大学生がバイト以外で稼ぐ20の方法【あなたも必ずできます】

大学生がバイト以外で稼ぐ20の方法【あなたも必ずできます】

多くの大学生がアルバイトをして生計を立てているのですが、アルバイトでは時給が決まってしまっているのでたくさんのお金を稼ぐことができません。

この記事を読めば大学生のあなたでも自分でたくさんのお金を生み出せるようになりますし、失敗しても確実に経験が残ります。

行動できる人は自分でお金を作れるようになるでしょう。

大学生のバイト以外の稼ぎ方20選

稼ぎ方①ブログを書く

まずご紹介するのはブログを書いて稼ぐ方法です。

ブログなんか書いてお金が稼げるの?」と思うかもしれませんが、ブログは非常に利益率の高いビジネスです。

ホリエモン推奨している、儲かるビジネスの4原則というものがあります。

儲かるビジネスの4原則

  • 小資本で始められる
  • 在庫がいらない
  • 利益率が高い
  • 毎月収入が入ってくる

ブログは儲かるビジネスの4原則全てを満たしているので、大学生でも気軽に始められるビジネスの1つと言えるでしょう。

ブログを始めるのに必要なお金は高くて1万5千円ほどですし、ネットビジネスなので在庫はもちろん必要ありません。

経費がほとんどかからないので利益率がとても高く、集客に成功すれば毎月ある程度のお金を稼ぐことが可能です。

アフィリエイトなら大学生でも稼ぐことができるのです。

稼ぎ方②自己アフィリエイト

先ほど紹介したブログで稼ぐというのは、クリックでお金が入る広告収入と会員登録や購買によるアフィリエイト収入があります。

その中でもアフィリエイト収入は、自己アフィリエイトと言って自分が会員登録したり購入したりすることによってお金が入ってくる仕組みです。

例えばクレジットカードを自分で登録することで、1万円を稼ぐことができるので、すぐにお金が欲しい人にはおすすめです。

下記のサイトなら自己アフィリエイトで、5万円以上のお金を一気に稼げる可能性があるので試してみて下さい。

稼ぎ方③有料note販売

noteはブログと同じように記事を書いたり、日記を書いたりできるサービスなのですが、ブログのような無料の記事だけでなく有料の記事を書くこともできます。

僕はたった50日でインスタのフォロワーを0から4桁にした戦略というnoteを販売したことがあって、実際に2万円くらい稼ぐことに成功しました。

文章を書くのが得意だったり、自分しか知らないようなことがあったりする人はnoteを書いてSNSでシェアすると稼げるかもしれません。

稼ぎ方④YouTube

HIKAKINはじめしゃちょーの様に、YouTuberになって広告収益やスポンサー収益を得ることができます。

もし人気YouTuberになることができて、チャンネル登録者数が10万人・100万人と増えていけば年収1億円を大学生で稼ぐことも夢ではありません

え〜?YouTuberかぁ。話すのは得意じゃないし、特技があるわけでもないからなぁ。」と思う人が多いのですが、意外と誰でも参入することは可能です。

そもそも挑戦してみて上手くいかない可能性の方が高いですし、今から初めてHIKAKINと同じレベルになるのは厳しいです。

しかしビジネスの目線で捉えると、まだまだ抜け道はたくさんあります

動画を撮って作ることは簡単ではなく、みんなやりたがらないのでチャンスなのです。

大学生のうちに一気にお金を稼ぎたいなら、YouTuberを目指してみるのもありでしょう。

稼ぎ方⑤電子書籍出版

本を出すと印税が入ってきて儲かる、なんて話を聞いたことがあると思います。

しかし本を出すには小説家だったり、経歴が面白い人でないとなかなか売れないので、そもそも本を書くオファーすら来ません。

どうしても本を出したいなら自費出版になるのですが、わざわざ大きなお金を払ってまで本を出すのはリスクが高いです。

しかし今の時代、電子書籍であれば本を発行する必要がないので、文章を書くことさえできれば売れる可能性があります

AmazonがやっているKindle ダイレクト・パブリッシングなら、無料で、Amazonが勝手に本を売ってくれるのでおすすめです。

あまり知られていない方法ではありますが、電子書籍なら大学生も本をすぐに売ることができます。

稼ぎ方⑥株などの資産運用

お金を作るにはいくつかの方法があるのですが、株などの資産運用はお金自身にお金を稼いでもらう方法です。

もちろん株はリスクもあって、もしかしたら自分の資産が減ってしまう可能性があるのですが、株で人生大逆転した人もいます。

株を始めるにはある程度の初期資金が必要になるので、いきなり始めるのは難しいかもしれませんが、市場の勉強も兼ねてやってみるのはありでしょう。

就活をするときに役に立ったりするので、大学生で稼ぎたいなら株をやってみてください。

稼ぎ方⑦FXなどの短期トレード

株などと同じでお金にお金を稼がせる方法ですが、短期トレードは初期資金が少なくても始めることができます。

基本的にはチャートを見て上がるか下がるかを判断するのですが、チャートを読む勉強が必要になります。

よく「FXは危ないからやめた方が良いよ」と言われるのですが、危ない橋を渡らなければ大きく儲けることも可能です。

勉強は必要になるので、興味がある方はやってみて下さい。

DMM FX は初心者向けなのでおすすめです。

稼ぎ方⑧自動売買

ロボットに任せてお金を動かしてもらう」と聞くとかなり怪しい感じがしますが、実際に自動売買にはトラリピというサービスがあります。

AIなどが儲かるように作ったルールに則ってお金を増やしていくので、本当に放っておいてもお金が稼げます。

もちろんすぐに増えるわけではないのですが、何もしなくて良いのはありがたいです。

稼ぎ方⑨仮想通貨

2017年・2018年に大流行した仮想通貨ですが、トレードで一気に稼げる可能性がある稼ぎ方です。

一気に稼げる可能性がある一方で、お金をかけすぎると一気に失う可能性もあるので注意して下さい。

ブロックチェーンに興味がある人はやってみると面白いかもしれません。

稼ぎ方⑩クラウドソーシング

クラウドソーシングという名前を聞いたことがある人は少ないかもしれません。

簡単に言えば、仕事を頼みたい企業と仕事が欲しいフリーランスや学生を繋げるサービスのことです。

仕事内容はスキルが必要なWeb制作から、編集・ライター業務などの文系でも活躍できる仕事もあります

通学時間や授業中に稼ぐこともできるので、大学生は試してみて下さい。

クラウドソーシングサイトは下記のサイトが有名なので、ぜひ登録していつでも出来る仕事を探してみましょう。

すぐに行動することが稼げる人の特徴です。

稼ぎ方⑪アプリなどのサービス開発

プログラミングのスキルが必要になるのですが、アプリ開発で一気に儲かって人生を変えた大学生もいます。

Webサービス開発というと、起業して、資金調達をして、プログラマーを雇って、、、などを思い浮かべるかもしれませんが、個人でも勝負できる範囲はあります。

無料のアプリを作ってSNSなどでマーケティングすれば、たくさんの人にダウンロードしてもらい広告で稼げるかもしれません。

スキルは必要ですが、当たったら大きく稼げる商売です。

稼ぎ方⑫覆面モニター

覆面モニターはあなたが思っているよりも簡単です。

飲食店等のお店にお客さんのふりをして入って、お店の接客態度や料理の味などについて調査をする仕事になっています。

一人暮らしをしていてお金がない大学生にオススメの仕事で、ご飯を食べながらお金を稼ぐのは楽しいです。

稼ぎ方⑬イベント開催

大学生の若さを利用してイベントを開催することも大学生が稼ぐ手段の1つです。

最近でいうとレペゼン地球のDJ社長はもともとイベントを開催する会社の社長で、東京・福岡でたくさんの人を集めるイベントを開催していました

就活セミナーなどのイベントも開催できますし、バンドをやっているサークルを集めてライブを開いても面白いかもしれません。

人を集めるのが得意な人は試してみて下さい。

稼ぎ方⑭転売

大学生でもゴリゴリ稼げるのが転売です。

商売の”安く仕入れて高く売る”という基本を抑えれば誰でもできる稼ぎ方で、メルカリを使ってお金を稼いでいる人はたくさんいます。

海外に行って商品を安く仕入れて、その後日本に輸入して売り飛ばすという方法も取られていて、実際に数百万円というお金を稼ぎ出す大学生がたくさんいるのです。

まずは家にあるものを売ってみることから始めるのもありでしょう。

稼ぎ方⑮Tシャツ販売

あまり聞いたことがないかもしれませんが、自分でデザインしたTシャツを販売してお金を稼ぐこともできます

ユニクロがやっているUTme!というサービスならイラストをTシャツにできて、販売することができるのでおすすめです。

スマホケースのデザインをすることもできるので、試してみて下さい。

稼ぎ方⑯LINEスタンプ販売

LINEスタンプを販売することで、自分のスタンプが売れれば儲けることもできます。

可愛いスタンプや面白いスタンプは話題になるので、一気に百万円以上儲かるかもしれないのでLINEスタンプを作ってみて下さい。

イラストが得意な人は試してみて下さい。

稼ぎ方⑰治験モニター

治験の話を聞いたことがある大学生は多いのですが、「まだ研究中の薬を自分に使われるのは怖い…」と思っている方が多いでしょう。

治験にも種類があるのですが、もう世の中に出せるレベルの薬を試す治験もあります。

2週間ほど拘束される治験もあれば週に1回だけ通院するタイプの治験もあるので、思っているよりも楽に稼げたりします。

1ヶ月で20〜30万円稼げるのでリスクについて調べた上でやってみて下さい。

稼ぎ方⑱TimeTicket

タイムチケットは自分のスキルや時間を売ることができるサービスです。

独身の人が増えてきていますし、誰かと時間をシェアしたいと感じている人はたくさんいる世の中になりました。

そんな中時間だけはたくさんある大学生は、タイムチケットで自分の時間をバイトよりも高いお金で売ることが可能です

あなたの若い時間には価値があるので、売ってみて下さい。

>> 【タイムチケット】 ※30分から自分の時間を売れます。

稼ぎ方⑲Pixtaで画像を売る

普段何気なく撮っている写真が売れると知ったらすごくないですか?

スマホで撮った何気ない写真でもPixtaなら売ることができます。

インスタ映えを狙って一眼レフで撮った写真から、何気なく撮ったスマホの写真まで売れるのでフォルダに写真がたくさんある人はおすすめです。

稼ぎ方⑳LUXUSXでバッグを貸す

LUXUSという月額料金を払ってバッグを借り放題できるサービスがあるのですが、こちらのサービスはバッグを貸し出してお金を稼ぐことも可能です

高級ブランドバッグが需要あるのですが、家に使っていないバッグがあれば貸し出してみて下さい。

スポンサードサーチ

大学生のうちに稼ぐメリット

大学生のうちにアルバイト以外で稼げるようになっておくメリットが3つほどあるので、解説します。

経営者視点が身につく

世の中には2種類の働き方があります。

自分で意思決定して会社を動かしていく経営者と、誰かに雇われて会社のため、世の中のために働くサラリーマンの2種類です。

大学生のうちに稼ぐ方法を覚えて自分で稼ぐ力を身につけると、経営者視点を持った状態で大学を卒業するので強い人材になることができます。

自分の力でお金を稼ぐ経験が重要なので、アルバイト以外で稼げるように努力することをおすすめします。

よりレアな人材になれる

ほとんどの大学生が、アルバイト以外に自分の力だけで稼ぐ方法を知りません。

しかし、大学を卒業すると自分の生活や家族の生活を守って働くことになるので、お金から逃れることはできないのです。

大学生のうちからお金を稼いでレアな人材になることができれば、社会人になった後も生きやすくなること間違いなしです。

就職する必要がなくなる

もちろん大学生のうちにお金を稼ぐ手段を身につけて、就職する必要がなくなる人もいます。

主に月30万円ほど稼げるようになれば、就職せずとも新卒フリーランスとしてやっていけるでしょう。

やりたいことがない人・なんとなく働きたくない人は、大学生のうちに自分でお金が稼げるようになる手段を身につけておくことをおすすめします。

大学生の稼ぎ方まとめ

大学生が自分の力で稼ぐ方法を20個集めました。

盲目になってアルバイトだけで生活しようと思いがちですが、大学生が持っている時間と行動力は大きなお金を生み出す可能性を秘めています。

ぶっちゃけあなたも今すぐ動き出せば人生が変わるかもしれないので、すぐに行動することをおすすめします。

この記事で紹介した今すぐ出来る稼ぎ方

自己アフィリエイト

クラウドソーシング

レコレコ トップに戻るの画像