【大学生の夏休みの過ごし方】先輩がイチオシするから失敗しない15選

【大学生の夏休みの過ごし方】先輩がイチオシするから失敗しない15選

大学生の夏休みは1〜2ヶ月と長い休みがあります。実際は10月から授業が始まる大学もあるため、もう夏ではなく秋まで休みがある人もいます。

大学生の夏休みは4回あるのですが、いつも通り過ごしていると意外とすぐに終わってしまいます。

この記事ではもうすぐ大学を卒業する私が、先輩風を吹かして「充実する夏休みの過ごし方」という奴をご紹介するつもりです。

もし私が今大学に入学したばかりの頃に戻れるなら…」という気持ちもこもっているので、この記事を読んだ皆さんの夏休みが良いものになることを願っています。

スポンサードサーチ

大学生の夏休みは遊びまくれ!

何と言っても大学生の長期休暇は遊びまくるべきです。もう遊びは外せません。

オススメの遊びをご紹介します。

とりあえず海に行く

とりあえず海に行く画像

夏の定番とも言える海です。

泳ぐもよし、日焼けするもよし、男だったらナンパするもよし、女だったらナンパされるもよし、やることがないと言ったらそれまでですが、夏ならとにかく海に行って遊びましょう。

20歳を超えていればお酒を楽しむこともできますし、男女で海岸線をドライブするのはとても楽しい思い出になります。

海は場所がすでにイケてるので、とにかく海に行って夏を満喫してみてください。

花火大会は夏だけ

花火に行く大学生の画像

海と同じように夏の風物詩、花火。

花火は基本的に夏にしか見れないものなので、季節が変わらないうちに見に行ってください。

彼氏や彼女がいるなら2人で楽しめますし、好きな人がいるなら誘うチャンスとも言えます。花火大会は花火を見るのだけが楽しいのではなく、屋台も楽しいです。

焼きそば・フランクフルト・りんご飴・テキ屋など、夏の花火大会でしかないものもたくさんあります。

異性だけではなく友達と見に行っても意外と楽しめるので、日程を合わせて花火大会に行ってみてください。

1つだけ注意して欲しいのが、花火大会は基本的に7月の終わりに開催されることが多く、大学生のテストと被ってしまう可能性があります

多くの大学生が夏休みに入っている8月に開催される花火大会もあるので、ちゃんと日程を確認するようにしてください。

花火大会の日程確認:ウォーカープラス

旅行に行って思い出づくり

旅行に行く大学生の画像

大学の夏休みは旅行に行って欲しいと思います。

残念ながら私は、もうすぐ大学を卒業して社会人になってしまうのですが、正直夏に2ヶ月以上の休みが取れるとは思っていません。

有給が取れる会社に入れればまだしも、長期休暇を取れるのは大学生のうちだけなので、行きたいところに行って欲しいです。

旅行に行くにはお金が必要ですが、大学生はやり方次第で旅行代を節約することができるので、ぜひ行きたいところをピックアップしてください。

1年生のうちから海外旅行に行くのは難しいと思うので、国内旅行に行くのをおすすめします。

クーラーの効いた家でゲーム

ゲームする大学生の画像

夏はとにかく暑いです。

最高気温が普通に37°とか行く日もあるので、「夏は家から出たくないよ…。」と思う方も多いと思います。

そんな時は、クーラーの効いた家でゲームをしましょう。

クーラーの効いた家は最高です。しかもやりたいゲームをやりたいだけできるので、やってみたかったゲームがあれば買ってみましょう。

今オススメするのは、スマブラです。

室内スポーツがキてる

室内スポーツも良いよの画像

外は暑いので、室内スポーツはどうでしょうか。

クーラーが効いた状態で楽しめますし、大学生がなりがちな運動不足も解消できるので良いと思います。オススメの室内スポーツをいくつかあげておきますね。

大学生にオススメの室内スポーツ

  • ダーツ
  • ボウリング
  • スカッシュ
  • ボルダリング
  • アイススケート

これらは夏休みにオススメの室内スポーツで、やったことがないスポーツがあれば試してみるのも面白いと思います。

アイススケートは明治神宮アイススケートが1年中開かれているので、実は夏でも楽しむことができるのです。暑い夏にピッタリのスポーツです。

スポンサードサーチ

バイトして夏休みに一気に稼ぐ!

夏休みはバイトをして一気にお金を稼ぐチャンスでもあります。

長期休みにしかできないバイトもありますし、今までは土日しか働けなかったとしても夏休みなら平日も働くことが可能です。

時間がある人は一気に稼ぐチャンスなので、思いっきり稼ぎましょう。

リゾートバイトなら住み込みで20万円

リゾートバイトで稼ぐ画像

海の家などに住み込みで働くのが、リゾートバイトです。

リゾートバイトのメリットは、1ヶ月で一気に20万円以上のお金を稼ぐことができるチャンスなので、お金がない人には注目すると良いでしょう。

時給1500円を超える高いお金が稼げますし、何より友達と一緒に働きに行くことができるので、遊びながらお金を稼ぐこともできます。

例えば、2日働いて1日遊んでまた2日働いてなど、自分で管理できるのもメリットです。

交通費なども払ってくれますし、もちろん住んでいる間の生活費も無料なのでかなり待遇が良いバイトと言えるでしょう。

\登録は無料です/
リゾバで一気に稼いでみる

暇なときに短期バイトをすると稼げる

暇な時の短期バイトの画像

夏休みになって、今までのアルバイトを一気に増やすのは難しいかもしれません。

シフトを決めている社員の方も「あの子は週に3日くらい。」という前提があるので、夏休みになっていきなりシフトを増やそうとしても難しいのです。

せっかく働ける時間があるのに、バイトには入れないというのはもったいないと思います。

そんな時は、とりあえず短期バイトに登録しておいて時間が空いた時にバイトをやることをオススメします。

自分の好きな時間に働くことができるため、今のうちに登録しておきましょう。

\無料登録で働きたい時に/
いつでも働けるように登録しておく

治験バイトで楽に15万円

治験バイトで稼ぐ画像

リゾートバイトと同じく、治験バイトも一気に15万円ほど稼ぐことができます。

住み込みでやる治験もあるのですが、病院に通院しながら点滴を打つだけの治験もあるので意外と気軽に試せるようになっています。

治験と聞くと「え、治験バイトってなんか危なそうだし、怪しい。」というイメージがありますが、実はもう世に出る直前の薬の安全な治験も存在するのです。

怪しい治験もあるのですが、全く怪しくない治験バイトもあります。例えばJCVNの治験は「ニキビ」などの安全な治験のみ募集しています。

安全に稼ぎたい人は注目です。

\安全に稼ごう/
安心実績のJCVN治験モニター

面白いバイトをやってみるのもあり

面白いバイトの画像

社会人になってしまうと中々できないので、面白いバイトをやってみるのもありです。

面白いバイトと言えばマッハバイトで、記事を書いている現在(2019/03/26)は「スクラッチを鉤爪でこするバイト」「ペットボトルのラベルを出来るだけセクシーに剥くバイト」などがあります。

話のネタにもなるので、暇な大学生の夏休みにおすすめです。ちなみに1万円くらい貰えるので、かなり儲かるバイトだと思います。

普段はあまりチャレンジできないバイトなので、気になる方は登録してみると良いでしょう。

\1万円稼げる/
面白いバイトをやってみる

将来のために夏休みから動いておく

ここまで大学生の夏休みの過ごし方として、遊びとバイトについて紹介しましたが、2ヶ月近くある夏休みを将来のために使うことも手段の1つです。

みんなが休んでいる間にスキルをつければ、気付いた頃には相当大きな差になっています

将来のために動きたいという人のために、おすすめの夏休みの過ごし方についてご紹介します。

インターンシップに参加

インターンに参加する画像

まずは就職活動を見越してインターンに参加してみましょう。

インターンシップは大きく分けて①短期インターン②長期インターンの2種類に分かれていて、名前の通り期間の長さが違います。

短期インターンは主に大学3年生に人気のインターンで、最短で1日だけのものから長くても1週間くらいです。

大学1〜2年生なら長期インターンに参加して、長くて1年以上ベンチャー企業などで仕事をしてみると良いと思います。

私もとある企業にインターンシップとして参加していましたが、ビジネスの基礎からITのスキルまで多くのことを学びました。

大学3年生であれば、半年後には就活が始まっているので短期インターンに参加してみるのも良いでしょう。

OB・OG訪問をしてみる

OB訪問をしてみる画像

インターンシップと同じで就活のためにやっておくと良いのがOB・OG訪問です(ここからはOB訪問にまとめます)。

すでに就職している先輩に話を聞くことができるのですが、気になる企業がある方はもちろん、「やりたいことがない…。」というあなたにもおすすめです。

OB訪問をしてみるとカッコ良い先輩から仕事の話が聞けるので、あなたもやりたいことが見つかる可能性があります。

就活で1番の武器とも言えるコネを作ることもできるので、まだOB訪問をやったことがない人におすすめです。

\就活のコネができる/
ビズリーチ・キャンパス

免許合宿で免許を取っておく

夏休みに免許を取る画像

車の免許は夏休みのうちに取っておいた方が良いです。

というのも、実は車の免許には”教習所に登録してから免許を取るまでの期間”が決まっているので、登録しても大学のテストなどで遅れて結局無駄金になる可能性があります。

しかし、夏休みに免許合宿に行って免許を取得してしまえば確実です。

何度も教習所に通うのは正直面倒なので、なるべく早めに合宿で免許をとっておきましょう

\最大15,000円割引/
合宿免許わかば

短期留学に参加する

大学生が留学する画像

大学中に英語を身につけると、その後の就職活動だけではなく人生がかなりイージーモードになります。

結局いつの時代も必要になるのは「語学力」と「技術力」ですから、そのうちの1つである語学力を身につけることは後にあなたの武器になるでしょう。

夏休みにたくさん英語を勉強しても良いのですが、1人で勉強するのは飽きてしまうので短期留学に参加して経験を積むことをおすすめします

他の国の学生と交流するのは楽しいですし、日本にいるとやりにくいスピーキングの能力を鍛えることができます。

夏休みだけの短期留学ならそこまでお金もかからないので、バイトをして参加してみると良いでしょう。

\夏休みで英語力アップ/
世界32カ国から探せる語学留学予約サイト
School With

資格を取得するために勉強

資格のために勉強する画像

大学中に何かしらの資格を取りたい。」と思っている学生も多いと思います。

大学生に人気の資格と言えばTOEIC・宅建・秘書検定・簿記・FPなどがありますが、資格を取っておくと就活にも使えるので夏休み中に勉強しておきましょう

夏休みが終わるとまたいつも通りの学校生活に戻ってしまうので、資格を取るためには夏休みに一気に勉強しておくことをおすすめします。

正直1人でずっと勉強してるのは辛いでしょうから、たまに遊んでたまに資格の勉強してまた遊んで、くらいの頻度でも良いです。

少しでも前へ進むことが大事だと思います。

プログラミングを勉強する

プログラミングを学ぶ画像

これからはITの時代がきます。というか、もうすでに来ています。

どこにいても仕事ができる時代になっていますし、日本人のほとんどがスマホを片手にインターネットと共に暮らしているのが事実です。

そんな中、プログラミングが使える人材はかなり貴重になっています。

2030年にはプログラマーの人材不足が80万人に登るとも言われているので、大学生のうちにプログラミングを覚えることで一気にレアな人材になれるのです。

もちろん興味がない人は読み飛ばしても良いのですが、やりたいことが見つかっていないのであればプログラミングはおすすめです。

\今なら最大35%オフ!/
3ヶ月間のプログラミングスクール【Tech Boost】

スポンサードサーチ

もし夏休みに暇になってしまったら

ここまで総勢15種類もの夏休みの過ごし方をご紹介しましたが、もし「夏休みすることない…。暇だ…。」という状態になってしまった時のために、4つの解決方法をご紹介します。

せっかくの夏休みを充実させたい人は、おすすめです。

とにかく本を読んでみよう

暇なら本を読んでみようの画像

まずは読書です。

本が苦手な人は多いのですが、実は本というのはあまり効率的なものとは言えません。そもそも読むというのはとても時間がかかるからです。

本を書いているくらい詳しい人と直接お話をすることができればベストなのですが、普通の大学生にそんなことはできないと思います。

だからこそ、本を読むのです。

大学生という立場ではすごい人に会うことができないのですが、本を読めばすごい人の思考回路がわかります。

思考回路だけではなく、やってきた実績やどういうことを経て上手くいったのかまで、全て書いてくれているのが本なのです。

やることがないなら、とにかく本を読んですごい人たちに触れてみると良いと思います。

大学生活中に200冊以上の本を読んだ私が、大学生におすすめする一冊は『金持ち父さん 貧乏父さん』です。

経済学を学ぶ前に読んだのですが、「今までお金について学んだことがなかったけど、こんなに無知だったのか…!」ってなったのでおすすめします。

夏休みが暇なら読んでみてください。

自分で稼ぐスキルを身につけてみよう

暇なら自分で稼いでみる画像

せっかく暇なら、バイト以外でお金を稼いでみましょう。

今の時代は大学生でも1人でお金を稼ぐ手段がたくさんあります。YouTube・ブログ・インスタ・noteなど、大学生でも自分でお金を作れるのです。

“金稼ぎ”というと何か悪いことをしているようなイメージがありますが、本来お金稼ぎは”ありがとう”をたくさん集めることです。

人の役に立って初めてお金を払う価値が出るので、お金を稼ぐのはありがとうを集めることに繋がります。

学生のうちに自分の力で1円を作る経験は素晴らしいので、時間があって暇ならバイト以外で価値を作ってみてください。

家でゴロゴロするのも大いにあり

とりあえずゴロゴロする画像

ぶっちゃけ、家でゴロゴロするのもありです。

親を見ればわかりますが、人間生きていくのにそこまで頑張らなくても何とかなりますし、頑張らない方が幸せなこともあります。

何が幸せかはあなたが決めることなので、とりあえず何もせずにゴロゴロすることを否定することは誰にもできません

疲れたら、ゴロゴロして休んじゃいましょう。

暇が嫌ならまず目標を決めるべき

暇なら目標を決めてみようの画像

もし「家でゴロゴロするのは嫌だけど、やりたいことはない。」という状態であれば、まずは夏休みの目標を決めてみるのが良いと思います。

例えばTOEIC600点・アプリを1つ作る・YouTubeの登録者数1000人など、自分で目標を作ってそれを達成するために行動すると良いでしょう。

自分で決めたことなのでやらされているわけではないですし、何より行動することがあなたの成長に繋がります

まず目標を決めて、それを絶対達成できるように行動するとあなたのためになるでしょう。

大学生の夏休みは思いっきり行動しろ

時間があるように見えて、一瞬で終わってしまうのが大学生の夏休みです。理想は”毎日が予定で埋まっていること”ですが、なかなか難しいと思います。

遊びまくったり、バイトしてお金を稼いだり、就活のために動いたり、自分の好きなことに没頭したり、何をするのも自由です。

思いっきり行動して、楽しみまくってください。

レコレコ トップに戻るの画像