洋服の節約方法10選|おしゃれを保ちながら上手にやりくりしよう

洋服の節約方法10選|おしゃれを保ちながら上手にやりくりしよう

この記事を見ているあなたはきっと、「おしゃれしたいけど、毎月のお洋服代が高いからそんなに払えない…」と思っていることでしょう。

おしゃれしたい気持ちはみんな同じはずなのですが、実際は自分の好きなブランドの洋服で揃えたりするとお財布が大変なことになってしまいます。

そこで今回は洋服代の節約術を10個ほど紹介します。

  1. 持ってる服を把握する
  2. 新品じゃなく古着で揃える
  3. ハンドメイドで自分で作る
  4. アウトレットで服を買うようにする
  5. 衝動買いは出来るだけしないように
  6. あえて高い服を買って長持ちさせる
  7. 季節ものは真逆の季節で揃えるように
  8. クーポンサイトなどを利用してみるのもあり
  9. もはや洋服をできるだけ買わないようにする
  10. ファッションレンタルサービスを利用してみる

洋服代を節約する10の方法

洋服代を節約する10の方法の画像

①持ってる服を把握する

洋服代を節約する1つ目の方法は、今持っている服を全て把握しておくことです。

今持ってる洋服くらい大体わかってるけど、把握するだけで節約になるの?」と思う気持ちはわかります。

もちろん洋服を把握するだけでは節約になるとは言えないのですが、自分の持っている洋服を把握しておくことで新しい洋服を買わずに済む可能性があります

毎月の出費の中で洋服代が高くて悩んでいる方のなかに「そもそも洋服を買い過ぎている」問題があります。

ショッピングが趣味ということならまだしも、買い過ぎていると洋服代が高くなるのは当然のことです。

まずは持っている洋服を把握して、本当に洋服を買う必要があるのか、今の洋服だけではコーディネートできないのか確認するようにしましょう。

たまに全く着ていない新品の服が出てきたりすることもあるので、洋服の無駄遣いが無いように注意してください。

②古着を買うようにする

古着屋さんに行くとわかるのですが、思っているよりも服が安く売っているので買い過ぎても値段が高くならないということがたくさんあります。

古着の街として有名なのが下北沢で、実際に行ってみると5,000円持っていけば3〜5着ほど購入することもできます。

最近ではメルカリなどのフリマアプリもあるので、ネットでも手軽に古着を購入することができるのです。

新品を買うよりも古着を買う方がよっぽど節約になるので、どうしても洋服を買いたいのであればなるべく古着で済ませるようにすると良いでしょう。

③ハンドメイドで服を作る

洋服代の節約方法|ハンドメイドで作るの画像

当然ですが、自分で服を作ってしまえば材料費のみ払うことになるので、普通にブランドの服を買うよりは節約することができます。

しかし「自分で服を作ったことないし、自信もないよ…」と思うのは当然のことです。

確かに1から全部をハンドメイドで作成するのはかなり難易度が高いのですが、元々ある白いTシャツをアレンジしたり古着を直したりするのは難しくありません

ミシンを使う必要はないですし、基本的な裁縫ができれば簡単にこなせるはずです。

節約のためなら難しくはないでしょう。

④アウトレットで購入する

洋服を買うときのコツですが、アウトレットで購入することを心がけると安く済ませる事ができます。

アウトレットは工場から直接商品が売り出されていることで、一般的な小売店にある商品よりも安く買う事ができるメリットがあります。

品質はさほど変わらないのに値段はかなり安いので、服や靴、バッグもアウトレットで購入することを心がけるとかなり節約できるでしょう。

デメリットとしては、近くにアウトレットのお店がないと中々行きづらく、普段の買い物には利用できないかもしれないという点です。

アウトレットが近くにある方はオススメです。

⑤衝動買いしないようにする

洋服代が高くなっている人の特徴として、「洋服は欲しいと思ったものだけ購入していて、すぐに買ってしまう。」というパターンが多いです。

衝動買いしてしまうと、どうしても服を節約する考えにはならないので気をつけてください。

もし欲しいと思った洋服を見つけても、Sale品だったり現品限りだったりを除いて、1度家に持ち帰ってどうしてもその服でなければならないのか考え直しましょう

古着ではダメなのか、もっと安く買う方法はないのかなど、考える時間を取ることをオススメします。

熱が冷めると「やっぱりそんなに欲しくないし必要ないか」と思うことも多いので、服を節約するには1番の近道かもしれません。

⑥あえて高い服で長持ちさせる

洋服代の節約方法|あえて高い服を買うの画像

洋服の節約というと「出来るだけ安く服を買う方法を教えてください!」という人が多いのですが、実は高い服と安い服を使い分けるのがオススメです。

具体的に言うと、消耗品は安い服にしてずっと使えるものはあえて高い服を買うことで長持ちさせる事ができます

例えば、靴です。高い革靴を買うと底を変えることはあっても10年・15年と長いスパンで使う事ができるので、かなりの節約になります。

高い靴を履いている事で周りからの目も気になりませんし、節約になるので一石二鳥の節約術です。

もちろん靴下や下着、シャツなどの消耗品にはお金をかけないようにするのもポイントの1つです。

⑦真逆の季節で買うようにする

例えば冬の商品を夏に買う事で、かなり安く買う事ができます。

見た事があるかもしれませんが、スキーやスノボのグッズは夏に安売りしていて、冬の半額の値段で購入することも可能なのです。

問題なのは、「冬じゃないのに冬の商品を選ぶ気にはならない…」というモチベーションで、もちろん解決方法があります。

冬の時点ですでに欲しいものを決めておいて、何かにメモして夏まで待てば良いのです。

冬の時点で自分が欲しかったものが夏になった瞬間に半額になっていれば、誰でも購入したいと思うのではないでしょうか。

真逆の季節に購入するのはかなり有効な節約になるので、季節物はあえて逆の季節で購入することを心がけましょう。

⑧クーポンサイトを利用してみる

節約術において、クーポンは最強です。

クーポンサイト.jpなどを上手く利用することで、欲しい物を安く手に入れる事ができるかもしれないので、試してみてください。

デメリットとしては「クーポンが利用できる商品の中に、自分の欲しいものがない」と言う点です。

そんな時は諦めて、古着で買うなりメルカリで探すなりして他の手段を探しましょう。

⑨もはや服は買わないようにする

洋服代の節約方法|もはや服を買わないようにするの画像

洋服を節約することにおいて、おそらく最強の手段が服を買わないことです。

服を買ってしまうから洋服代が高くなってしまうので、服を買わなければ毎月の洋服代は0円で済むのです。

いくらなんでも洋服を買わないのは無理だよ…」と言う人のために、次の節約術を提案するのでご覧ください。

⑩ファッションレンタルを利用する

洋服の節約術として最後にオススメするのが、ファッションレンタルサービスの利用です。

ファッションレンタルって何?」と思った方もいるかもしれないので説明すると、月額7,000円くらいで洋服を借り放題できるサービスのことで、本物のスタイリストさんが自分のためにコーディネートをしてくれるのです

最近かなりのスピードで流行っているのがファッションレンタルで、毎月の洋服代を0にして全てファッションレンタルでまかなっている人もいます。

普段の服だけでなく、ドレスや着物を借りられるサービスもあって、もちろんオフィスの服も借りる事ができます。

節約しながらおしゃれができるので、どちらも譲りたくない人にはオススメです。

 

\おしゃれに節約しよう/
新感覚オンラインファッションレンタル
「airCloset」

スポンサードサーチ

節約してもおしゃれはできる!

節約してもおしゃれができるの画像

おしゃれな人も服代を節約している

洋服代を節約してしまうと、おしゃれをするのが難しい」と思っている人が多いのですが、実はおしゃれに見える人でもしっかり服代を節約しています。

欲しい服を欲しい分だけ買ったり、値札を見ないで直感で服を買ったりできるのは1部のお金持ちだけなので、みんな洋服代を節約しながらおしゃれをしているのです。

もちろん、古着を買ったりメルカリで買ったりアウトレットで買ったりと、節約の手法は違うのですが、おしゃれに節約することは可能です。

ファッションレンタルでおしゃれに節約

ファッションレンタルを利用することで、おしゃれと節約を両立させる事ができます。

ファッションレンタルサービスとして有名なairClosetなどを利用すると、おしゃれをしながらでも節約になるでしょう。

月額9,800円からでおしゃれな洋服を借り放題できるサービスで、実際にかなりおしゃれな洋服を借りれたので、スタイリッシュに節約できると思います。

 

\おしゃれに節約しよう/
新感覚オンラインファッションレンタル
「airCloset」

洋服を節約してもおしゃれ可能!

ここまで洋服の節約方法を10種類紹介してきましたが、洋服の節約とおしゃれは両立させる事ができます。

節約しながらおしゃれなファッションを楽しみましょう。

レコレコ トップに戻るの画像