大学生におすすめの本はこちら⇨

【クリぼっち】クリスマスの予定が無い人におすすめの過ごし方

【クリぼっち】クリスマスの予定が無い人におすすめの過ごし方

クリぼっちの上手な過ごし方

クリぼっちだと寂しい生活を過ごすことになるのかなぁ」と思う人もいるかもしれませんが、クリぼっちだってクリスマスを楽しめます。

寂しい気持ちに浸るのも、思いっきりクリスマスを楽しむのもやりたい放題です。

1人で贅沢に過ごす

クリぼっちだからって、贅沢なクリスマスを過ごしちゃいけないわけではないので、思いっきり贅沢に過ごしましょう

チキンを買ったり、ケーキをホールで買ったり、シャンパンを開けたり、贅沢に過ごす方法はたくさんあります。

1人で贅沢に過ごすことで、寂しかったはずのクリスマスを楽しむこともできるのでオススメです。

友達や彼氏・彼女がいないことを諦めて、いつも通りの日々を過ごす必要はありません。

クリスマス文化がない場所へ旅行する

クリぼっちの寂しさを感じたく無い人にオススメなのが、クリスマスの文化がない場所に旅行するのもオススメです。

日本の友人たちには「今年のクリスマスは海外で過ごす」と伝えれば良いですし、実際に海外に行ったらクリスマスがないので寂しくありません。

クリスマス文化がない国として有名なのが、サウジアラビア王国です。

イスラム教の聖地メッカがある場所で、厳格なイスラム教徒が多いのでイエスキリストの誕生日であるクリスマスは祝いません。

他にも、タジキスタン・ソマリア・ブルネイなどはクリスマス文化ない国です。

実家に帰って家族で過ごす

クリぼっちは実家に帰って家族で過ごすという選択肢もあります。

家族で過ごすなんて、そっちの方が寂しそう」と思うかもしれませんが、海外のクリスマスは家族で過ごす方が一般的です。

むしろクリスマスを恋人と過ごすのは日本くらいで、アメリカ・ヨーロッパの人からは不思議な目で見られています。

実家に帰って家族と過ごす方が、世界的な目で見たら通常なんだ」という気分で実家に帰りましょう。

もはや教会へ行ってみる

クリスチャンでない限り、プライベートで教会に行くことはまずありません。

日本では宗教自体を警戒している人が多いので、好奇心を持つこともないです。

しかし、教会はクリスマスミサや礼拝というイベントが開催されて、賛美歌を聞くこともできます。

まだ教会に行ったことのない方も、経験として行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードサーチ

クリぼっちを回避する方法

クリぼっちを楽しく過ごしたいんじゃなくて、クリぼっちを何とか回避したい!」と思った人は、これから紹介する回避法を試してみてください。

街コンに参加する

まずオススメなのが、街コンに参加することです。

街コンに参加すれば、同じようにクリぼっちの人たちと出会うことができますし、寂しい気持ちも回避できます。

恋人がいない友人を連れていくことで、少し安心なのでオススメです。

ナンパする・される

クリスマス当日に何の予定もない人を、その場でナンパしてしまうこともできるのでオススメです。

女性の方はナンパされに行くことも可能ですし、とりあえず渋谷を1人で歩いていれば声をかけられるでしょう。

もちろんナンパしたからといって成功するかはわかりませんが、寂しいという気持ちは回避できるはずです。

付き合ってない人と食事に行く

クリスマスに恋人がいない人は、付き合ってない人と食事に行くことも選択肢の1つです。

女性からしたら、「クリスマスに誘ってくるってことは、もしかして…」と思うでしょうし、誘う男性もその気です。

クリスマスは恋人だけではなく、恋人になりたい人達も一緒に過ごしています

付き合ってなくても食事に行くくらいあるあるなので、クリぼっち回避の手段です。

仕事を入れてしまう

クリぼっちを何とか回避するために、仕事をガンガンいれてしまう方法もあります。

クリスマス・イブ、関係なしに仕事を入れてしまえばクリスマスを感じることなく、すぐにお正月です。

仕事の後に仲間と飲みに行くこともできますし、友人たちには「普通に仕事だったわ!」と言えます。

仕事大好き人間になるのもクリぼっちを回避する方法としてオススメです。

クリスマスのボッチ割合は?

大学生のクリぼっち率は10%ほど

大学生向けにアンケートを取ったところ、クリスマスに1人ぼっちの割合は10%ほどしかいませんでした。

恋人と過ごしたり友達と過ごしたりする方が多く、中にはいつもと変わらず過ごすという人もいました。

クリぼっちだからって寂しいわけではなく、全員が恋人と過ごすわけでもないので、安心してください。

スポンサードサーチ

クリぼっちのまとめ

以上、ここまでクリぼっちについて書いてきました。

クリぼっちは寂しそうなイメージですが、クリスマスを楽しむこともできますし、クリぼっちを回避することも可能です。

この記事に書いてあることを試して、クリスマスを楽しんでください。

レコレコ トップに戻るの画像