「学生時代に最も打ち込んだこと」の正しい答え方【例文あり】

「学生時代に最も打ち込んだこと」の正しい答え方【例文あり】

あなたが学生時代に最も打ち込んだことはなんですか?」という質問に、はっきり答えることができますか?

就活の面接でよく聞かれる質問ですが、意外にも就活生が答えるのが苦手な質問となっています。

この記事では、学生時代に最も打ち込んだことの例文と、打ち込んだことがない場合の対処法について書いていきます。

\無料で就活が楽になる!/

学生時代に最も打ち込んだことを聞かれる

学生時代に最も打ち込んだことを聞かれるの画像

なぜ企業は最も打ち込んだことを聞く?

企業が就活生に「学生時代に最も打ち込んだことはなんですか?」と聞く意味は、就活生が学生時代からどんな成果を出してきたのかを聞きたいのです。

学生が出してきた成果がわかれば、入社しても活躍してくれそうなのかわかりますし、目標に向かって努力できるタイプなのか知ることができます。

ですから、企業は大学生活で何に・どれくらい打ち込んできたのかを知りたいのです。

スポンサードサーチ

学生時代に最も打ち込んだことの例文7つ

ここからは学生時代に打ち込んできたことを例文でご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

例文:留学に打ち込んだ場合

例文:留学に打ち込んだ場合

学生時代の私は、留学先での語学勉強に打ち込んできました。高校時代の受験勉強をしているときに「私は英語が得意かもしれない」と気づき勉強しているうちにだんだん楽しくなってきました。そこで、大学に入ったら「留学して英語を勉強しよう」と思っていたのがきっかけです。大学1年の時はアルバイトをして留学費用を貯め、大学2年の夏・大学3年を丸々1年間使ってオーストラリアとアメリカに留学しました。1年1ヶ月の留学で、TOEICの点数が900点を超えました。入社後もこの語学力を活かして活躍したいと思っています。

留学してTOEIC900点を手にした実績を持つ人です。企業のグローバル化が進んでいるため語学力を持っている学生はどこからも引っ張りだこなのが事実です。

伝え方としても頑張ったことが伝わる文章だと思います。

例文:アルバイトに打ち込んだ場合

【例文】アルバイトに打ち込んだ場合の画像

私が学生時代に最も打ち込んできたことはアルバイトです。入学当初から塾講師としてアルバイトをしていたのですが、塾長が商売が苦手な人で、大学2年生の時に塾が潰れる危機に達しました。しかし、経営学部で経営の勉強をしていた私が「どうすれば売り上げが伸びるのか?」を必死に考えて試行錯誤した結果、塾の売り上げが順調に伸びていって大学3年生の時に最高売り上げを達成することができました。御社に入っても会社のために売り上げを伸ばせるような活躍をしたいと思っています。

アルバイトをする大学生は多いのですが、ここまで本気で売り上げを上げることを目的としたアルバイトは中々いないので、かなりのアピールになっています。

さらに自分の強みを活かしていることがわかり、企業が最も欲しい「売り上げを上げてくれる人」がわかる最高の例文です。

例文:趣味に打ち込んだ場合

【例文】趣味に打ち込んだ場合の画像

私が大学生活で最も打ち込んだことは、趣味の写真撮影です。サークル等に加入していた訳ではないのですが、大学2年生の時にふと「写真撮ってみたいなぁ」という軽い思いで写真撮影を始めました。最初の方は誰でも撮れるような近所の写真しかなかったのですが、1人旅をした際に綺麗な写真を撮ることを意識してから撮影技術を求めるようになりました。そんな風に写真撮影を続けていたら、いつの間にかインスタグラムのフォロワーが1万人を超えていて、少し有名人になった気がして嬉しかったです。御社に入ってもどんなことでも100点を求めたがるこの性格を使って、活躍したいと考えています。

趣味が転じて有名になった経験はかなりアピールできますし、他の大学生と差別化することもできてオススメです。

最近ではSNSに力を入れている企業が増えているので、「ぜひ来て欲しい!」と思われるのを期待することもできるでしょう。

例文:部活動に打ち込んだ場合

【例文】部活動に打ち込んだ場合の画像

私が学生時代に最も打ち込んできたことは、中学生の頃からやっているバレーボールです。中学1年生の時に始めたバレーボールですが、気づけば大学生まで10年間やっていて大学2年生の時にはレギュラーとして全国大会にも出場しました。もちろん練習が辛すぎて辞めていく部員もいたのですが、極度の負けず嫌いの私はどうしても全国大会に出場したくて、人の2倍練習していました。そんな中出場できた大学2年生の時の全国大会はとても嬉しかったです。御社に入っても負けず嫌いを活かして活躍したいと思います。

部活動のアピールは大会に出場しただけでなく、10年間続けたという継続力のアピールにもなるのでオススメです。

例文:学業に打ち込んだ場合

【例文】学業に打ち込んだ場合の画像

私が大学生活で1番打ち込んできたことは英語です。大学1年生の夏にアメリカとカナダをヒッチハイクで縦断したのですが、その時に「英語ってすごく大事だな」と実感して必死で英語を勉強するようになりました。わかりやすい指標が必要だと感じ、「TOIECで満点を取るためにはどうすれば良いのか」を必死で考えるようになりました。普通の勉強はもちろん要所や英字新聞も読むようにして毎日英語漬けの生活を送っていたら、いつの間にかTOIECで満点を取って、外国人の友達もたくさんできるようになりました。御社に入ったらこの得意の英語力を活かして、成長していけたらなと思っています。

英語ができる人材はどこの企業も欲しがっているので、TOIEC満点となるとかなりのアピールになります。

例文:研究に打ち込んだ場合

【例文】研究に打ち込んだ場合の画像

私が大学生の時に打ち込んできたことはラボでの研究です。具体的には宇宙空間の真空を利用して人間の生活をもっと豊かにできないか、という研究を行なっていて実際にJAXAとコラボレーションするなどの活動をしてきました。もともと宇宙が好きだったので研究活動はかなり楽しくて、夢がある時間でした。御社に入ってもこの真空に関する知識を利用して、世界中の人を喜ばせるような製品を作っていけたら良いなと考えいています。

理系の大学生はこういった研究活動でアピールすることができるので、かなりオススメです。

例文:学生起業に打ち込んできた場合

【例文】学生起業に打ち込んできた場合の画像

私が学生時代に1番打ち込んできたことは、自分の会社の業績を上げることです。大学3年生の時に、同じく起業を考えていた友人と一緒に起業しました。主な内容は開発したアプリの運営と、アプリ自体を洗練させていくことだったのですが、実際に100万人を超えるユーザーに登録してもらうことができて、新聞に載ったりもしました。IT大手の会社と事業提携もしたりして、大学生ではかなり成功した方だと考えています。御社に入ってもこの経験を活かして、頑張りたいです。

学生起業をする大学生が増えているとはいえ、まだまだ少ない方です。

そんな経営のスキルが身についた学生はかなり貴重で、どこの企業も欲しがるのでとても良い武器になります。

学生時代に打ち込んだことがない場合

学生時代に打ち込んだことがない場合の画像

ここまで学生時代に最も打ち込んできたことについて書いてきましたが、もちろん打ち込んできたことがない人もいるはずです。

そんな時にどう対処すれば良いかについて書いていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

嘘を作っても大丈夫?

実際に打ち込んできたことがない場合には、嘘を作っても大丈夫です。

しかし面接官も人事部として長年働いている方もいるので、ちょっとした嘘ならすぐに見抜いてしまいます。

もちろんバレなければ良いのですが、嘘に対して深堀されるとどうしても曖昧な答えになってしまうので気をつけてください。

最も打ち込んだことがゲームしかない?

大学生時代に最も打ち込んできたことが、ゲームしかないという人もいると思います。

この場合には「ゲームを頑張りました」と伝えて構いません。 今の時代ではe-sportsという言葉があって、ゲームでも世界大会がありますし、しっかり賞金も出るくらい盛り上がっています。

ゲームだからといって本気で取り組んでいれば問題ないので、偏見を持たないイケてる企業ならしっかり評価してくれるはずです。

ゼミやサークルでも良いのか

もちろん学生時代に打ち込んできたことがゼミサークルでも大丈夫です。

しかしゼミやサークルは大学時代に取り組んできた人がとても多く、他の学生と差別化することがとても難しくなっています。

ですからゼミやサークルに打ち込んでいる場合は、他の学生と違う成果を出せるようにすると良いでしょう。

スポンサードサーチ

自己PRと打ち込んだことが被る場合

自己PRと打ち込んだことが被る場合の画像

学生時代に打ち込んできたことは、自己PRと被ってしまうことがよくあります。これは就職活動の面接あるあるなので、そこまで深く気にしなくても大丈夫です。

頑張ったことがそのまま自己PRに繋がるのは当然のことでるからね。

自己PRと一貫性を持たせても良い

例えば学生時代に打ち込んできたことが部活動だとして、自己PRが体力と継続力という風に一貫性を持たせても大丈夫です。

むしろ面接官も想像しやすいので、一貫性を持たせた方が良いかもしれません。

自分をPRするときの枕詞として「学生時代に打ち込んだことと被ってしまうのですが… 」と付け加えるのもありだと思います。

同じネタになってしまう場合はズラす

同じネタになってしまう場合は面接官から「もうその話は聞いたよ」と思われないようにするためにも、少し話題をズラすことがオススメです。

例えば「留学して英語の勉強」が頑張ってきたことの場合、自己PRを「留学先で試されたコミュニケーション能力」などにするとズラせます。

もちろんやり方としては他にもたくさん手段があるので、試しながら面接練習やES添削などを試してみると良いでしょう。

学生時代に打ち込んだことまとめ

学生時代に打ち込んだことは、就活の際に企業にうまくアピールできる手段でもあります。

かなり重要ではあるのですが、嘘を作ってしまうとバレるのでやめておきましょう。

ゼミやサークルなどの大学生あるあるでも大丈夫なのですが、差別化が難しいので伝え方などを工夫することをおすすめします。

\無料で就活が楽になる!/
レコレコ トップに戻るの画像