【彼女の作り方】高校生がリア充になる方法を1から最後まで教えます

【彼女の作り方】高校生がリア充になる方法を1から最後まで教えます

高校生のあなた、思いっきりアオハルしてますか?

高校生活は3年間しかないので、やっぱり思いっきり青春を楽しみたいと思うのが当然で、彼女がいると楽しい学校生活を過ごすことができます。

この記事では乃木坂のオーディションを受けるほど可愛い彼女がいる僕が、男子高校生がリアじゅうになる方法を解説するので参考にしてください。

高校生の彼女の作り方の図解

高校生の彼女を作り方をザックリ言うと、

  • まずは女子と仲良くなってLINEする
  • 学校以外の場所で合うようにする
  • 告白した後のことも考える

スポンサードサーチ

女子と仲良くなることが大事

女子と仲良くなることが大事

学校で彼女を作るとしたら、女子と仲良くならないといけません。

もちろん彼女を作る方法はたくさんあるのですが、そもそも仲の良い女子がいないとなかなか恋愛関係には発展しにくいのです。

まずは女子と仲良くなる方法について解説します。

授業やイベントで女子と仲良くなる

学校には授業を含めてたくさんのイベントがあります。

体育祭・文化祭などのイベントは女子と仲良くなるチャンスなので、一緒に作業したり話したりして普段の授業で話せる女子を作りましょう。

授業や休み時間で話せるくらいの女子を作って、恋愛候補をたくさん作るのがおすすめです。この時点で恋愛感情を芽生えさせない方が良いです。面倒なことになりがちなので。

テスト勉強に誘ってみる

学校生活のイベントの1つにテスト勉強がありますが、仲良くなった女子に「テスト勉強一緒にしない?」とか「因数分解がわからないんだけど教えて?」的なLINEをすると良いと思います。

勉強に誘うこと自体は難易度が高くないのですが、2人きりで勉強するのは難しいです。

ですから、最初は複数人での勉強会を開くなどがおすすめです。

テスト勉強はあなたの賢さをアピールするチャンスでもあるので、一緒に勉強しながらテストでもちゃんと結果を出せると最高だと思います。

TwitterやインスタなどのSNSで絡む

最近の高校生は、TwitterやInstagramなどのSNSをやっていると思います。

そこでSNSでちゃんと絡むようにして、学校以外の場所でも自分の存在感を見せつけるようにすると良いでしょう。

投稿には「いいね」を押したり、積極的にコメントをするようにしたり、時にはDMを飛ばしたりして絡むのがおすすめです。

彼女を作る時には何より自分のことを知ってもらうことが大事になるので、ちゃんと日々アピールしてください。

男子校・工業高校の男子は他校を狙う

高校生の中には、「ウチは男子校だから女子がいないし、彼女を作るチャンスすらない…」と思っている人もいると思います。

女子との出会いがない場合は、他校の女子生徒を狙う必要があります。

アルバイトや部活動を通して出会った他校の女子なら、男子校や工業高校の学生だって彼女を作ることが可能です。諦めるのはよくないですね。

スポンサードサーチ

仲良くなったら毎日LINEが大事

仲良くなったら毎日LINEが大事

タイトルの通り、仲の良い女子ができたら毎日LINEすることが大事です。

1日に1通でも良いので、毎日のようにLINEをすると仲をさらに深めることができます。周りの友達もきっと毎日LINEしてるカップルがいるはずです。

毎日LINEはそれくらい大事ってことですね。

LINEのスタートは写真がおすすめ

毎日LINEをするって言っても、どうやって始めれば良いの?」と思った人もいると思います。

確かにLINEを始めるのは少し難しいのですが、コツは「今日撮った写真!」って言って体育祭や文化祭や学校での写真を送ることです。

スムーズにLINEを始められて何も不自然なことがないので、無理やり感がないので本当におすすめです。

学校であまり話をしたことがない関係だとしても、写真を送ることならサクッと始めることができるのでぜひ試してみてください。

会話が続かなくなってきたら…

女子とLINEしたことがない人は「会話が続かなくなったらどうしよう…」って思うかもしれません。

無理に会話を続けようとすると不自然になるかもしれないので、そんな時は学校生活でどんどん絡むことでLINEも続くようになります。

学校で話をすればLINEはその続きをすれば良いだけなので、難易度が一気に低くなって簡単になるでしょう。

会話を続けるのは面倒かもしれませんが、彼女を作るためならLINEも好きになってください。

学校以外の場所でも会ってみる

学校以外の場所でも会ってみる

彼女を作るということはただ仲の良い女子と学校で話すだけではなく、プライベートでも遊んだりカラオケに行ったりすることです。

つまり、仲の良い女子を彼女にするには学校以外の場所でも会う必要があります。

クラスの打ち上げ

学校以外の場所で1番会いやすいのはクラスの打ち上げです。

体育祭・文化祭をはじめとするクラスのイベントで打ち上げが開かれると思うので、ちゃんと参加して学校以外で会うようにしてください。

打ち上げに参加するときのポイントは「ファッションセンスをアピールすること」です。

制服ではなく私服を着て女子に会うことになるので、「え。意外とおしゃれなんだね…」を狙うことができる最高のアピールポイントだと思います。

複数人のグループで遊ぶ

クラスの打ち上げ以外でも、複数人のグループを作って一緒に遊ぶ計画を立てると良いと思います。

もちろんいきなり遠出して遊ぶのは難しいと思うので、最初は一緒にご飯を食べたりカラオケに行ったりするのが僕のおすすめです。

ぶっちゃけこの段階でだいぶ青春を味わうことができるのですが、最初の目的であった彼女を作ることを見失わないようにしてください。

あくまで目的は彼女を作ることです。

スポンサードサーチ

2人で会うようになったらほぼ勝ち

2人で会うようになったらほぼ勝ち

だんだん仲良くなって、学校以外でも会うようになったら2人きりでご飯を食べに行ったりテスト勉強をしたりすることをおすすめします。

2人はなかなか誘えない…」って人に覚えておいて欲しいのは、彼女ができるのは女子に告白した人だけってことです。

2人きりで会えるのは良いサイン

そもそも2人きりで会えること自体良いサインで、そこそこの安心感があるからこそ2人きりであっても良いと思われています。

なんなら、もう付き合っても良いと思われているかもしれませんが、まだ焦ってはいけません。

高校生の恋愛は焦りすぎるのはよくないので、むしろゆっくり一歩ずつ関係を深めて行くことで青春できると思ってください

2人きりで会うようになったとしても、まだ焦らずに仲良くしておくと良いでしょう。

LINEを続けながら学校でも絡む

2人で会えるようになっても、毎日LINEをするようにして学校でもどんどん話しかけるようにしてください。

LINEは2人の命綱的な役割を持っていて、LINEが終わってしまうとその女子を彼女にできることはないと思って間違いありません。

彼女を作るのは相手のことを好きになるのはもちろんですが、LINEを続けたりするコツコツ力も必要です。

告白は確信を持ってからにしよう

告白は確信を持ってからにしよう

だんだん女子と仲良くなってきて、2人きりで会えるくらいになってきたらだんだん告白する段階になります。

高校生が彼女を作るときに覚えて欲しいのが「告白は確信を持ってからやるべきだ」ってことです。

確信を持って告白しないと、失敗したときに同じ学校・クラス・部活で過ごすことになるのでかなりきつい状況になってしまいます。

告白は確信を持ってからにすることにしてください。

これからの学校生活も考える

告白するときは周りが見えなくなってしまう人が多いのですが、告白するときはこれからの学校生活を考えた上で思い切った方が良いです。

彼女を作ると楽しくなるのは確かですが、フラれて辛くなるくらいなら告白しない方が良いと思います。

1度フラれただけで他の女子からも敬遠されてしまうかもしれないので、なるべく学校生活を考えた上で告白するようにしてください。

スポンサードサーチ

男子高校生が恋愛する時のポイント

男子高校生が恋愛する時のポイント

さてここまでのステップを踏めばほぼ確実に男子高校生が彼女を作れるのですが、高校生は恋愛するときに気をつけて欲しいポイントがあります。

ここからは高校生でリア充になってみてわかった、恋愛するときのポイントについてご覧ください。

好きなことは周りにバレないように

すでに好きな女子がいる場合、周りになるべく自分が好きだってことがバレないように過ごすべきだと思います。

好きな人がいることが周りにバレてしまうと面倒なことが起こりがちですし、その後の学校生活に響く可能性があるからです。

周りにバレているってことは好きな人にもバレてるってこちになります。

確信を持った状態ならまだしも、確信してない状態でバレるのはリスクでしかありません。

LINEしてることを自慢しない

忘れがちですが、あくまでゴールは彼女を作ることなので、周りの友人にLINEしていることを自慢しない方が良いと思います。

基本的に自慢して良いことは1つもないので、いつも通りでいるのがおすすめです。

できればLINEをしていることも周りに隠すと良いでしょう。女子が言ってそうなら自分も言って良いと思います。

SNSでの絡みもほどほどに

先ほど仲良くするための方法としてSNSで絡むことを紹介しましたが、SNSでの絡みもほどほどにしないと「あいつ絡みすぎじゃね?」と噂されることになります。

ですから、SNSではそこそこ絡むくらいにするべきです。

なんでもほどほどが1番ですね。

スポンサードサーチ

高校生の恋愛はチャンスしかない

ハッキリ言って、高校生は大学生よりも彼女を作りやすい環境にあると思います。

大学生になると自分から動く必要がありますが、高校生なら初めからクラスの女子と出会うことができるため出会いには困らないからです。

そんな彼女を作りやすい高校生だからこそ、リア充になって青春を楽しみまくりましょう。

レコレコ トップに戻るの画像