アルバイト面接に行くときの学生の服装―季節別にご紹介

アルバイト面接に行くときの学生の服装―季節別にご紹介

アルバイトの面接を受けに行く際の服装は、少し迷ってしまう部分もあると思います。

面接に行ったときに服装で恥をかかないよう、アルバイトを行く前にチェックするようにしましょう。

学生さんにぴったりの面接時の服装を男女別・季節ごとにお教えします。

学生必見 !アルバイト面接のときの服装

アルバイトの面接時に、好印象を持ってもらうことが採用につながります。

好印象を持ってもらうためには服装に気をつけることが必要です。

何を着ればいいのかわからないという人のために季節ごとの面接時に着るファッションアイテムをご紹介します。

男子学生アルバイト面接 服装 春・秋

春・秋のアルバイト面接時には、少し肌寒いので上着を持ち歩くことをオススメします。

パーカーや薄手のコートをなどの上着を羽織ることで学生らしいカジュアルさを出しながらもキレイに着ることができるので面接時にぴったりです。

また、暑いからといって腕まくりをするよりも上着を脱いでしまう方よいでしょう。

男子学生アルバイト面接 服装 夏

夏のアルバイト面接ではシンプルにTシャツとジーンズを着ることをオススメします。

夏は暑いので半ズボンで過ごしたい人も多くいると思いますが、アルバイト面接では長ズボンで行くことでラフ過ぎないコーディネートができます。

暑い中歩いてきたので、汗をかいているという場合もあると思います。

面接場所に入る前に、ハンカチで汗を拭きとってから室内に入りましょう。

男子学生アルバイト面接 服装 冬

面接は室内で行いますので、コートで気温調節ができるようにしましょう。

室内が暑くて、面接時に汗が止まらないと言ったことにはならないような服装がオススメです。

女子学生アルバイト面接 服装 春・秋

春秋のアルバイト面接ではカーディガンを羽織ることをオススメします。

カーディガンは気温調節が出来ることや、女性らしい品のある印象を与えてくれるアイテムなので、何か羽織りたいと思った時にはカーディガンを着ましょう。

カーディガンは色やデザインが様々ですが、落ち着いた色やパステルカラーが好ましいです。

デザインはあまり派手な印象を与えないものを選びましょう。

女子学生アルバイト面接 服装 夏

夏は露出が多くなる季節ですが、アルバイトの面接の際に露出が多い服装だとびっくりされてしまうので半袖トップス・短すぎないボトムがいいでしょう。

ボトムは短くても膝上10cmが好ましいです。

女子学生アルバイト面接 服装 冬

コートで室内でも気温調節ができるようにするのは男子学生と同じですが、女子学生の面接時にオススメする服装は首の見える服を着ることです。

首が見えることでスッキリした印象を与え、着ぶくれも解消されます。

アルバイト面接のときにハイネックを着てきてしまった場合は髪の毛を結ぶことをオススメします。

スポンサードサーチ

スーツと私服どっちがいい?

飲食やコンビニ、スーパーのアルバイト面接であれば、私服で構いません。

大学生アルバイトの面接は基本的に私服でOKですが、指定がある際はスーツを着て行きましょう。

迷った場合は直接、アルバイト先に聞くことをオススメします。

アクセサリーはつけていってもいいの?

イヤリング・ピアスは外していこう

特に飲食店は勤務中アクセサリーをつけてはいけないところが多いです。

そのため、面接の際にもアクセサリーは外した方がよいでしょう。

アクセサリーは身につけていると可愛らしいですが、ビジネスの場であり、面接は第一印象が肝心ですので念のためアクセサリーは外して行きましょう。

腕時計はつけていてOK

社会人も腕時計をしていることから、身につけていても大丈夫です。

腕時計を着けていることで、時間を気にかけながら行動しているという印象も与える事ができるので着けていて構いません。

ですが、ギラギラと光ったり、派手な色のものは面接時に目立ってしまい、面接の妨げにつながることもあるので、外していきましょう。

スポンサードサーチ

アルバイト面接の服装 まとめ

面接を受けるとき服装キメ過ぎを過ぎず、ラフ過ぎない格好で行きましょう。

服装はあなたを採用するための判断材料になることもあるので、アルバイトの面接に合った服装をしましょう。

肩の力を抜いて、あまり強張らずに面接に臨みましょう。

レコレコ トップに戻るの画像