大学生におすすめの本はこちら⇨

バレンタインに関する男の本音をご紹介!喜ぶお菓子も解説します

バレンタインに関する男の本音をご紹介!喜ぶお菓子も解説します

バレンタインに関する男性の本音集

バレンタインは主に女性から男性にお菓子を渡す習慣ですが、基本的にお菓子をもらう男子側の気持ちを考えていない女性が多過ぎます

そこで今回は、バレンタインについて男性がどう思っているのか、ご確認ください。

想像とは違う、リアルな男性の本音を聞いてみましょう。

高いチョコは迷惑する

バレンタインで義理チョコなのにも関わらず、GO◯IVAとかの高級チョコを渡してくる女性は何を考えているのかわかりません。ホワイトデーで高いチョコを返すのは嫌なので、高いチョコを渡してきた女性にも、一般的なチョコを渡してきた女性にも平等にブラックサンダーを返しています。ホワイトデーで返す側の気持ちもわかってほしいです。義理チョコなのに高い商品を渡されると困ってしまいます。ホワイトデーで返す方も辛いので、義理チョコならそこまで気張らなくても良いのではないでしょうか。

お返し目当てがバレバレ

お返し目当てなのがバレバレの女性が多いです。「〇〇さん!チョコ持ってきたので、ぜひ食べてください!じゃ、お返し待ってます!」とかいう人は意味がわかりません。そもそもそっちから半強制的に押し付けてきたものに対して、どうしてお返しをする必要があるのでしょうか?僕が10円チョコを渡したらどうなるのか、バレンタインになるといつも思います。

かなり強い意見ですが、お返しを目当てにすることは辞めた方が良さそうですね。

そもそも甘いの好きじゃない

バレンタイン、そもそも私は甘いものを全く食べません。今でこそ周りのみんなは私が甘いものが食べられないことを知っていますが、昔はまだ浸透していなかったのでバレンタインで貰ったものは全てその日のうちに捨てるか誰かにあげるかでした。もちろん罪悪感はあったのですが、我慢して食べるほどでもないと思っています。仕方ありません。

最近はスイーツ男子なんて言葉もよく耳にしますが、甘いものが苦手な人にとってバレンタインは地獄のイベントなのかもしれません。

親しくないのに手作りは引く

去年の話ですが、全然親しくない人から手作りチョコを貰った時は引いてしまいました。少し潔癖症で他人が握ったおにぎりを食べることが苦手なので、手作りチョコにも少し抵抗があります。そこまで親しくない人に手作りチョコを貰っても、あまり嬉しくありません。

確かに潔癖症の方からしたら、手作りチョコは引いてしまうでしょう。

ポイントは”親しくないのに”という部分で、親しい人からの手作りであればセーフなので安心してください。

義理チョコじゃなく本命をよこせ

今まで20数年生きていますが、バレンタインで女性が好きな人に告白するなんて伝説な気がしています。毎年チョコはもらうのですが、本命を貰ったことなんて1度もありません。僕自身がモテないということもあるでしょうが、早く本命をください。義理チョコにお返しをするのは疲れました。

確かにバレンタインをきっかけに付き合った人に出会ったことがない気がします。

義理チョコを渡すのが、義務のようになってしまう女性もかなり辛いでしょうね。

スポンサードサーチ

もらい飽きた男子が喜ぶお菓子とは

ここまで紹介してきた男性の本音を見て「じゃあもうバレンタインなんて作らない方が良いの?」と思うかもしれませんが、バレンタインをもらい飽きた男性が喜ぶお菓子もあります。

ランキングで紹介するので、ご覧ください。

喜ぶお菓子ランキング

お菓子ランキング
順位お菓子
1位生チョコ
2位ガトーショコラ
3位ブラウニー

男性が喜ぶお菓子ランキング1位は生チョコでした。

もちろん甘いものが苦手な男性には上げない方が良いのですが、これからバレンタインを考える方は参考にしてください。

手作りは本命だけにしよう

バレンタインで手作りお菓子をあげることを考えるかもしれませんが、手作りをするのは本命の好きな人だけにしましょう。

先ほども見た通り、好きな人以外からもらう手作りお菓子は引かれてしまう可能性が高くなります。

本命だけに絞ることで面倒も抑えられますし、女性からしても良いことが多いのではないでしょうか。

バレンタイン前は何を思うのか

楽しみと答えた男性は12%!

なんと、バレンタインを楽しみだと思っている男性は12%しかいませんでした。

お菓子をもらえるイベントですし、好きな人からプレゼントされるかもしれないバレンタインなのに、楽しみではない男性が多いようです。

年齢が上がるほど義理チョコも増えて、バレンタイン自体を面倒だと感じるようになってしまうのでしょう。

スポンサードサーチ

男から見たバレンタインまとめ

バレンタインに関する男性の本音はかなり厳しい意見が飛び交っていましたが、女性はかなり参考になったでしょう。

もらう側である男性の気持ちも、もっと考えてみて、楽しいイベントにしてください。

レコレコ トップに戻るの画像