大学生におすすめの本はこちら⇨

アルバイトの税金についてー税金がかかるのは103万円から

アルバイトの税金についてー税金がかかるのは103万円から

アルバイトを始めるうえで、知っておかなければならないのが税金の話です。

特に初めてバイトをする学生さんは、アルバイトと税金の関係についてあまり知らないと思います。

この記事では、「税金がどのくらいからかかるのか」「税金が計算される期間はどのくらいか。」などについて解説するので、参考にしてください。

アルバイトでも税金を払う必要がある

「所得税」や「住民税」という言葉を聞いたことがあると思います。その名の通り労働によりかかる税金のことで、これはアルバイトにも納税の義務があります。

アルバイトの場合、所得税は基本的に源泉徴収としてお給料を渡される前に引かれているのですが、1年間の所得が103万円を超える場合は自分で確定申告をしなければなりません

学生やフリーターは親の扶養控除に入っていることが多いと思いますが、給料が103万円を超えてしまうと親が支払う税金が高くなってしまいます。

いきなり税金が高くなってしまうと親も驚くでしょうから、なるべく早めに親に「今年は103万円を超えてしまいそう。」と相談するのがおすすめです。

さらに、1年間の給与が130万円を超えると健康保険料も支払わなければならなくなり、税金はもっと高くなります。

また、学生は勤労学生扶養控除をすることで130万円までにすることもできますが、扶養者の税金が上がるのは変わらないのでよく話し合ってから決めましょう。

アルバイトで103万円超えてもバレない?

バレます。 アルバイトの記録・通帳への記帳・マイナンバーによる管理などによって、しっかり働いた分の金額がわかってしまいます

しかし、世の中には103万円を超えても税務署にバレないアルバイトも存在しています。

例えば給料が手渡しされるバイトなどは、基本的にどこにもお金の移動が記載されないのでバレません。

もちろん、正規のアルバイトとして雇っているところでは給与が103万円を超えてしまうと簡単にバレてしまうので気をつけてください。

また、治験バイトは謝礼金としてお金を渡されるためバイト料には含まれません。

スポンサードサーチ

アルバイトでかかる税金の計算

103万円以内で税金がかからないように過ごすためには、毎月の給料を85,000円に収めましょう

もし85,000円を超えてしまうようなら、次の月を少し控えめにするなどしてなるべく103万円以内に収まるように努力してください。

逆に85,000円を大きく超えるようであれば、納税額も超えるほど稼いでしまって、親にお金を渡した方が良いとも言えます。

自分が稼いでいるお金を計算して、どちらが自分にとってお得なのか計算すると良いでしょう。

アルバイトの月の所得税

アルバイトでは103万円を超えてしまうと税金が発生すると話しましたが、所得税は月に88,000円以上稼いでしまうとその月に納税することになります

ですが、1年間103万円で抑えた場合、年末調整として取られた所得税が返金されるので、1ヶ月で88,000円以上稼いでしまっても焦る必要ありません。

年末調整をしないと所得税は返金されないのでご注意ください。

バイトを掛け持ちしてる場合の所得税

複数のアルバイトを掛け持ちしている場合、所得税は両方から差し引かれてしまいます。

しかし、合計で103万円を超えない場合は所得税はかからないので、なるべく103万円で抑えるようにシフトを組みましょう。

掛け持ちしているバイトの1つが手渡しで給料を渡されている場合は、加算されないので計算に含める必要はありません。

アルバイトの税金計算期間は?

バイトの税金が計算されるのは何月から?

1月から12月の間に入ったお給料が計算されます。働いた分ではなく、支払われた分です。

そのため、12月にたくさんシフトを入れても翌月末にお給料が支払われる場合、税金の計算は翌年になることに注意してください。

「1月〜12月の間に支払われたお給料」ということです。

12月の給料は計算に入るのか

12月に振り込まれたのであれば、計算に入ります。

12月に働いた分が1月に振り込まれるのであれば、その年のお給料として計算されません。

税金の計算は、あくまで1〜12月の間のみです。

スポンサードサーチ

アルバイトの税金がかかるのはいくらから?

親の扶養控除に入っている人であれば、103万円を超えると税金がかかります。

勤労学生控除を申請した人は、130万を超えると税金が発生しますが、所得税は関係なく支払うことになるのでご注意ください。

また、106万円を超えてしまうと健康保険・年金を納める義務が発生します。

健康保険や年金に関しては、学生の場合届け出を出すことで支払いを延期することが可能なので、絶対延期しておきましょう。

フリーターの税金

フリーターが税金なしで稼げるのはいくらまで?

103万円以下の場合は、フリーター・学生に関係なく所得税を納める必要はありません。

また、地区によって異なりますが100万円以下の所得の場合は、住民税を納めなくても良いとなっています。

年収130万円以下の場合は国民年金・国民健康保険は免除されます。

スポンサードサーチ

アルバイトの交通費は税金対象?

交通費は課税される?

交通費は課税されません。

合理的に認められている交通費は月15万円までなので、基本的に月15万円までの交通費は課税されないと覚えておきましょう。

交通費に関しては、何も気にしなくても平気です。

アルバイトの税金についてまとめ

アルバイトを始める際は、税金について知っておくことをおすすめします。

また、たくさん稼ぎすぎてしまった場合は、親と相談しあって働く上限金額を決めましょう。

レコレコ トップに戻るの画像