大学生におすすめの本はこちら⇨

大学生がプログラミングを学ぶべき8つの理由と最短で稼ぐルート

大学生がプログラミングを学ぶべき8つの理由と最短で稼ぐルート

最近は熱量が高い大学生がたくさんいる気がしていて、若いうちに何かを学び必死で向き合うのは非常に良いことだなと思っています。

もちろん資格の取得でも良いですし、アルバイトでも良いのですが、どれだけ頑張っても限界があるため極めても微妙なことが多いです。例えばバイトをどれだけ頑張っても時給はせいぜい1200円くらいですよね…。

しかし、プログラミングを覚えて自分でWebサイトやアプリを作ることができれば、一気に人生を大逆転することもできます。

起業した私が知っている限りプログラミングを学んでアプリを作り、それを大企業に売った大学生が1億円を手にした例があります

それくらい可能性があるのがプログラミングなので、今回は大学生がプログラミングを学ぶべき8つの理由とプログラミングで生きていく最短ルートについて解説するので参考にしてください。

ザックリ言うと、

  • プログラミングは夢しかない
  • きちんと勉強すれば誰でも月50万円
  • 文系大学生でも大丈夫

大学生がプログラミングを学ぶべき8つの理由

大学生がプログラミングを学ぶべき8つの理由

さて大学生がプログラミングを学ぶべき8つの理由ですが、最初にある程度まとめておきます。

  1. 大学生は時間があるから
  2. プログラマの価値が高まっているから
  3. 就職は楽になるし、就職しなくても良くなるから
  4. 大学生でも月50万円が余裕だから
  5. 起業することも可能だから
  6. 自分の力で何かを形にできるから
  7. きちんと学べば難易度は低いから
  8. 最新技術の第一人者になれるから

①大学生は時間があるから

学生は時間があるけどお金がない。社会人はお金があるけど時間がない。」と良く言われますが、実際大学生が持っている時間はめちゃめちゃ多いです。

今実家暮らしをしている方は親が家事をやってくれていると思いますが、一人暮らしを初めて自分で家事をやるようになると本当に時間がなくなります。

社会人になっても勉強を続けられる人はすごいのですが、実際にはかなり難易度が高いことなので難しいのです。

会社によってはプログラミングを教えてくれる会社もありますが、普通の会社であれば大学生くらい時間がないとやる気もなくなってしまうでしょう。

時間がある今のうちに習得できるとかなり強いです。

②プログラマーの価値が高まっているから

そもそもIT業界が深刻な人材不足なので、プログラマー自体の価値がかなり高くなっている事実があります。IT業界自体はずっと成長を続けていて、これからもどんどん成長していくと思われます。

経済産業省が発表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2030年には約79万人のIT人材が不足するとの調査結果が出ているのです。

エンジニアはIT業界に必須の人材なので、プログラミングを覚えておくだけでもう仕事がなくなることはないでしょう。

もちろん実績や人脈などの要素もありますが、価値が高まっている業界に身を置くのは生存戦略として頭に入れておくべきことだと思います。

プログラミングが使えるだけであなたの市場価値が高くなるので、大学生にうちに身につけておいて将来の安心を買うことをおすすめしたいです。

③就職は楽になるし、就職しなくても良くなるから

大学生は就職するときに主に2つの要素を見られます。

  1. 大学までの実績
    サークル長をやっていました。等

  2. 入社後の将来性
    入社した後にどれくらい活躍してくれるか。社風に合っているかどうか。

プログラミングを学んで成果物(作品)を作れば、それはそのままあなたの実績に繋がるため企業の採用担当の方もわかりやすいのです。

成果物自体が優れていて世の中の役に立つようなものを作ることができれば、そのまま就職しなくても多額のお金を手にすることができます。

流石にそこまで上手くいくとは限らないのですが、きっとあなたならできるでしょう。

④大学生でも月50万円が余裕だから

例えばプログラミングの基礎であるHTMLやCSSを覚えることができれば、Webサイト制作の案件などを個人として受注することができます。

つまり、あなたに対して仕事が来ます。バイトをしなくてもお金が入ってくるシステムです。

イケてるサイトを作るのに年齢は関係ないため、大学生でも1ヶ月で50万円以上を稼ぎ出すことができますし実際に稼いでいる大学生もたくさんいます

実際に半年くらいで月50万円稼げる人材になるのは難しくないため、勉強次第です。

⑤起業することも可能だから

あなたは「起業する人なんて、一部の意識高い学生だけ。」と思っていませんか?

私は実際に大学時代に起業しましたが、プログラミングを学んでサービスやアプリを作れるようになったら資金調達をして起業することもできます。

もちろん需要のあるサービスを作ったりする必要もあるのですが、誰でもできます。

起業すれば就職しなくても良くなりますし、あなたもプログラミングだけで社長になることが可能なのです。夢のある話ですが意外と遠い話ではありません。

⑥自分の力で何かを形にできるから

大学は4年間もあるので暇ですよね。

熱量だけがあって「絶対ビッグになってやる!!!」みたいな熱い人もいると思いますが、プログラミングを習得すればあなたの思っているような物を作ることができます。

もちろん技術力を身につけつ必要はあるのですが、何かを力にできるのは確かなのです。

とにかく何か大きいことをやってやりたいとくすぶっているのであれば、将来も安泰なプログラミングを学んで実力をつけると良いでしょう。

⑦きちんと学べば難易度は低いから

プログラミングは何か難しいようなイメージがあるでしょう。しかし、実はそこまで難しいものではありません。

スクールに通ったりしてきちんと学べばあなたでも確実に成果物を作れるため、難易度自体は低く中学生でもプログラミングを使えるようになります。

もちろん起業したりする力がすぐに付く訳ではないのですが、プログラミングの難易度自体は高くないので早めに習得すると良いでしょう。

無駄に「あんな英語ばっかりで難しそう。」と想像していないで、とにかくやってみれば良いのです。結構楽しいのでおすすめです。

⑧最新技術の第一人者になれるから

大学生の中には「何かしらで一流になりたい!」と思っている人が多いのですが、プログラミングはまさに最新技術なので第一人者になりやすいスキルです。

例えば最近でいうとVRやARそしてAIなどは難しそうな最新技術ですが、IT業界にいてプログラミングを学習すれば先駆者になれる可能性があります

最新技術を学ぼうとするおじさんは少ないので、若い人にほどチャンスがあると思って良いでしょう。

何かで一流になりたい気持ちの”何か”が固まっていないならプログラミングを学んでみるのが良いと思います。

スポンサードサーチ

大学生でもプログラミングで生きていく最短ルート

大学生でもプログラミングで生きていく最短ルート

ではここから、具体的に大学生がプログラミングを学んでお金を稼ぎ、生きていけるようになる最短ルートについてご紹介します。

本来であれば有料でも良いくらいなのですが、大学生の皆さんのために無料でまとめました。

Step.1 プログラミングスクールに通って基礎を身につける

まずはプログラミングスクールに通って、基礎を身につけることから始めると良いでしょう。

エンジニアの方には「どうせ自分で解決する力が必要になるから、最初は独学で始めると良い。」と良く言いますが、ぶっちゃけ意味がわかりません。

例えばパソコンをほとんど使ったことない人だったり、タイピングすら得意でない人がいきなり独学で勉強しても飽きやすく挫折しやすいのです。

プログラミングスクールのほとんどは成果物を自分で作るまでの道のりを示してくれるので、何もわからない初心者は絶対スクールに通うべきです。

仕組みも何もわからない人は、最初にスクールに通って自分で動かす楽しさを身につけることからやってみるのが良いでしょう。

Step.2 独学で力を付けながら案件を獲得する

スクールである程度の基礎を身につけたら、独学で勉強しながらフリーランスとして案件を獲得して実際に稼いでみてください。

プログラミングは勉強を続けてこそのスキルなので、スクールに通った後も自分で学び続ける必要があります。

もちろん独学で勉強を進めるのは簡単ではないのですが、案件を獲得するのは意外と難しくありません

クラウドワークスやランサーズに登録すればWebサイト制作などの仕事は結構ありますし、初心者でも簡単なコードを書くだけで稼げる案件があるのも事実です。

案件獲得には直接自分から営業する方法もあります。例えば飲食店などはイケてないホームページが多いため直接メールして「良い感じにします!」とメールして案件を獲得することも可能です。

勉強しながら実際に自分で稼ぐ経験をすると良いでしょう。だんだん仕事が大きくなってきて稼げるようになってきます。

Step.3 Qiita・Twitter・ブログで情報発信

プログラミングで食べていくとして、ずっと自分から営業をするのはキツイので QiitaやTwitter、実際に自分で作ったブログなどを使って情報発信すると良いでしょう。

情報発信は第一人者として活躍できる可能性が増えたり、自分から営業しなくても「ぜひ作って欲しいです。」と持ちかけられたりします。

IT業界で生きていくのであれば、例え1人にしか見られていなくても情報発信をするメリットはあるのです。

もしあなたのブログを見ている人が1人でも、その人から仕事を受注することができれば直接お金に繋がったことになるのでやるべきだと思います。

ぜひ自分で情報発信をして、影響力をゲットするようにしてください。

(Step.4) インターンやバイトで稼ぎながら学ぶ

カッコに入れている理由は”やらなくても良いから”です。

エンジニアのインターンシップやアルバイトを募集している会社は確かにたくさんあるのですが、初心者はだいたい弾かれてしまいます。

完全初心者の状態から働かせてくれる会社はほとんどないので、まずはスクールに通って基礎的なことをできるようにしてから臨むのが良いでしょう。

インターンやバイトをするメリットは確実にお金が貰えること・わからないことを聞けること・企業のエンジニアの働き方を知れることの3つです。

エンジニアは基本的に自分で解決する能力が必要ですが、いつでも上司に聞ける環境は塾と同じで結構ありがたいです。

会社がどのように仕事を進めていくのかを学ぶこともできるため、大学生はスクールで学んだ後にインターンをしてみるのも良いでしょう。

大学生におすすめのプログラミングスクール(元は取れます)

では、大学生におすすめのプログラミングスクールについてご紹介します。

授業料が高いスクールもありますが、勉強した後にクラウドソーシングなどを利用して案件を獲得すれば1ヶ月で元が取れるようになるので安心してください。

後はあなたが行動するかしないかです。

TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy(テックアカデミー)

公式サイト:https://techacademy.jp/

最短1ヶ月で、未経験からプロになれるスクールがTechAcademyです。

スクールと言ってもオンラインで学んだり質問をしたりすることができるため、わざわざ家を出て通う必要がなく手軽にプログラミングを学ぶことができます。

現役エンジニアに質問することができて、返信も早いので使い勝手が良いです。

価格も高すぎるわけではなく、初心者向けの”はじめてのプログラミングコース”であれば1ヶ月で99,000円なのでチャレンジしやすい値段になっています。(他のスクールは30万円とか普通です)

コースが15個以上もあるので、自分が作りたいものが決まっている人も未経験から成果物を作ることができる最高のスクールです。

\1週間も体験できる!?/
無料体験を受けてみる

TECH::CAMP(テックキャンプ)

TECH::CAMP(テックキャンプ)

公式サイト:https://tech-camp.in/

現役エンジニアのトレーナーとマンツーマンで面談をして、あなたがやりたいことをあなたに合ったプランで進めることができるスクールです。

9,000名以上の卒業生がいて、トレーナーが徹底的にサポートしてくれます。

オンラインはもちろん全国に8ヶ所ある教室に通っ学ぶことができて、1度入会すればWebサービスからAIまで様々なコンテンツを学ぶことができるスクールです。

とりあえずプログラミングを学んで何かやってみたい。」と思っている大学生にピッタリです。13時〜22時の間はオンラインで質問し放題なのでいつでも悩みを解決することができます。

テックキャンプなら一気にプログラミングを学ぶことができるでしょう。

\無理やりの勧誘は一切ありません/
無料体験会に行ってみる

クリプテックアカデミア

クリプテックアカデミア

まさに大学生向けのプログラミングスクールが、クリプテックアカデミアです。

自分だけのカリキュラムを作ってくれて、プログラミング学習から実際に高収入の案件を獲得するところまでサポートしてくれます

同じように未経験からプログラミング学習を始めた人同士で繋がることもできて、一緒に勉強しながら進めることができるオンラインスクールです。

プログラミングをやりたいけれど、何から始めて良いのか全くわからない。」と悩んでいる人には特におすすめで、全てのコースで返金保証が付いているのも選ばれる理由になっています。

講師も大企業のエンジニアだった人がいるため、今1番おすすめしたいプログラミングスクールです。

\レッスン予約で1,000円貰える!/
無料体験レッスンを受けてみる(オンライン)

スポンサードサーチ

プログラミングを学ぼうとする大学生のよくある質問

大学生はプログラミングを学ぶべきだと思っているのですが、プログラミングを学ぼうとすると何かと専門知識が必要な気がしてくるでしょう。

そこで始める前の初心者によく聞かれる質問について回答しておきます。

文系でも大丈夫?→ 大丈夫です

プログラミングは理系がやっているもの」と偏見を持っている方は多いのですが、ぶっちゃけ文系も理系も関係ないです。

実際私は大学は法学部でもプログラミングができますし、文系出身でプログラミングをやっている友達はたくさんいるから安心してください。

確かに電子工学などを学んでいる理系学生はプログラミング学習を始めるのに抵抗はないかもしれませんが、ぶっちゃけ文系も理系も関係ないのです。

やってみると意外と文系学生の方が優秀だったりするので、「俺は文系だから。」と諦めないようにしてください。

パソコンのおすすめは?→ MacBook Air

まだパソコンを持っていない状態・もしくはあるけどスペックが低い状態であればMacBook Airをおすすめします。

そもそもIT業界が「Macが1番イケてる。」と思っている文化なので、これからパソコンを用意するのであれば圧倒的にMacがおすすめです。

中でもMacBook Airはお手頃でスペックも安定しているので、大学生にピッタリだと思います。

メルカリを創業した山田さんもMacBook Airを使ってアプリを作っていたので、迷ったらMacBook Airを購入すると良いでしょう。

プログラミングって難しい?→ きちんと学べば大丈夫

まだプログラミングを勉強したことのない人は「なんか難しそう…」と思っている人が多いのですが、プログラミングはきちんと学べば難しくありません。

しかし、今までやってきた勉強とは少しやり方が違います。

今までは基礎的な勉強ばかりやってきたと思います。因数分解だったり古典だったりは「なんでこんなの勉強する必要あるんだ?」と思ったことでしょう。

プログラミングは全く逆です。最初に作りたい物を決めるので、作りたい物に必要ない基礎知識を勉強する必要はありません

まだどんなアプリやホームページを作りたいか決めていないと思いますが、あなたの理想に必要な勉強をすれば良いだけなのです。

女性でも大丈夫?→ むしろポジション取れます

プログラミングに男性も女性も関係ないです。実際に私は女子大生のときにプログラミングを勉強して起業した女性を知っています。

女性がプログラミングを勉強すると「女性なのにイケてるね!」と良い意味での偏見があるため、ポジションを取ることができるのです。

何か新しいものを始めるのに、性別や年齢は関係ありません。むしろかましちゃってください。

今のうちにプログラミングを習得しよう

少しでも「起業したい。」とか「自分でお金を稼ぎたい。」と思っている大学生なら、今のうちにプログラミングを習得することをおすすめします。

大学生は時間もたくさんありますし、若いときに稼ぎまくってお金の使い道を知るべきです。

プログラミングを学んで人生が変わった人はたくさんいます。。今行動すればあなたの人生も変わるかもしれません。

レコレコ トップに戻るの画像