一人暮らしの孤独感を解消して紛らわす方法をご紹介します!

一人暮らしの孤独感を解消して紛らわす方法をご紹介します!

大学生の一人暮らしは孤独

大学生の一人暮らしは想像しているよりも孤独で、すぐに慣れることができずにホームシックになってしまう大学生が増えています。

今まで家族で過ごしてきた空間を出て、いきなり1人になってしまうので、寂しく感じるのは当たり前です。

特に兄弟が多かったり、明るい家族の元で育った大学生は一人暮らしを寂しく感じることが多くなっています。

大学生が孤独を感じる時はいつ?

一人暮らしで1番孤独を感じるのは食事睡眠の時間です。

今まで家族と一緒に食事を摂っていたり、兄弟と一緒に寝ていたりしていたのに、突然1人になってしまいます。

さらに、食事や睡眠はたくさんのことを考える時間でもあるので、1人を実感するのです。

他にも帰宅のタイミングは孤独を感じることが多いです。

一人暮らしなので、誰もいない家に帰ることを寂しく感じてしまいます。

友達がいない大学生に一人暮らしはきつい

家族は故郷にいるので会えませんが、一人暮らしだと同じ大学の友達を部屋に招待することもできます。

しかし、友達が多くない場合には一人暮らしの孤独感を埋めることが難しくなってしまいます。

友達で寂しさを埋めたい場合は、大学でしっかり友好関係を築く努力をするのが重要です。

大学生はホームシックになりがち

実家が地方にある学生は、大学生になって初めて一人暮らしをする人が多いです。

初めての一人暮らしで実家を懐かしく感じてしまい、ついついホームシックになってしまいます。

孤独感からホームシックになることはよくあるので、そこまで気にする必要はないでしょう。

寂しいと感じて帰省したくなる

当然ですが、一人暮らしを寂しいと感じる人は帰省したくなってしまいます。

そんな時は1度実家に帰って、家族や地元の友達で自分の寂しさを埋めることも大事です。

スポンサードサーチ

一人暮らしでも孤独感を感じない対策

ここからは、大学生が一人暮らしをしていても孤独を感じないようにする対策について書いていきます。

一人暮らしは寂しい…」と感じる人はぜひ参考にしてみてください。

対策①彼氏・彼女を作る

1つ目の対策は恋人を作ることです。

互いに実家暮らしのリア充は、どちらかが一人暮らしのカップルをうらやましく思っています。

カップルどちらかが一人暮らしをしていると、お泊りし放題だからです。

つまり一人暮らしはカップルには最高の環境なので、一人暮らしが寂しいと感じる場合は、ぜひ恋人を作る努力をしてみてください。

対策②慣れる

2つ目の対策はなかなか難しいかもしれませんが、一人暮らしの孤独に慣れることです。

一人暮らしをしている大学生の多くが、孤独に慣れて大学生活の日々を暮らしています。

もちろん孤独に慣れるまでの時間には個人差がありますので、数日で孤独に慣れる人もいれば数ヶ月かかる人もいます。

孤独に慣れても、ふと故郷を思い出し寂しくなってしまう場合もあるので、慣れたからといって安心はできません。

一人暮らしの孤独に慣れるまで頑張ってみてください。

一人暮らしの孤独でうつ病に?

一人暮らしの孤独感からうつ病を発症してしまう方もいます。

元々心が強くない人ほどうつ病になってしまうので、友達がいない大学生は特に注意してください。

もし少しでもメンタルに異変を感じたり、「死にたい」などと思ってしまったら1度病院に通うことをオススメします。

うつ病の人は孤独感が増幅してしまう

うつ病を発症してしまった人は一人暮らしの孤独感を強く感じてしまい、なかなか慣れることができません。

孤独を強く感じたら実家に帰ったり、ペットを飼ったりするなどして対策をとることをオススメします。

スポンサードサーチ

一人暮らしの孤独感で成長する

一人暮らしの孤独感は悪いことだけではなく、あなた自身を成長させてくれる秘訣でもあります。

成功している人の多くは孤独に慣れている人が多く、幼少期に強い孤独を感じた経験を持っている方が多いです。

孤独に慣れて強くなりたいと思う人は、自分から一人暮らしを選ぶのもありでしょう。

孤独・寂しい・不安が成長の種

孤独や寂しさ、一人暮らしの不安などがあなたを成長させてくれる種になります。

今まで何もできないと思っていた自分を成長させるためにも、一人暮らしを経験してみてはいかがでしょうか。

孤独な一人暮らしのまとめ

以上、ここまで孤独に感じやすい一人暮らしについて書いてきました。

一人暮らしは孤独に感じることが多いですが、その孤独感はきっとあなたを成長させてくれます。

ぜひ孤独に打ち勝ってください。

レコレコ トップに戻るの画像