映画館のバイトって実際どう?メリットときつい所をまとめて解説

映画館のバイトって実際どう?メリットときつい所をまとめて解説

映画が好きだし、あんまりキツそうでもないし、映画館で働いてみるのも良さそう。」と思っている人は多いと思います。

そこで今回は映画館でバイトをするのは実際どうなのか、解説していきます。

ザックリ言うと、

  • 時給はちょっと安めくらい
  • 映画を無料で観れるから最高
  • 辛い仕事はない/かなり楽

スポンサードサーチ

映画館バイトの実情

映画館バイトの実情

まずは映画バイトの仕事内容や時給などのリアルについて見ていきましょう。

仕事内容

まず仕事内容ですが、映画館バイトの仕事内容は主に4つあります。

  1. 販売
    チケットの販売やポップコーンやドリンクなどを販売する人で、専門知識などは何一つ必要ない業務です。ほとんどがバイトで構成されていて、映画上映前や土日になるとかなり忙しくしています。チケットの販売に関しては、近年無人でチケットを販売できる機械が導入されているため、人が必要なくなって来ているのも事実です。

  2. チケット切り
    映画館に入場する前にチケットを半分にしてお客さんに渡し、「何番スクリーンです。」と伝える仕事です。難しい仕事ではないのですが、映画上映前になると忙しくなります。基本的には立って伝えるだけの簡単な仕事です。

  3. 映写
    映画の上映に直接携わる仕事で、映画を見れる仕事でもあります。音声や映像の調整を行ったり、映画館の中のエアコンの調整なども行う仕事で、多少の専門知識を必要とします。講習が行われることもあるのですが、基本的にはそこそこ長いアルバイトが任される仕事です。

  4. 館内の清掃
    お客さんが映画を見終わったスクリーンの清掃をするお仕事です。子供向け映画などはポップコーンが大量に床に落ちていることもあって大変ですが、大人向けであればほとんど掃除しないこともあるので楽な業務です。仕事自体はまったく辛くありません。

時給

映画館の時給は都道府県にもよりますが、基本的には時給900円〜1200円くらいが相場で、高くもなく安くもない一般的なアルバイトです。

働いていればドンドン昇級する制度があるわけでもなく、学生ならずっと同じ時給で働くことも珍しくありません。

一方で、知り合いを映画館に紹介すればお互い1万円もらえる制度がある映画館も多く、友達を誘って働くアルバイトもたくさんいます。

友達がたくさんいるなら、紹介しまくってお金をもらうチャンスかもしれません。

スポンサードサーチ

【体験談】映画館バイトは実際どうなのか

【体験談】映画館バイトは実際どうなのか

それでは、実際に映画館のバイトを体験した私の体験談を書こうと思います。

映画館はまず一言で言うとめっちゃ楽です。今までたくさんのバイトを経験しましたが、映画館は本当にめちゃくちゃ楽でした。

時給こそあまり高くないのですが、辛いと思った仕事はありませんし、友達と一緒に働くこともできるし、悪い人も少ないので最高です。

意外と男女の出会いも多いバイト先なので、彼女・彼氏探しにも向いてると思います。

元々は映画が好きで「映画館でバイトしたら、映画情報が入ってくるし、面白い映画を知ることができるかも!」と思って始めたのですが、やってみると本当に映画情報がわかるし映画も観れるしで最高でした。

映画が好きなら1度は働いてみることをおすすめします。

映画館バイトのメリット

映画館バイトのメリット

それでは、映画館で働くメリットについてご紹介します。

映画を無料で観れる

まず1番大きなメリットですが、映画を無料で観ることができます。

映写担当になれば今やっている映画を無料で、何ならバイト代をもらって観ることができるので、映画好きには最高の仕事です。

私も実際に映画が大好きで始めたバイトですが、本当にやってよかったと思っています。

一方で、まったく面白くない映画の場合は眠たくなってくるので気をつけなければなりません。つまらない映画には注意した方が良いです。

映画が人気かどうかお客さんの反応でわかる

映写をやらなくても、映画が面白いかどうかはお客さんの反応でわかります。

面白い映画だったら、スクリーンから出て来た瞬間に顔がキラキラして「え、あのシーンよかったね!」とか話し合っていることが多いです。

一方でつまらない映画だと無言で出て来たり、むしろ微妙だったところを話し合ったりしているので、お客さんの反応次第で映画が面白いかどうかがわかります。

どうせ観るなら面白い映画が良いので、お客さんの反応を見て判断できるのは良いです。

結構暇な時間が多い

メリットでもありデメリットでもあるのですが、映画バイトは結構暇な時間が多いです。

映画館にもよるのですが、時期によっては映画がまったく放映されていない時期があるため、お客さんも来なければ映画もほとんどないという暇な時期があります。

暇だと仕事がなくて楽なのに比べて、やることがなさすぎて時間が経つのが長く感じるという無駄な時間を過ごしている感覚を得ることになるのです。

暇な時間をどう過ごすかが重要だったりします。

男女の出会いが意外と多い

映画バイトにはいろんな理由でバイトを始める人がいます。

時給がそこそこで楽そうだった・映画が好きだった・家から近かったなど、たくさんあるのですが男女問わず楽そうだから入ってくる人が多いです。

男性だけでなく女性も結構頻繁にバイトに応募してくるので、男女の出会いはバイトにしては多い方だと思います。

恋人探しにもおすすめのバイト先です。

スポンサードサーチ

映画館バイトのきついところ

映画館バイトのきついところ

続いて、実際に映画館バイトをしてみてきつかったところをまとめてみました。

土日に働くと混む

まずは、土日に働くとめちゃめちゃ混むことです。

映画館のお客さんはほとんどが土日祝日に集まるため、平日と比べて混み具合が段違いになります。

この映画館ってこんなにお客さん来るんだ?」って思うくらい混むので、映画館でバイトするなら気をつけたいポイントの1つです。

逆に言えば、忙しくなるから時間が早く通り過ぎます。

混んだほうが嬉しい人は土日にシフトを入れてみると良いでしょう。

子供向け映画の後の清掃が面倒

映画館バイトの仕事内容の1つにスクリーンの清掃があるのですが、子供向け映画の後のスクリーンは本当にやりたい放題です。

何をしたらこんなに汚れるんだ?」と思うほどポップコーンが散らばっていますし、ドリンクがこぼれているのは日常茶飯事なので嫌になります。

とは言え、次に入ってくるお客さんのために手を抜くわけにはいきません。

子供向け映画は要注意です。

時給が結構低い

映画館のバイトは楽なんですけど、時給がネックなんですよね。

飲食店とかだと、時給1100円とか1200円とかが当たり前みたいなところがあるんですが、映画館だと1000円でやっと高いほうだったりします

業務内容が難しくないですし、楽だから仕方ないのですが、たくさんお金を稼ぎたいなら映画館バイト以外が良いと思います。

時給が安いのは映画館バイトの微妙なところです。

こんな人は映画館バイトにおすすめ

こんな人は映画館バイトにおすすめ

それでは、実際に「こんな人は映画バイトにおすすめ!」という人をご紹介します。

映画館でバイトをするかどうか悩んでいる方は参考にしてください。

映画を観るのが趣味

映画やドラマ、そしてアニメなどたくさんの動画コンテンツがありますが、映画をみるのが趣味の人は絶対1度映画館で働いてみたほうが良いです。

やっぱりお金を貰いながら映画を観れるのは最高ですし、好きな映画に携われるのもなんか素敵です。

趣味を仕事にするのはとても楽しいことなので、映画が好きな人はおすすめだと思います。

男女の出会いが欲しい

恋人が欲しい!」と思っている人にも映画館はおすすめです。

彼氏や彼女を見つけやすいのもそうですが、一緒に共同作業することが多いので恋愛に発展しやすい環境にあるので、恋人ができやすいと思います。

実際に私が働いていた映画館でも3組のカップルがいたので、男女の出会いを求めるなら良いバイト先になるでしょう。

辛い力仕事とか苦手

正直バイトをやる上で辛い力仕事とかはやりたくないですよね。

私も引越しなどで働いた経験があるのですが、やはり力仕事は辛いのであまりおすすめできません。楽しくなかったですし。

映画館なら基本的に力仕事はほとんどないので、楽です。仕事内容が簡単って素晴らしいと思います。

スポンサードサーチ

映画が好きなら働いてみるべき!

映画館バイトはハードルが低いですし、仕事内容も簡単なものばかりなので、映画が好きという人なら1度は働いてみることをおすすめします。

土日祝日はお客さんがたくさんくるので混むのですが、平日なら本当に暇な時間も多いので楽にバイトできます。

学校で疲れてバイトに来ても、楽な仕事が待ってるだけなのでおすすめです。

レコレコ トップに戻るの画像