大学生におすすめの本はこちら⇨

大学生の平均貯金額は43万円!100万円貯める9の方法を解説

大学生の平均貯金額は43万円!100万円貯める9の方法を解説

大学生100人にアンケートを取って、現在の平均貯金額について調査しました。

貯金しようと心がけている大学生は多いと思いますが、実は貯金にはコツがあるのでコツを抑えれば100万円くらい簡単に貯金できます。

この記事では大学生の平均貯金額と、0から100万円を貯金する方法について解説します。

ざっくり言うと

  • 大学生の平均貯金額は43万円
  • 貯金する前にまずは現在の収支を把握しよう
  • お金を貯めるよりも使い方の方が100倍大事

スポンサードサーチ

リアル大学生に聞いた平均貯金額は43万円

最初に結論だけ言うと、大学生の平均貯金額は43万円でした。

大学生の平均貯金額のグラフ

貯金額人数
0円(貯金なし)8人
0〜5万円5人
5〜10万円12人
10〜30万円26人
30〜50万円35人
50〜100万円12人
100万円〜2人

最も多かった答えは30万円だったので、大学生で貯金を始めるならまずは中央値である30万円くらいを目指すのが良いでしょう。

少しでも貯金をしようとしてる大学生が多かったのですが、逆に全く貯金をしていない人も8人いました。バイトをしてもサークル活動や飲み会で使い切ってしまうとのことです。

中には100万円を超える貯金額の大学生もいました。彼らからのコメントを載せておきます。

  • 大学4年間のアルバイトでコツコツ貯めて行きました。最初の2年間は免許を取ったりしてお金を使いましたが、最後の2年間は物欲もなかったおかげでどんどんお金が貯まって行きました。特に欲しいものもないですし、とりあえず将来のために貯金をしておこうと思っている感じです。就職したら一人暮らしをすると思うので、その資金に使おうと思っています。

  • 大学1年の時からずっと株式投資とFXをやっていました。最初の2年間はずっと負けていたのですが、最近やっと勝てるようになってきて今では100万円以上の貯金があります。アルバイトで稼いだお金は基本的に投資の資金にしています。

大学生で100万円以上貯金するとなると、相当の覚悟が必要な気がしますが、実は少しだけ気を使うだけでかなり貯金できるようになります。

ここからは、大学生で貯金なしの状態から100万円貯金する方法について見ていきましょう。

スポンサードサーチ

大学生が0から100万円貯金する9の方法

大学生が0から100万円貯金する9の方法

今貯金が全くない状態の大学生でも、正直2年あれば100万円貯金することができます。しかも危ないバイトや過酷な肉体労働をしなくても貯金できます。

大学生が0から100万円を貯金する方法は、大きく分けて3つのステップが必要です。

  1. 収支を全て把握する
  2. 収入をできるだけ増やすようにする
  3. 支出をできるだけ減らすようにする

この3つのポイントに気をつけてさえいれば、記事を読んでいるあなたでも100万円貯金することは可能です。それでは細かく9つの方法を見ていきましょう。

現在の収支を把握する

現在の収支を把握する

まずは現在の収支を全て把握することから始めます。貯金をするときに、とりあえず収入を増やしてお金を使わないことだけを意識する人がいますが、まずは絶対に収支の把握からです。

そもそも、毎月の収入がいくらあって、どれくらいお金を使っているのか把握している人が少なすぎます。

大学生であれば収入は基本的にアルバイトだけだと思うので、収入面は把握しやすいと思います。アルバイトだけなら収入源は1つだけだからです。

問題は支出の把握ですが、やり方は3つあります。

  1. 家計簿をつける
  2. 家計簿アプリにメモする
  3. レシートを取っておいて月末に計算する

私は家計簿アプリにメモをするタイプですが、どれを選んでも一緒です。大事なのは全ての支出を把握して、無駄遣いしている部分を減らすことです。

ここで1番ダメなのは、支出が収入を上回っていることです。あなたの人生を会社に例えると、あなたが今赤字の状態にあることになります。

赤字では貯金なんてできるはずがありません。今の状態を知るためにも、まずは把握しましょう。

貯金専用の口座を作る

貯金専用の口座を作る

現在銀行口座を2つ以上持っている方は、どちらかを貯金専用の口座として使いましょう。そして、その口座からは絶対にお金を下ろさないようにします。

もう一方の口座はアルバイトの給料が振り込まれるように使ったり、普段使いの口座として利用するのがおすすめです。口座を2つ以上持っていない方は、今すぐ2つ目の口座を作りにいってください。

貯金専用の口座を作るときのポイントをまとめておきます。

  • 貯金口座は下ろすと手数料がかかる銀行を選ぶ
  • 貯金口座のカードは財布に入れない
  • たまに口座の残高を見て幸せを感じる
  • 貯金口座からお金を下ろすときは自分にとって嫌なことをする

1番大事なのは、貯金専用口座のカードを財布に入れないことです。そうすることで、強制的にお金を下ろせない状況を作ります。

貯金口座からお金を下ろした時点で、あなたの負けだと思ってください。

スポンサードサーチ

毎月使うお金だけ財布に入れる

毎月使うお金だけ財布に入れる

貯金が大好きな人たちがよくやっているのが、毎月使うお金だけ財布に入れて、それ以上は下ろさないようにする作戦です。例えば、今月を2万円で生きていこうと思ったら、財布に2万円入れて1ヶ月もうATMからお金を下ろさないようにします。

こうすることで、給料日近くに一気に散財してしまうことが防げるからです。

貯金する人にとって最も厄介なのは、給料日です。気分が高まって今まで欲しかったものが買える喜びに、スッと飛びついてしまいます。

しかし、給料が振り込まれた瞬間に使えるお金を決めて、それ以上は使わないようにすることで給料日の散財を抑えることができるのです。

今月生きる金額を決めたら、もうそれ以上は使えません。もし使ってしまったら人としてダメな人間と、自分で認めるくらいの勢いでいきましょう。

飲み会等に行かないようにする

飲み会等に行かないようにする

貯金をするとしたら、無駄な出費を抑えることは初歩中の初歩です。大学生にとっての無駄遣いをまとめておくので、これらにお金を使っている人はできる限りで抑えましょう。

大学生の無駄遣い一覧

  • 飲み会
  • ギャンブル
  • ゲームアプリへの課金
  • タバコ
  • カフェ
  • 服やアクセサリー

趣味の場合は無駄遣いとは言えないですし、付き合いで仕方なくお金を払うこともあるでしょう。しかし、貯金するためには多少の犠牲が必要なのも事実です。

飲み会を断るときは良い感じの言い訳が必要なので、そんな方はこちらの記事がおすすめです。
→ 飲み会に行かない理由・嫌われないドタキャン方法

うま〜く断って、貯金を少しでも進めましょう。

携帯を格安SIMに変える

携帯を格安SIMに変える

月々のスマホ代を自分で払っているあなたは、au・SoftBank・docomoの大手キャリア3社のSIMカードを使っているパターンが多いと思います。

しかし、それらを格安SIMにするだけで圧倒的に携帯代がお得になるのでおすすめです。

おそらく現在のスマホ料金が2〜3,000円は安くなります。今のスマホ代が高い人だと5,000円以上ものコストを削減できるようになるかもしれません。

格安SIMにするのであれば、大学生向けのものが2つあります。

  1. UQモバイル
  2. mineo

どちらもテレビCMをやっているほど人気の格安SIMなので、現在のスマホ料金が5,000円を超えている場合は変更して安くするのがおすすめです。

節約するときは固定費を減らす方が圧倒的に効率が良いので、無理に食費を減らすなどをするよりもスマホ代を減らした方が効率が良いのです。

スポンサードサーチ

外食を減らして自炊を増やす

外食を減らして自炊を増やす

一人暮らしをしている人は、外食をなるべく減らして自炊をとにかく増やすようにするだけで貯金が一気に進みます。自炊を増やすメリットはお金だけではありません。

自炊をすると添加物が含まれていない食事を摂ることになるので、一気に健康的な生活になります。

お金も節約しながら、さらに健康的な食生活になるので、一人暮らしをしている大学生はまず自炊をするべきです。自分でご飯を作るのも楽しいものですよ。

料理が上手になってきたら、友達や恋人を部屋に呼んでパーティーを開くのもありです。飲み会よりは安く済みますし、とても楽しいと思います。

アルバイトをして貯める

アルバイトをして貯める

大学生が貯金をするのに1番手っ取り早いのは、やはりアルバイトをすることです。安定的な収入が得られますし、大学生の友達も増えます。

大学生のバイトの平均月収は2〜3万円ですが、たったそれだけでは100万円貯めるのは不可能です。バイトで100万円貯めるなら、2つの方法があります。

  1. 時給が高いバイトをする
  2. リゾートバイトで一気に稼ぐ

都内であれば時給1,000円以上でバイトをしている人がほとんどですが、時給1,000円でも100万円貯金するには千時間も働く必要があります。しかも、最低千時間です。

そこで、夏休みにリゾートバイトなどに登録して一気に20万円ほど稼ぐ方法がおすすめです。

簡単に言えば、食事を出したり観光地の売店などの仕事を1ヶ月丸々使ってバイトするのですが、大学生でも20〜30万円ほどを一気に稼ぐことができます。

治験などのちょっと怖いバイトをするのが嫌なら、リゾートバイトで一気に貯金を進めましょう。

\一気に20〜30万円稼ぐなら!/

【高時給】
リゾートバイト!

投資をして一気に増やす

投資をして一気に増やす

最近は大学生でも投資をしている人が増えてきた印象です。東大生がFXで本を出しているくらいなので、大学生でも頑張れば投資で大勝ちすることができるのでしょう。

もちろんアルバイトと比べると一気に稼げる可能性がありますが、一方でリスクもあります

今まで貯めてきたお金がまた0になるリスクを負うことになるので、投資をする際は十分に気をつけなければなりません。

大学生でもできる投資の種類をまとめておきます。

  • 株式投資
  • 為替(FX)
  • 仮想通貨
  • ロボアドバイザー

大学生を騙す投資詐欺なども流行っているので、十分に気をつけた上で投資をするようにしましょう。「50万円払って自動売買のシステムを購入しましょう。元は取れます。」みたいな誘いには気をつけてください。

目標を決める:まずは10万円

目標を決める:まずは10万円

貯金をする時は、目標を決めることが大事です。そして、目標を達成したら自分を褒めてあげて、何かしらのご褒美を買ってあげるのも良いでしょう。

最初の目標が低い方が良いので、まずは10万円貯金することを目標にするのがおすすめです。10万円の貯金に成功したら、何か美味しいものでも食べに行きましょう。

目標は、少しずつあげていく必要があります。
10万円→30万円→50万円→100万円、少しずつ少しずつ目標をアップして、100万円貯金に近づいていくやり方が効果的だと思います。

いきなり100万円貯金しろと言われても不可能なので、まずは10万円からです。

スポンサードサーチ

そもそも大学生は貯金するべきなのか

そもそも大学生は貯金するべきなのか

お金は手段でしかありません。お金を持っているからといって、そこにあるだけでは何の意味もありません。それはただの紙です。

つまり、貯金しているだけでは全く意味がなくて、貯金のその先に何かしらの目的が必要になります。

お金は使い方の方が大事

まずお金は使い方がとても大事です。掃いて捨てるほどのお金を持っていても、使い方次第ではゴミになってしまいます。大学生がお金を使うとしたら、自己投資のみです。

自己投資とは、自分自身に投資することです。大学生なら以下のような自己投資があります。

  • 本を読む
  • 人に会う
  • 起業
  • 語学留学
  • 筋トレ

これらにお金を使うことは、全て最終的に自分自身に返ってくるようになっています。つまり、他人ではなく自分にお金を使っているのです。

ただお金を稼いで貯めているだけでは何にもなりませんし、もしそのまま死んでしまったら本当にただの紙くず同然です。より良いことに使った方がよっぽど良いのです。

投資と消費を分けて考えよう

世の中のお金の使い方には、先ほど紹介した自己投資のような投資の他に消費があります。消費とは、以下のようなことです。

  • アイスを買う
  • 服を買う
  • 漫画を買う

もちろん良いのですが、どれも自分自身に繋がっているとは言えません。つまり、消費活動をしているってことなのです。

消費の全てが悪いとは言いません。なぜなら、消費活動をしないと必要なものでさえ手に入れなくなってしまうからです。例えば、ご飯が消費だからといってご飯を食べなければ死んでしまいます。

しかし、わざわざ高いお店に行って高いご飯を食べるのは消費です。もしくは趣味です。

貯金をするのであれば、投資と消費を分けて考えて消費をなるべく減らしてくのが良いでしょう。

手段としての貯金なら絶対やるべき

目標にしている貯金が、何かしらの手段としての貯金であれば最高です。ただ貯金をしていても飽きてしまうので、使い道をあらかじめ決めておくのが良いでしょう。

大学生の例でいうと、留学をするために貯金をするなどです。

海外に行って英語を身に着けるために貯金するのであれば、最終的な使い方として投資になっていますし、貯金も捗ると思います。

大学生が貯金すること全てが悪いように言っている人もいますが、お金をあくまで手段として考えるなら大いにありです。そもそもたくさんのお金がないとできないこともありますから。

スポンサードサーチ

貯金額よりも使い道を考えよう

大学生の平均貯金額は43万円とのことでしたが、貯金をするのは良いとして貯金よりも使い道を考えて正しい使い方をする方がはるかに大事です。

使い方が間違っていると、今まで貯めたお金を全て無駄にしてしまう可能性もあります。

大学生の場合、ほとんどがアルバイトをして貯金をしていると思うので、貯金したお金を無駄にするってことは人生の時間を無駄にするってことです。

貯金をして、より良い自分になるように使い方も考えてみることをおすすめします。

レコレコ トップに戻るの画像