大学生におすすめの本はこちら⇨

一人暮らしのカーテンの選び方!男性のおすすめと女性の注意点

一人暮らしのカーテンの選び方!男性のおすすめと女性の注意点

一人暮らしを始めるとカーテンを選ぶことになるのですが、どんなカーテンが良いのかわかりづらいと思います。

男女別に一人暮らしにオススメのカーテンをご紹介します。

一人暮らしの男性のカーテンの選び方

まずは男性のオススメのカーテンの選び方を見ていきましょう。

色は部屋に合うものを選ぼう

まずカーテンの色ですが、部屋の色に合う色を選ぶことをオススメします。

モノトーン柄の部屋なら色は白か黒にすることをオススメしますし、木を使った茶色の部屋ならカーテンも茶色っぽい物を選ぶことをオススメします。

逆にモノトーン柄の部屋なのにいきなりカラフルなカーテンを使うと、一気に部屋の雰囲気を壊してしまいがちです。

部屋に合う色を選ぶのがオススメです。

遮光性があるものを選ぶように

カーテンを選ぶときのポイントとして、遮光性があります。

その名の通り光を遮るカーテンで、外から部屋が見えないようになり、一人暮らしの部屋には必須の条件です。

遮光カーテンには等級があって、

1級遮光:遮光率は99.9%以上。ほぼ完全に遮光できる。

2級遮光:遮光率は99.8%以上。意外と1級とは差がある。

3級遮光:遮光率は99.4%以上。ちょっと中途半端な感じがある。

このように分けることができます。

購入する際は1級遮光を選ぶのがオススメで、「99.4%も遮光してくれるなら3級で十分でしょ!」と思うかもしれませんが、できるだけ1級を選ぶようにしてください。

そもそも遮光性を求めるのに、中途半端なカーテンを選ぶのはオススメできません。

閉めっぱなしならレースが良い

一人暮らしのカーテンあるあるなのですが、常に閉めっぱなしにしてしまって陽の光が全く入ってこないというパターンです。

遮光性のカーテンの奥にレースのカーテンを入れることで、陽の光もうまく取り入れることができるのでオススメです。

閉めっぱなしにしてしまうようであれば、レースのカーテンを取り入れることをオススメします。

スポンサードサーチ

一人暮らしの女性のカーテンの選び方

続いて、女性のカーテンの選び方について見ていきましょう。

男性よりも防犯を意識して

女性の一人暮らしのカーテンは男性よりも防犯を意識するべきで、遮光性を大事にしてください。

女性の一人暮らしは下着泥棒もありますし、覗きもあるので、できるだけ遮光性が高いカーテンを購入するようにしてください。

遮光性は1級遮光を選ぶことで犯罪に巻き込まれる可能性を低くできるので、女性の一人暮らしのカーテンは遮光性を強くしてください。

色はベージュやピンクで女性らしく

女性がカーテンを選ぶときの色は女性らしいベージュやピンクの色を選ぶのがオススメで、カーテン次第で部屋の女性らしさが変わったりします

ベージュやピンクのカーテンなら女性らしさを出すことができますし、とても可愛い部屋を作れるのでオススメです。

カーテンはおしゃれな部屋を作れる

カーテン次第でおしゃれな部屋かどうかが決まるので、おしゃれな部屋を作りたい人はおしゃれなカーテンを選んでください。

おしゃれな部屋にするためには、カーテンを無地にするか柄があっても主張が激しくないカーテンにしましょう。

あまり主張が激しいカーテンだと、部屋の雰囲気を壊す可能性があるので気をつけてください。

カーテンを買うときの相場は?

一人暮らしのカーテンを買うときの相場は予算にもよるのですが、大体の相場はどれくらいなのか見ていきましょう。

予算にもよるが5,000円くらい

カーテンの相場は大体5,000円くらいを見ておくと良いでしょう。

安いのだと3,000円くらいもあるのですが、あまり質が良くない可能性があるので、5,000円くらいのカーテンを買うことをオススメします。

スポンサードサーチ

一人暮らしのカーテンまとめ

一人暮らしのカーテンの選び方ですが、部屋にあった色を選ぶようにしてください。

女性は遮光性の高いカーテンを選ぶことで防犯になるので、1級遮光のカーテンを選ぶようにしてください。

レコレコ トップに戻るの画像