正社員登用制度とは|実際にバイトから正社員になった人はいるのか

正社員登用制度とは|実際にバイトから正社員になった人はいるのか

アルバイトやパートとして仕事をしていると聞いたことがある正社員登用制度について、実際に正社員になった例を出して解説します。

大学生から正社員になる可能性もありますし、バイト・パートしかしていないフリーターでも社員になれる可能性がある制度です。

ぜひうまく活用して自分の理想的なキャリアを積むと良いと思います。

スポンサードサーチ

正社員登用制度とは

正社員登用制度とは、パート・アルバイト・契約社員・派遣社員など非正規雇用の形で勤務している人を正社員として登用する制度のことです。

非正規雇用条件下で勤務しながら、一定の成果を挙げた人間がこの制度によって正社員として登用されることがあります。

また、会社の経営戦略の変化(業態拡大等)により正社員登用が行われる場合もあり、いずれにしろ自分から行動する訳ではありません。

スポンサードサーチ

正社員登用制度があっても正社員になれる訳ではない

正社員登用制度があっても正社員になれる訳ではない

注意してほしいのが、「正社員登用制度がある=必ずそのうち正社員になれる」わけではないことです。

正社員登用制度は、あくまでも「当事者の実績や会社の状況によって正社員として登用する場合がある」程度のものであり、必ず正社員の道が開かれているものではありません。

会社が「正社員登用あり」と謳っていたとしても、最終的に正社員にするかしないかの決定権は会社にあります。

すなわち、非正規で働いている人がいくら正社員になりたくてもなれないというケースは理論上十分に発生しえます。

バイトをする時に登用した実績があるか聞くべき

正社員登用制度を利用して正社員への道を探る時は、アルバイトとして入社した時点で登用実績があるかどうかを確認することが重要です。

ここで頻繁に正社員登用の実績があるという返答があれば、その会社の正社員登用制度機能はきちんと機能していると想定できます。

逆に、ほとんど正社員登用の実績がないというような返答が返ってきたら、正社員登用は難しいか、あるいは不可能と考えた方が無難です。

バイトから正社員になるメリット

バイトから正社員になるメリット

バイトから正社員になるメリットは、非常に沢山のものが挙げられます。ここでは一例をご紹介します。

お金と地位が安定する

よほどの例外でない限り、給与が上昇することにより経済的に安定するでしょう。

毎月の給与だけでなく、ボーナスや各種手当が充てられることにより、より充実した経済基盤を作り上げることも期待できます。

バイトではどう頑張っても、仕事ぶりを見せつけて時給を数十円アップさせるくらいしか収入を上げる方法がありませんが、正社員になれば基本的には毎年昇給イベントが起こります。

よって、長く続ければ続けるほどお金の面では安定するのです。

また、正社員になったことにより社内での地位も安定したものになります。

数多く居るアルバイトよりも、正社員として大きな責任を負っているあなたは、多面的な意味で大切にされることでしょう。

保険的に安心する

いわゆる「社会保険完備」という恩恵があります。

保険完備とは、一般に雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金保険の4大保険のことを意味します。

アルバイトであれば恐らく入っていても雇用保険に加入できるかできないか程度のものですが、正社員に登用されれば保険は完備され安心です。

最近では、違法と知りながらアルバイトを雇用保険に加入させていないケースも多々あります。

正社員になるとこれだけの保険を受けることができるので、非常に安定した人生設計を築くことができます。

お金を借りたりローンを組むのが楽になる

正社員になるということは、社会的信頼を獲得するということを意味します

よって、自動車や住宅ローンを組んだり何かしらの理由で銀行からお金を借り入れる際に、その信用が大きな武器になり話を進めやすくなるのです。

アルバイト(非正規雇用)とはかけ離れた信頼性があります。

結婚やライフスタイルの向上などが目的となった際、正社員という地位は必ず役に立ってくれます。

スポンサードサーチ

バイトから正社員になるデメリット

バイトから正社員になるデメリット

バイトから正社員になるということは、メリットばかりではないためデメリットも付きまとってきます。

メリット・デメリットをそれぞれ比較して、自分がどの道に進むべきなのか冷静に判断しましょう。

気軽に仕事ができなくなる

まず第一に、アルバイト時代と同じように気軽な働き方は出来なくなる可能性が高いです。

アルバイトであれば、少々のミスを犯してもさほど責任を追及されることはなく、あったとしても多少の叱責を受ける程度でしょう。

しかし、正社員となると一つ一つの業務に責任を持って取り組まなければ、評価してもらえません

そもそも、正社員の地位に就いたことにより管理的な立場に立たされて、より責任重大な立場に立たされることがほとんどでしょう。

そういった立場に立たされた場合、やりがいはありながらも「気軽」という生半可な気持ちで仕事に取り組むことはできません。

もしアルバイト時代の気風を正社員に持ち込んでしまうと、厳しい評価が下されることでしょう。

労働時間が増える可能性がある

アルバイトであれば、どれくらいシフトに入るのかは多くの場合こちらに決定権があり、自分が望む以上の労働時間が課される可能性は低いでしょう。

しかし正社員ともなると、どうしてもその責任の重さから労働時間が増えがちで、残業の発生は当たり前であると考えた方が良いです。

その際、手当や残業代がきちんと発生するかどうか事前に確認することをおすすめします。

正社員登用されやすい人の特徴

正社員登用されやすい人の特徴

同じアルバイトという立場であっても、正社員に登用されやすい人と、残念ながらそうでない人がいます。

正社員登用を目指す場合、この違いを把握した上で正社員登用されやすい人材になり、会社に実力をアピールすると良いでしょう。

バイトながらも成果を出している

バイトだと、ついつい気軽に働きがちではありますが、そんな中でもきちんと責任感を持って成果を出している人間は正社員登用されやすいです。

中には、バイトありながら、既に正社員になっている人と同等かもしくはそれ以上の成果を挙げる、というケースもあるでしょう。

やる気もあり、そして成果を挙げる実力を持っているアルバイトは、当然正社員として登用されやすいです。

社員と仲が良い

既に社員として働いている人と仲が良いアルバイトも正社員登用されやすいと考えられます。

これは、その社員がアルバイトのあなたを正社員登用することを会社に推してくれる、というような理由だけではありません。

組織内に置いて「仲が良い」関係を築けるということは、円滑なコミュニケーションを取ることができたり、十分な信頼を得られるほどの実績を挙げられている、ということの裏返しです。

きちんとした仕事を出来ないアルバイトが、社員に仲良くしてはもらえませんよね? もちろん、社員と仲が良いと、正社員登用を後押ししてくれるという側面はあります。

しかし、「社員と仲が良い」という状況を作れるのは、れっきとした一つの社会人としての素養です。

これを持ち合わせている人は、正社員への登用が十分に期待できます。

長年バイトをしている

アルバイト経験が長ければ長いほど、仕事に対する理解度や習熟度が高いということが言えるため正社員登用される可能性が高いです。

中には新入りの社員よりもよほど業務に精通しているというようなケースも珍しくないため、バイト歴が長い人ほど採用されやすいのです。

そういった人材は、会社・そして周りからの信頼も厚いため正社員として登用される可能性が高いと言えるでしょう。

スポンサードサーチ

制度を使えばバイトからでも社員になれる!

正社員登用制度を利用すれば、バイトからでも正社員になることはできます。s実際、アルバイトで経験を積み上から認められて正社員に登用された人は沢山います。

ただし注意したいのが「必ず制度を使ってなれるわけではない」という点です。

いくら実力があっても、正社員登用制度をどれだけ使うかは会社側に決定権があり、経営方針などの変更次第では正社員登用が行われない場合があるので気をつけてください。

レコレコ トップに戻るの画像