべき持ち物リストを作っておきました。

必要な持ち物だけではなく、持って行ってよかった持ち物についてもまとめたので参考にしてください。

学生はAmazonプライムスチューデントを利用すると、半年間無料で次の日に荷物が届くサービスが利用できるのでそちらもおすすめです。

スポンサードサーチ

面接の時に必要だった持ち物(必須順)

面接の時に必要だった持ち物(必須順)

まずは、面接の時に本当に必要だった持ち物を必要な順番でまとめました。

面接は絶対に忘れ物をしたくないでしょうし、忘れ物をしてしまうと気分が下がってしまうので前日までにちゃんと用意してほしいです。

A4サイズが入る就活カバン

これから紹介する持ち物たちを入れるために、カバンがなければ何も持っていくことができません。まずは就活に適したカバンを用意しましょう。

おそらくほとんどの就活生が持っているとは思いますが、書類が配られることを考えるとA4サイズがすっぽり入るカバンがおすすめです。

もっと詳しい就活カバンの選び方は、こちらで紹介しています↓

絶対必須のES・履歴書(コピーも)

これから面接をすると言うのに、自分のES・履歴書を持って行かないのは論外です。

OpenESに登録している会社を受ける場合は持っていかなくても良い場合もありますが、基本的な面接の場合は絶対忘れないでください。

提出した後に自分で確認するために、原本だけでなくコピーした物も持っていくことをおすすめします。

忘れないと思うけどスマホ

就活生は若いので絶対忘れないと思いますが、スマホも必須持ち物の1つです。

前日の夜にちゃんと充電した状態で用意しておいて、会社までの地図や電車の時間などをちゃんと調べておくことをおすすめします。

もし面接当日に遅れてしまった時のため、会社の電話番号なども控えておくようにしてください。

モバイルバッテリー

他のサイトを見ると「会社周辺の地図」などを持ち物として書いている記事もありますが、モバイルバッテリーがあれば必要ありません。

正直このご時世に地図を持っていくなんて時代遅れの象徴なので、モバイルバッテリーで十分だと思います。

そもそも地図を読めない学生も多いですからね。

企業説明会でもらった資料

会社案内などの資料を読み込んでおくと、面接の時にアピールできる手段になるのでおすすめです。

資料なんて1つも持ってないよ…。」と思った人は、企業のホームページやIRなどの資料を読むだけでもかなり変わると思います。

面接会場に行く前に、少しでも情報を頭に入れておきましょう。

筆記用具・メモ帳

面接をしているときに、次の面接の情報や選考に関する情報などを言われる可能性があるためすぐにメモができるように持ってください。

筆記用具はいろんな場面で利用できるので、持ち物に入れておきましょう。

クリアファイル

面接中・面接後に何か新しい書類を配られる可能性があるため、折れ曲がったりしないようにクリアファイルをカバンに入れていくべきです。

ESと履歴書を運ぶ時にもよく使うので、万能な持ち物です。雨が降った時にも大事な書類を守れるので良いと思います。

ハンカチ・ティッシュ

面接会場に着いてから面接までにどれくらい待つことになるかわからないので、トイレを利用した時のためにハンカチを持っていくべきです。

ティッシュは鼻血・鼻水だけでなく靴の汚れなどにも使えるので、必須の持ち物だと思います。

お金・クレカ・PASMO

面接会場までの交通費・お昼代の食費・カフェ代など、まぁ様々な場面で使うのはわかっているでしょうから前日までにATMでおろしておきましょう。

最近はPASMOが内臓されてるスマホを使っている方も多いでしょうから、チャージしておいてください。

現金は持ちすぎるのもイケないので、1万円くらいは持っておくと良いでしょう。

腕時計

就活生の必須の持ち物としてすでに持っている人も多いと思いますが、普段はスマホで時間を見ている人も腕時計を用意するべきです。

腕時計はシンプルな物であればドンキで良いのですが、わかりやすいDIESELなどのブランド物やG-SHOCKなどのスポーツ系は辞めておくと良いでしょう。

ベルトは金属でも革でも良いので、シンプルを選びましょう。

会社から指定された持ち物

面接を受ける前の選考段階で、「〇〇は絶対持ってきてください。」と会社から持ち物を指定される場合があります。

よくあるのが「デザイナーの方はポートフォリオを持ってきてください。」などの実績を示すものなので、何も言われていない人はきにする必要はありません。

絶対に上手くいくという気持ち

面接をする上で1番大事な持ち物と言えるかもしれません。

張り切りすぎるのも良くないですが、自信を持って「絶対にできる!内定もらえる!」くらいの勢いで面接を受けにいくと良いでしょう。

多分この記事を読んできちんと準備をしようとしているくらいの人であれば、上手くいくと思います。大丈夫です。

スポンサードサーチ

持って行って良かった持ち物

持って行って良かった持ち物

それでは、就活面接の日に持って行ってよかった持ち物をご紹介します。先輩からの1つの意見としてご覧ください。

折り畳み傘

面接当日は、いつ雨が降り出すかわからないので折り畳み傘などの雨具を用意していきましょう。

あらかじめ天気予報を確認して家を出て欲しいとは思いますが、スーツやカバンの中身が濡れたら大変なので持って行った方が良いです。

学生証

面接会場がオフィスの場合、受付で本当に学生なのか確認する場合があります。

学生証がなくても免許証などで身分確認できるのですが、学生証が1番手っ取り早いので定期入れなどに入れて準備しておいてください。

予備の証明写真

ESの写真が剥がれかけてしまったり、直前になって新しい履歴書を作らなければならない時のために予備の証明写真を持っておきましょう。

駅やコンビニの前にある証明写真で撮れば良いのですが、なかなか時間がなかったり就活シーズンは並んだりするためピンチになります。

あらかじめ用意しておくと安心です。

ストッキングの予備

女性だけですが、ストッキングの予備は用意しておくと良いでしょう。

ストッキングはなかなか安いものではないのですが、就活が始まる前にいくつか買い貯めておいて予備を持っていけるようにするのをおすすめします。

携帯用靴磨き

ほぼ就活生の必須商品になりますが、靴が汚れてしまった時のために携帯用の靴磨きを用意すると良いでしょう。

スーツを買うときに「一緒に靴磨きはどうですか?」と聞かれるほどなので、なるべく持って行った方が良いと思います。

メガネ

目が悪い就活生はコンタクトレンズを使っている人が多いのですが、コンタクトが外れたり落としたりしてしまった時のためにメガネを持っていきましょう。

意外と大事です。

常備している薬は持って行った方が良いと思います。特に頭痛薬・胃薬・目薬などは忘れがちなので、必要な人は持っていきましょう。

歯ブラシ

面接と説明会などが重なる場合もあるので、自分がスッキリするためと口臭対策として持って行った方が良いです。

僕なんかは歯をスッキリさせたい欲望があったので、就活では携帯用歯磨きを持って行っていました。

印鑑

ESや履歴書などの書類に不備があった場合・新しく書類を作ることになった場合の2パターンの緊急事態に対応できるので、印鑑もあると嬉しい持ち物です。

持ってるけど用意するのが面倒なら、筆記用具に入れて一緒にしておくと良いでしょう。

持ち物指定なしの場合は?

持ち物指定なしの場合は?

面接の持ち物についてまとめたのですが、就活をしているとたまに持ち物の指定をしてこない会社があります。最近では減ってきているのですが、念の為指定なしの場合どうすれば良いのかご覧ください。

とりあえず必須の持ち物は持っていくと良い

持ち物指定なしの場合は「普段の就活面接で持って行ってる物を、ウチにも持ってきてね。」と暗に言われている可能性が高いです。

ですから、先ほど紹介した必須の持ち物は持っていくと良いでしょう。

そのほか自分が必要だと思ったものは当然持って行ってください。

電話やメールで確認するのもあり

持ち物が指定されていない場合は、先方に電話やメールを使って確認するのも手段です。

確認しておけば安心するでしょうし、確実に不備がない状態で面接に臨むことができるので安心すると思います。

スポンサードサーチ

就活面接は持ち物をちゃんと準備しよう!

面接はただでさえ緊張する場所なので、せめて持ち物をちゃんと準備して完璧な状態で受け答えができるようにすることをおすすめします。

持ち物はできるだけ前日までにきちんと準備をしておいて、直前の朝になって焦らないように注意してください。

この記事を読んでくれたあなたの、就活の成功を祈っています。

レコレコ トップに戻るの画像