【キョロ充の意味とは?】8つの特徴とリア充との違いについて大学生が解説

【キョロ充の意味とは?】8つの特徴とリア充との違いについて大学生が解説

大学に入るとリア充やぼっち・陽キャラ・陰キャラなど、たくさんの種類の人間がいます。キョロ充も、その中の1人です。

あなたの周りにもいるかもしれないキョロ充について、知っておきましょう。

今回は、キョロ充の意味や特徴について、解説します。

スポンサードサーチ

キョロ充の意味とは?一言で解説

キョロ充の意味とは?一言で解説

キョロ充とは、リア充が多いグループに属しているものの、自分の意見もなく常に周りのリア充たちの目を気にしている大学生のことです。大学が始まったばかりの6月ごろ、イケイケのサークルに付いていけなくなってもう辞めたいと思っている人を、キョロ充と言います。

そんなキョロ充ですが、2chでは常に周りを見てキョロキョロしているという意味で使われることもあります。しかし、本来はリア充の下位互換です。

複数人いるグループがあればいろんな人がいるのが普通ですが、キョロ充のダメなところは自分がリア充じゃないくせにリア充のグループにいるだけで自慢に思っているところです。虎の威を借る狐とは、キョロ充のことを言うのでしょう。

スポンサードサーチ

キョロ充の特徴8選

キョロ充の特徴8選

キョロ充は一見わかりにくい人種ですが、一瞬でわかる特徴があります。ここからは、キョロ充の8つの特徴についてご紹介します。

自分の意見がない

まずキョロ充は自分の意見が全くありません。「なんでも良い」が口癖です。普段はリア充が決めたことだけをやっていて、金魚のフンのように同じグループのリア充に付いていくだけです。

例えば、以下のような場面での選択を自分以外の人に丸投げします。

  • 学食で何を食べるか
  • 今日授業に出るかどうか
  • 授業終わり何をして遊ぶか

意見がない場合もあれば、発言力が弱くてリア充の意見に従うしかないと言うパターンもあります。大学というサバンナでは、弱肉強食がルールです。

キョロ充に、発言権はありません。

自信がない

自分に自信がなくて、基本的に大人しいのがキョロ充です。リア充と同じグループに属しているから良いものの、もし属していなかったらと思うとおぞましいです。

やりたいことも特になく、自分の意見も持っておらず、今まで何も成し遂げてこなかったキョロ充はとにかく自信がありません

周りのリア充がグループ内で目立っている間、自分が何もせずにリア獣の腰巾着として生きているため、いざ何かをやろうとしても失敗する気がするのです。

ノリは良い

そんなキョロ充にも、良いところはあります。それは、ノリやフットワークの軽さです。

キョロ充は「自分は陰キャラとは違う!」と思っているのですが、その理由の1つがこのノリの良さです。ノリが良いからリア充に褒められて、リア充に依存しています。

自分のことをフッ軽と呼び、誘われた飲み会や遊びは必ず参加して、とにかく存在感を出そうとしているのです。

しかし、それは悪い意味でいうと自分の時間を自分でコントロールできていないとも取れます。他人の時間を生きているキョロ充は、果たして幸せなのでしょうか。私はそう思いません。

常に周りの目を気にしている

キョロ充は、周りの自分に対する意見が気になって仕方ありません。とにかく、自分が周りのリア充たちにどう思われているのかばかりを気にしています

特に、以下のようなことを気にしがちです。

  • 自分だけ目立っていないか
  • 何か変なところがないか
  • 自分が馴染めているかどうか
  • リア充に嫌われていないか

これらのことを常に考えながら行動しています。

さらに、自分たちのグループ以外からの目線も気にしています。これは「俺はリア充と一緒にいて、こいつらと仲良くて、充実してるんだぞ!」ということをアピールしたいためです。

しかし、周りの人たちはキョロ充のことをなんとも思っていません

自己肯定感が低い

自己肯定感とは、自分で自分のことを認められる感情のことです。キョロ充は、この自己肯定感がとにかく低く、自分のことが嫌いな人がほとんどです。

そもそもリア充と一緒に行動しているのには、自分1人では何も自信がないという理由があります。

自己肯定感が高い人は「自分は今のままで良い」と思っているのですが、キョロ充のように自己肯定感が低いと「自分はクソだ。だめだ。」と自分を否定してしまうのです。

自分のことを自分で認められないのはとても悲しいですね。

どこか無理をしている

そもそもキョロ充は、リア充と一緒に行動すること自体に喜びを感じていません。キョロ充がリア充のグループに所属しているのは、リア充と一緒にいる所を見られている自分に喜びを感じているからです。

つまり、やっていること自体は無理をしています。性に合っていないのです。

しかし、それでもキョロ充は無理をします。自分の本当の気持ちに嘘をついて、本当はやりたくないこともやってしまうのです。

自分が充実した幸せな生活を送ろうとしているのに、実は無理をして幸せから遠ざかっているのは皮肉なものですね。

常にインスタやTwitterに思い出を上げる

キョロ充はSNSを使いこなします。理由は、承認欲求が高くて常に周りの知り合いに認められたいと思っているからです。仕方のないことなのです。

どうしても過去の知り合いから「あいつ楽しそうなことしてるなぁ」と思われたいがために、インスタやTwitterに思い出を載せます

そして、誰からいいねされたのか、必ず確認します。そして、確認した後で「俺こないだあいつの投稿にいいねしたのに、あいつはいいねしてこない」とか思うのです。

もはや被害妄想の塊ではありますが、これがキョロ充の生態です。

店で友達と同じ料理を頼む

キョロ充は自分のことでも周りに選択させます。自分の気持ちに嘘を付きすぎて、自分の本当の気持ちがなんなのかわからなくなっているからです。

気持ちがないから、お店に言っても友達と同じ料理を頼みます。セリフは「あ、俺も同じで。」です。

もちろん明らかなメリットが提示されれば利用するのですが、そのように何かしらの理由を与えてあげないと決めることができません。

悲しい性格ですね。

スポンサードサーチ

リア充とキョロ充の違いは?

リア充とキョロ充の違いは?

キョロ充はリア充と一緒に行動するため、一見見分けがつかないことがあります。そこで、ここからはリア充とキョロ充の違いについてご覧ください。

キョロ充は恋人がいない

まず、キョロ充には恋人がいません。しかし、リア充は恋人がいます。それもとびっきり可愛い彼女がいて、デートを楽しんでいます。

キョロ充は口では「彼女欲しい」と言っているものの、行動力もなければ強い意志もないので、それを女子は見分けてしまうのです。

さらに、グループに女子がいてもキョロ充が陰キャラで本当はイケてる人でないことはすぐにバレるので、彼女なんて一生できません。

キョロ充は自分のファッションがない

ファッションは、自分で選んで、自分の好きな服や自分に似合う服を着るものです。しかし、キョロ充は自分で選ぶこともできず、自分の好きな服もなければ、自分に何が似合うかすらわかりません。

そこで、周りのイケてるリア充が着ているブランドを買い集めます。

ファッションにおいてなんの自信もないので、とりあえず周りのマネをして、オシャレに見られようとしているのです。無駄に3万円くらいするパンツを買ったりします

バイト代を、他人が好きなブランドに費やしてしまうのです。

キョロ充は1人で大学を歩けない

リア充は自己肯定感が高いので、1人の時でも常に自信満々に振舞うことができます。しかし、キョロ充は1人で大学を歩くことすらできません。

イケてる誰かと一緒にいる自分にしか自信を持っていないので、1人で歩いている所を見られたくないのです。

もし、ぼっちな姿を誰かに見られ、それをSNSにでも挙げられたりしたら、この先生きていけなくなってしまうため、とにかく周りに知り合いがいないか探しキョロキョロします。

1人の自分が嫌いなのです。

スポンサードサーチ

キョロ充から抜け出す3つの方法

キョロ充から抜け出す3つの方法

これまでにキョロ充の特徴やリア充との違いについて解説しましたが、特徴に当てはまってしまった人はキョロ充から抜け出したいと思うでしょう。

そこで、キョロ充を抜け出す3つの方法をご紹介します。

嫌われても良いことを知る

まずは、あなたは今のままで良くて、誰に嫌われたってどうでも良いってことを知ることから始めましょう。キョロ充は、とにかく人に好かれようと振る舞ってしまうことが多いです。

しかし、本来あなたが誰に嫌われてもあなたを好きでいてくれる人は必ずいます。

そもそも、あなたのことなんて特に興味ない人がほとんどですし、あなたが何をしようがなんの関係もないので、どうでも良いのです。

それなのに、嫌われることを恐れてリア充に従い行動するのは良くありません。嫌われてもどうでも良いのです。

自分だけの趣味を探す

キョロ充の特徴に当てはまったあなた、趣味はありますか?きっとすぐには出てこないでしょう。

趣味を作って、何か1つでも夢中になれることを探したら、キョロ充を抜け出してあなたの人生を送ることができます。本当です。

自分が本当に好きなことを探すのは難しいので、まずは趣味と呼ばれるジャンルを試してみて楽しいと思ったものを探すことをおすすめします。

恋人を作って自己肯定感を高める

キョロ充は自己肯定感が低い人がほとんどなのですが、恋人を作ることは自己肯定感を簡単に高める方法の1つです。

恋人は、自分のことを素直に見てくれてありのままの自分を好きになってくれる人を選ぶことをおすすめします。自己肯定感を高めるためです。

今のままで良いんだと思えた人は、もはやキョロ充ではなくリア充です。すでに抜け出しています。

スポンサードサーチ

キョロ充からリア充になろう

キョロ充からリア充になろう

今キョロ充だとしても、リア充になることは可能です。

自分を好きになって、自分の意思を持って行動し、自己肯定感を少しずつ高めれば、リア充になれます。それはあなたも同じです。

今はまだ自分のことを好きになるのが難しいかもしれませんが、きっとそのうち自分のことを好きになれる時が来るでしょう。その時あなたは、すでにキョロ充ではなくなっています。

キョロ充にさよならするときは、近いかもしれません。

レコレコ トップに戻るの画像