大学生におすすめの本はこちら⇨

意識高い系大学生とガチで凄い大学生の8つの違い【天と地の差です】

意識高い系大学生とガチで凄い大学生の8つの違い【天と地の差です】

この世には2種類の意識高い系大学生がいます。

  1. 意識だけが高い大学生
  2. 実力も備わっている大学生

あなたが意識高い大学生だとしたら、どちらになりたいと思いますか?

今回は意識だけが高い大学生と、意識だけではなく本当に実力も備わっている大学生の特徴をご紹介します。もし意識を高くするのであれば、実力も備えた大学生を目指してください。

ザックリ言うと

  • ホンモノは意識が高いことをアピールしない
  • ニセモノほど話してみると大したことない

スポンサードサーチ

意識だけ高い大学生の8つの特徴

まず意識だけ高い大学生から紹介します。意識だけ高い大学生はあなたの周りにもいるかもしれないので、もし特徴に当てはまるような人がいたら気をつけてください。

学生団体を立ち上げる

意識高い系大学生の学生団体の画像

まず1つ目の特徴は、学生団体を立ち上げ始めることです。意識だけが高い大学生が学生団体を立ち上げる理由は、以下の通りです。

  • カッコつけたい
  • 学生団体代表の肩書きをぶら下げたい
  • モテたい

もう理由が果てしなくしょうもないことがわかりますね。学生団体を立ち上げているようなやつは、かなりカッコつけたことばかり言いますが騙されてはいけません。

サークルではなく学生団体と言ってる時点でヤバイ奴認定して大丈夫です。学生団体には3つのパターンがあります。

  1. イベント
    とにかく人がたくさん集まれば何かしら面白いことが起こると思っている団体。
  2. ビジネス
    絶対しないのに、起業のアイデアとかをひたすら考えている団体。
  3. ボランティア
    災害の起きた地域に行ったり、貧しい国に教育支援をしている団体。

特に注意したいのが、ビジネス系の学生団体です。彼らは起業したいしたい詐欺で、一生起業しない人達がただ群れているだけの集まりです。

カッコつけたことばかり言いますが、何一つ実行しない性格のため、全く意味がありません。時間の無駄です。

SNSのプロフィールに海外の国旗

SNSのプロフィールに海外の国旗

日本語以外の言語を話せるわけではないのですが、インスタやTwitterのプロフィールに海外の国旗を並べて、訪れた国を自慢しているタイプの大学生です。

友達も彼女もいないからこそ「趣味は一人旅」なんて言いながら、地球の歩き方を持って海外を巡っています。

1度海外好きのレッテルを自分に貼ってしまうと、友達から「海外好きなんだね〜。」と言われてしまうため、パスポートを汚すことを目的にして海外に行きます

もう1度言いますが、基本的に英語も中国語も満足に話せません。

SNSの投稿が意識の高い発言

就活の時期になると急に現れるのがこのタイプです。特にTwitterで意識の高い発言をし始めるのですが、普段はアルバイト以外でお金を稼いだこともないノンビジネスな生活を送っています。

例えば以下のようなツイートがその典型です。

 今までバイトしかしたことがないくせに、急にビジネスライクなツイートをし始めるのは、受験期が近づいてきた高校生がスマホの電源を切ることと似ています。

発言に中身がないから、全く響かないんです。

クソみたいな人脈の自慢

意識だけが高い人がよくやるのが、意味のない人脈の自慢です。例えば以下のような自慢とかがあるあるです。

俺のじいちゃんの友達の息子の親友のお父さんが上場企業の社長なんだけど、すごいらしい。

確かに人脈は資産になるのですが、意識高いだけ大学生の資産ではなく、遠い遠い親戚や親戚ですらない人の資産なので全く意味がありません。

自分に自信がないからこそ、周りの人を自慢し始めるのです。

バイトで稼いだ金で美味しそうなご飯

意識が高い大学生は、とにかく美味しそうなご飯を食べているところをSNSにアップしてアピールしたがります。よくあるのは以下の料理です。

  • 焼肉
  • ステーキ
  • お寿司

毎月5〜6万円ほどのバイト代しかないくせに、食べに行くところは1流サラリーマン並みのお店です。ただの夜飯に3,000円くらい使う大学生もいるというからビックリです。

もう少し意識が高くなると、今度は自分の家で美味しそうな料理を作り始めます。気分はもはや、もこみちと変わりませんオリーブオイルかけまくりです

Amazonで買った2,000円の小さいまな板に、スーパーで買った100g200円の牛肉を焼いて乗せて、それをインスタの料理専用アカウントに載せています。

スポンサードサーチ

スタバでMacを使いレポートを書く

意識高い系の代名詞にもなっているのが、このスタバでMacですね。スタバと言えばMacですし、Macと言えばスタバなので、もはや切っても切れない関係です。

カッコつけて何をしているのかと思えば、慣れないタイピングでレポートを仕上げています。実にくだらない行為です。

「レポートくらい家か学校で書けよ!」と思ったそこのあなた、意識が低いですね。スタバという環境があってこそ、周りの人に見られている自分を意識してこそ、意味があるのです。

レポートを書くためだけに購入されたMacもかわいそうですね。

ジムに週2くらいのペースで行く

意識が高いだけの大学生は、お金はないのですが友達もいないため時間は異常なくらい余っています。そこで、自分の意識をさらに上げるためにジムに通うことが多いです。

しかし、お金はないので近くのジムの会員になるわけではなく、学校の設備として作られているジムに通い始めます。しかも通い始めるのは夏前の5月ごろからです。

どうせ大して体つきは変わらないのにも関わらず、将来の健康や夏に水着になる時のためにジムに通います。週2くらいのペースですし、普段の食事には全く気を使わないため意味はほとんどありません。

お金がないのにあるアピール

意識が高いだけの学生は、謎に投資などをするのですが毎月5〜6万円ほどしか稼ぐことができません。なぜならバイト以外の働き方を全く知らないからです。

しかし、お金があるアピールを存分にします。よくあるのは以下のアピールです。

  • 親が金持ち
  • お小遣いやお年玉を20万円くらい貰う
  • 親からの仕送りで生きていける

自分で稼いだわけでもないお金を友達に自慢して、親のすねをかじって楽しい楽しい旅行に行きます。意識だけ高いと、プライドもどんどん高くなっていくので大変です。

スポンサードサーチ

ガチで凄い大学生の8つの特徴

ガチで凄い大学生の8つの特徴

ここからは、ガチで凄い大学生の特徴についてまとめていきます。実際に事例とともに紹介していくので、ガチで凄い人になりたいなら参考にしてみると良いと思います。

会社を作って事業を立ち上げる

意識だけが高い学生が「起業したい」と散々言っているのに対し、ガチで凄い大学生は本当に起業して自分の事業を作っています

会社を作るのは30万円ほどあれば誰でもできるのですが、実際に会社を作って社長になるって考えるとビビって何もできないのが普通の大学生です。

しかし、ガチで凄い大学生は違います。実際にやってしまうんです。

意味のない起業アイデアを考えるだけの学生団体とは違って、実際にアイデアを実行し、利益を生み出しているというのですから違う世界にいると言っても過言ではありません。

これがホンモノです。

SNSで起業家にフォローされてる

意識だけが高いだけではなく、実力も備わっているホンモノ大学生は、ジャンルにもよりますが起業家にフォローされていることが多いです。

これは、ビジネスの世界で頑張っている大学生だけではありません。

  • YouTuber
  • ブログ
  • インスタグラム

以上のようなジャンルで活躍している大学生であれば、起業家からフォローされていることが多いので、着目してみるのも良いでしょう。

フォローされていること自体がステータスになるわけではないのですが、一種の判断基準になることは確かです。

SNSの投稿は全て自分の経験

ガチで凄い大学生のSNSの投稿には中身があります。むしろ中身しかないので、外側がありません。

やったこともないことは投稿しませんし、承認欲求のために投稿を盛る行為をしないので、意識だけが高い人と比べて参考になる投稿が多いです。

さらに、誰もが知っている有名人と会話している所などを見ると、ただ人脈を自慢しているだけの意識だけが高い大学生とは格が違います。

人脈の自慢はしない

本当に凄い大学生は、人脈に関する自慢をしません。そもそも人脈の自慢をする理由は、自分に自信がないからと紹介しましたが、ガチで凄い人はすでに自分に自信を持っていることが多いのです。

さらにいうと、本当にすごい人というのは意外と友達が少なく、同年代で一緒に遊ぶような友達はいないのも理由の1つです。

Facebookを交換した時にどんな人と交換しているか確認することができるので、意識高い人がいたらTwitterやインスタだけではなくFacebookを交換してみると良いでしょう。

リアルなその人を垣間見ることができます。

自分で稼いだ金で美味しいご飯

自分で稼いだ金で美味しいご飯

ガチで凄い大学生と意識だけが高い大学生との大きな違いは、自分でお金を稼いだ経験があるかないかとも言えます。

意識だけが高い大学生はアルバイトや派遣バイト以外の働き方を知らないのですが、凄い大学生は転売・インフルエンサーマーケ・YouTubeなどの稼ぎ方を知っています。

最近ではYouTubeを始める大学生も増えてきましたが、収益化できていない大学生もたくさんいます。

親から貰ったお金とか時給1,000円のアルバイトで貰ったお給料とかではなく、自分で稼げるかどうかで判断することができます。

凄い大学生が食べにいくのは、以下のような食事です。

  • ふぐ
  • フランス料理
  • 叙々苑

意識だけが高い大学生には、とても手が出せないご飯ですよね。

スポンサードサーチ

めちゃめちゃ謙虚

実際に学生起業をしている人などに会ってみるとわかりますが、思っている5倍謙虚な人が多いです。誰からでも学ぼうと貪欲ですし、人一倍頑張っているくせにもっと頑張ろうとしています。

だからこそ今まで結果を出してきたとも言えるのですが、実際に会ってみるとビビるほど謙虚です。

謙虚だからこそ人に好かれるし、謙虚だからこそ今よりももっと成長していくのでしょう。意識だけが高い大学生には、ぜひ見習ってほしい部分でもあります。

スタバでプログラミングしてる

意識が高いだけの学生がスタバでレポートを書いている時、ホンモノはスタバでコードを書いてます。プログラミングをしているってことです。

私が今まで見た中で、スタバでMacを触っている人には3つのタイプがありました。

  1. レポート書いてる
  2. コード書いてる
  3. 会社の資料作ってる

中でも、コードを書いてる人はホンモノです。そもそもプログラミングができる時点で凄いのですが、自分のサイトを作ってたりアプリを作ってたりします。

1年生の頃からインターン

ガチで凄い大学生は、アルバイトではなく長期のインターンに参加していることが多いです。最近は休学してインターンに参加する人も増えてきましたが、まだまだ少ない印象があります。

長期インターンを経験するメリットは以下のようなものがあります。

  • スキルを得られる
  • 自分で稼げるようになる
  • 人脈が広がる
  • 同い年の凄い人と出会える

もちろんアルバイトでも同じような場所はあるかもしれませんが、基本的にはインターンの方が稼ぎながらビジネスを学べると思います。

もし意識だけが高い学生になりたくないのであれば、長期インターンに参加してみるのもありでしょう。

スポンサードサーチ

どうせならガチで凄い大学生になれ

意識が高いだけの学生と、本当に凄い学生では天と地の差があるのですが、唯一年齢は同じです。学生起業をしていたり、YouTuberとして活躍しているとはいえ同じ大学生です。

どうせなら、意識だけが高い大学生になるのではなく、本当に凄い大学生として一旗揚げてほしいと思います。

この記事を読んでいるあなたもきっとなれるので、まずは目の前のことを全力で頑張ってみてください。

レコレコ トップに戻るの画像