大学生におすすめの本はこちら⇨

【倦怠期を乗り越える方法】3年付き合ってるカップルが教えるやって良いこと・悪いこと

【倦怠期を乗り越える方法】3年付き合ってるカップルが教えるやって良いこと・悪いこと

付き合い始めてある程度時間が経つようになると、倦怠期という状態になるカップルがいます。

今までのラブラブな状態とは違って、冷めたような感じになるので「どうすればラブラブに戻れるのか」わからなくなるでしょう。

この記事では、彼女と付き合って3年経つ私が「倦怠期を乗り越える方法」をご紹介します

ザックリ言うと、

  • 倦怠期はマジで辛い
  • 嫌いなのか好きなのか見極めた方が良い
  • 「別れよう」だけは言わないようにする

スポンサードサーチ

【診断】倦怠期とはどのような状態か

【診断】倦怠期とはどのような状態かの画像

まずはあなたが倦怠期なのかどうか、診断シートを作ったのでチェックしてみてください。

【倦怠期チェックシート】
最初の頃のドキドキがない
相手の知らないところがない
一緒にいてもスマホばかり
カッコつけたり可愛くする努力を辞めた
LINEが一気に減った・しなくなった
スキンシップが減った

これらに3つ以上当てはまったら、あなた達カップルは倦怠期の恐れがあります

それでは、1つ1つ見ていきましょう。

最初の頃のドキドキがない

まず最初の頃のドキドキですが、主に男性が感じやすいことです。

付き合う前は「あの子と、あんなことやこんなことを・・。」とたくさんの妄想をするため、心がドキドキしている場合が増えます。

心がドキドキすることは普段ない非日常のため、「これが恋しているって感覚か。」と思ったり「自分は本当にあの人が好きなんだ。」と実感します

しかし、実際に付き合ってドキドキを感じなくなってしまうと「気持ちが冷めてしまった。」と勘違いしてしまうことが多いのです。

長い間一緒にいると確かにドキドキは少なくなり倦怠期になることも多いのですが、ドキドキ=好きではないことに気をつけましょう。

相手の知らない所がない

倦怠期は主に長い間付き合っているカップルに起こりがちです。

具体的に言うと、最低でも3ヶ月以上・長いと1年以上付き合っているカップルは倦怠期になる場合があります。

付き合ったばかりの頃は相手のことを何も知らない状態なので「あの人のことをもっと知りたい!」という感覚が多いのですが、ずっと一緒にいると相手のことが何となくわかってきて知らないことがない状態になります。

相手のことをほとんど知っているため、会話もマンネリになりがちです。

そうして興味を持たなくなり、デートもつまらなくなり、最終的には別れてしまうカップルが多いのです。

一緒にいてもスマホばかり

倦怠期のカップルあるあるですが、一緒にいてもスマホばかり眺めているパターンです。

彼女が嫌になりがちなのが「せっかくデートしているのに、彼氏はスマホでゲームばかり。もう嫌だ。何のために一緒にいるの?」という気持ちです。

せっかく一緒にいるのにスマホばかり見ていては、だんだん冷めていくのも仕方のないことですよね。

ですが、長い間付き合ってデートもマンネリ化してしまうと、どうしてもやることがなくなってスマホを見ることが増えてしまいます

カッコつけたり可愛くする努力を辞めた

長い間一緒に付き合っていると、付き合った最初の頃にしていたようなカッコつけたり可愛くする努力を怠るようになります。

素の自分をさらけ出せるという意味では良いことなのですが、完璧な自分を見せなくなるのは倦怠期カップルあるあるの1つです。

もしあなたが努力しなくなったら、注意した方が良いかもしれません。

LINEが一気に減った・しなくなった

倦怠期カップルはLINEの数が減りがちです。LINEの間隔が広がって、少ないカップルだと2日に1回しかLINEをしない人もいます。

本当に倦怠期真っ只中のカップルはLINEをしなくなる人もいます。

もしあなたが今「最近LINEが少なくなってきたな〜。」と思うようになったら、付き合った当初と比べてどれくらい減ったのか調べてみると良いかもしれません。

もちろん、就職などの環境の変化によってLINEが少なくなることもあるため、気にしすぎるのはよくありません

スキンシップが減った

付き合った当初に比べて、手を繋いだりするスキンシップが減ったら倦怠期のサインです。

スキンシップはプライベートな部分も多いので、もちろん付き合った当初から全くスキンシップがないカップルもいます。

「1番大事なのは自分たちの関係がどう変化したのか」です。

スポンサードサーチ

倦怠期を乗り越える6つの方法

倦怠期を乗り越える6つの方法の画像

倦怠期を乗り越えるには6つの方法があります。

  1. お泊まりデートを計画する
  2. ダブルデートを計画する
  3. 一緒に行ったデートスポットを訪れる
  4. 逆に2人の時間を減らす(注意が必要)
  5. 2人だけのルールや趣味を作る
  6. 悪い所ではなく良い所を探す

一貫して言えるのは「非日常の体験をたまにしてみると良い。」ということです。

お泊りデートを計画する

倦怠期のカップルの中には同棲をしている方も多いと思いますが、自宅ではなく旅館やホテルなど非日常を味わえるような場所でお泊まりするのがおすすめです。

そうすることで、倦怠期の2人は特別な雰囲気に包まれ、日常とは違う刺激が味わえます。

ダブルデートを計画する

普段の2人だけでは計画しないと思われるデートや、デート中の態度などがダブルデートをすることによっていつもとは違ったデートになるでしょう。

それによって、倦怠期では現れにくい彼氏彼女の態度を見て恋心を思い出すことでしょう。

また、相手カップルの様子を見ることも刺激的になり、自分たちを見直すきっかけにもなります

一緒に行ったデートスポットを訪れる

これは特に、自分たちが一番楽しかった場所や思い出の深い場所を選びましょう。

そういった場所は、時間がどれだけ経っても当時の会話や気持ちが思い返されると思います。

倦怠期では2人の気持ちが伝わらなかったり、伝えられなかったり、お互いのすれ違いの多い時期です。

そのため、同じ気持ちを思い出せるような場所に行くことで2人の気持ちを伝え合う機会にすることが良いでしょう。

逆に2人の時間を減らす(注意が必要)

これは同棲しているカップルや、付き合った当初に2人で会う頻度を多く設定したカップルに効果的です。

1人の時間や友人、家族との時間を恋人との時間よりも多くすることで、気分転換になったり、恋人との時間が貴重になったりすることでしょう。

ただし、あなたが1人で勝手に考え急激に会うことを避けたり、相手の気持ちを聞かないで会う頻度を減らしたりする行為は相手を傷つけてしまい、喧嘩へと繋がったりなど倦怠期から悪い方向へと進む恐れがあるため気をつけましょう。

2人だけのルールや趣味を作る

新しいことを始めるのは1人でも気分転換として倦怠期には良いことかもしれません。

2人で新しいことを始めるのは同じ目的を持つ行動であり、2人の気分転換、同じ気持ちの繋がりなど倦怠期では感じられないような時間が生まれるでしょう。

また、ルールというのは2人を縛りつけるものではなく、2人の気持ちが開放的になり心地いい時間が過ごせるためのルールにしましょう。

私の場合は2人のルールとして「言いたいことは我慢しない」など、嫌だったことは嫌と伝え喧嘩になったとしても長引かせないようお互い相手の気持ちを受け入れることを大切にしています。

悪い所ではなく良い所を探す

これ、意外と難しいです。

倦怠期だと相手の悪い所ばかり見えてしまいますし、実際に相手の態度は良くないことが多いです。しかしながら、それは相手だけではなくあなたの態度も良くないことがあります。

そのため一旦お互い様だということを理解した上で、相手の良い所、前までは良かったという所を見つめ直してみましょう

さらに、あなたの相手に求める良い所という基準を下げることがおすすめです。当たり前なことを当たり前にするのではなく、時間を守る、家まで送ってくれる、プレゼントをしたネックレスをつけてくれている、息をしてくれている、それだけでいいというくらいの基準で相手の良い所を探してみましょう。

【NG】倦怠期にやってはいけない行動

【NG】倦怠期にやってはいけない行動の画像

倦怠期にはやってはいけない行動がいくつかあります。

  • 他の異性と遊びに行く
  • 他の異性と連絡を取る
  • 相手のことを責める
  • 「嫌いになった?」と聞いてしまう
  • 思ってもないのに「別れよう」と言う

全てやってはいけない行動ですが、どうしてNGなのかその理由を見ていきましょう。

他の異性と遊びに行く

ダメ。

相手の考え方にもよるかもしれませんが、やはり気持ちの良いものではありません。

けど、私たちのルールでは異性との遊びはOKだよ?」「私の彼女(彼氏)はなんとも思ってないよ。」など思っているかもしれませんが、倦怠期であると理解している以上、相手の気持ちをもう一度確認してみましょう。

相手の気持ちは変化しているかもしれません。

他の異性と連絡を取る

ダメ。

その異性との関係や連絡内容にもよりますが、付き合っている相手に誤解をされるような連絡は控えましょう。

連絡内容よりも異性との関係の多さや頻度が誤解を招くきっかけになると思います。

しなくても良い異性との連絡ならば、恋人の気持ちを優先して気をつけましょう

相手のことを責める

ダメ。

責める、という行為は相手にとって非常に不愉快なものです。あなたが相手を責めてしまっていると気づいた時には自分の言動を抑えましょう。

しかし相手を責めるということは、あなたが相手に不愉快な思いをさせられていたり、不満が積もっていたりするから起きることだと思います。

その場合は責めることはやめても気持ちを伝えることをやめないでください

気持ちを伝える方法は、責めること以外にもたくさんあります。

「嫌いになった?」と聞いてしまう

ダメ。

倦怠期中は相手もあなたをどう思っているのか考えている大切な時期です。

そういった時期に聞くことは、相手の考えがまとまらないまま応えを求めていることになります。

それは相手にとってもあなたにとってもモヤモヤする会話となり、結果解決に繋がることはありません

それどころか 、嫌いだとは考えてなかった相手に対して「そんなこと思っていたの?」などと思わせるきっかけをあなたがつくりだすこととなり、別れへと近く恐れがあります。

思ってもないのに「別れよう」と言う

ダメ。

本気で別れたい時に「別れたい」や「別れよう」と伝えることは良いです。

しかし、倦怠期で相手の気持ちやあなたの気持ちが落ち込んでいる時や分からない時期に、雰囲気で別れた方が良いと決めつけ別れを切り出すことには気をつけましょう。

倦怠期は乗り越えられるものであり、終わりではありません

ましてや、相手の気持ちを試そうという考えから別れを切り出すのは危険です。

相手の「別れたくない」の言葉を聞きたい気持ちは分かりますが、相手があなたを大切に思っているほどあなたの言葉を真剣に考えようとする可能性が高く、あなたの言葉を受け入れようとするためリスクが高いです。

スポンサードサーチ

倦怠期は乗り越えられる!

乗り越えられます。

倦怠期=終わりが近づいてる、のではなく、倦怠期=それほどまでに一緒にいた証拠、であると考えます。 

倦怠期に悩んでいるということは、あなたが大切にしてきた人がいると私は思います。

あなたが、その大切な人とこれからもお互いを思い合いながら過ごしていくことを願います。

レコレコ トップに戻るの画像