大学生におすすめの本はこちら⇨

アルバイトも年末調整が必要!あなたにお金が帰ってくるかも?

アルバイトも年末調整が必要!あなたにお金が帰ってくるかも?

そもそも年末調整とは

労働者は源泉徴収と言って、給料をもらう前に所得税を引かれています。

稼いでいるお金から所得税を惹かれる際に、引かれるべき税額と実際に引かれている税金に差があることがあります。

不正に引かれているお金があるかを確認するのが、年末調整です。

アルバイトやパートも、法律上は労働者には変わりないので、年末調整が必要になってきます。

もう少し詳しく見ていきましょう。

年末調整をわかりやすく解説

年末調整は毎年12月〜1月に行われるもので、前の年の1年間の支払額と支払うべき額を確認する作業です。

払いすぎている場合が多いのですが、逆に足りてない場合は追加納税をする必要があります。

一方で年末調整をする必要のない人もいて、それは”年間の給与所得額が2000万円以上の人”と”災害減免法で、所得税の徴収について猶予等を受けた人”の2パターンです。

かなり特殊な事例なので、多くの大学生には当てはまりません。

年末調整をしないとどうなるのか

法律で裁かれる等の処罰はないのですが、年末調整をしないと損をしてしまう人がたくさんいます。

基本的に税金をたくさん払っている場合がほとんどなので、アルバイトも年末調整でかなりの額が戻ってきます。

10万円ほどを何もせず手に入れることもできるので、年末調整はするべきと言えるでしょう。

そこまで難しい手続きではないので、バイトをしている大学生は年末調整をしてみてください。

スポンサードサーチ

年末調整には扶養控除申告書が必要

アルバイト先から”扶養控除等申告書”という書類を渡されて、すでに納税している金額から控除されるべき金額を確認します。

控除される額は人によって違いますし、控除される項目も違うので、しっかり自分で確認するようにしましょう。

他にも、”給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書”も渡されます。

基本的には”扶養控除等申告書”と”給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書”の2種類の書類で年末調整を行います。

バイトの年末調整でいくらもらえる?

103万円以下でも年末調整するとお得

それでは、アルバイトをしている大学生の1つの例を見てみましょう。

A君(年間のアルバイト収入が103万円以下)
A君の特徴
・親の扶養に入っている ・年間のバイト収入が80万円 ・源泉徴収によって納税した額が6万円

この場合、A君には6万円が丸々戻ってきます

親の扶養に入っていて、103万円以下の収入しかない場合は、源泉徴収によって納税した所得税が全額還付されるのです。

103万円以下の収入しかなくて、親の扶養に入っているなら所得税を払う義務はありません。

103万円を超えてしまった場合は?

まずは、103万円を超える収入をアルバイトで得てしまった大学生の例を見ていきましょう。

B君(年間のアルバイト収入が103万円以上)
B君の特徴
・親の扶養に入っている ・年間のバイト収入が120万円 ・源泉徴収によって納税した額が10万円

この場合は、「勤労学生控除申請」を行うことで、源泉徴収による10万円が還付金として戻ってきます。

学生であれば130万円までは所得税がかからないので安心してください。

一方で注意しなければならないのが、親の税率が上がってしまうことです。

103万円を超えた収入だと親の扶養から外れてしまうため、家に稼げる人が1人増えることになります。

お金を稼ぐ人がいるということは、納税できる人が増えたことになるので、親の税率が上がってしまうのです。

130万円までなら自分の所得税は上がらないのですが、親の税金が上がることは注意してください。

もし103万円を超えてしまうなら、早めに親に伝えると良いでしょう。

スポンサードサーチ

バイトを掛け持ちする人の年末調整

アルバイトを掛け持ちしてしまうと、年末調整の方法も少し変わってきてしまいます。

それでは、掛け持ちする場合の年末調整について見ていきましょう。

学生が掛け持ちした時の年末調整

まず注意しておかなければならないのは、掛け持ちしているどちらかの勤務先でしか年末調整ができないということです。

基本的にはより収入が多い方の勤務先で、年末調整をすることになると覚えておいてください。

年末調整でバイトの掛け持ちがバレる?

基本的に、年末調整によって掛け持ちをしていることがバレてしまうことはありません

年末調整は1社のみでしか受けられないので、別の勤務先で年末調整を受けなければ良いだけです。

一方で、勤務先がしっかりしている場合は1つの企業で年末調整を受けて、もう1つの勤務先は年末調整を受けずに自分で確定申告をしましょう。

そうすれば源泉徴収で払いすぎたお金が戻ってくる上に、勤務先にバレることもないのです。

アルバイトの年末調整まとめ

大学生の多くがアルバイトをしていますが、年末調整に詳しい大学生はとても少ないです。

-大学生にも還付金として臨時収入が得られるチャンスなので、ぜひ年末調整を受けて美味しいご飯でも食べにいってください。

レコレコ トップに戻るの画像