大学生活ではボランティアを経験しよう|おすすめのボランティア5選

大学生活ではボランティアを経験しよう|おすすめのボランティア5選

大学生活ではボランティアをしよう

学生ボランティアのメリット

  • 社会貢献ができる
    ボランティア活動は社会貢献につながります。 人々から感謝されたり、地球をキレイにすることで自分自身も清々しい気持ちになるでしょう。
  • 世界観が広がる
    今までしてこなかったこと関わることのなかった人と触れ合うことで価値観の違いを知ることができたり、今までに見たことがなかった景色を見ることができます。 ボランティア活動をすることで考え方や将来やりたいことが変わることも。
  • 就職活動に活かせる
    学生時代に力を入れたこと』としてボランティアのエピソードを書くことができます。 ESで書くことに迷ってしまう学生は多いです。 ボランティアで得たことを書いて周りの学生と差をつけましょう。

学生ボランティアのデメリット

  • 持続しにくい
    頑張って取り組んでいても報酬が出るわけではありません。 「役に立ちたい。」と思い、自ら動かなければ続きにくいでしょう。
  • 就活で活かせるかはエピソードの濃さによる
    ボランティアをしたこと書いてもエピソードが薄いと就活に活かすことはできません。 ボランティアをして”何を得たか””自分の中で変わったことはあるか”などエピソードを詳しく書きましょう。

大学生にぴったりのボランティア5選

スポンサードサーチ

大学生活でボランティアをすると就活に活かせる

就活のエピソードにぴったり

ESを書く際に「何も書くことがない。」という学生は多くいます。

ボランティアをすることで『学生時代に頑張ったこと』としてESに書くことができるでしょう。

ボランティアはいつでも始めることができ、ボランティアにも種類があるため自分が1番したいと思ったものに応募しましょう。

1人だと続きにくいかもしれない…。」と思う人は友達を誘って参加するのが良いです。

ボランティア活動を始めてもすぐにやめてしまってはボランティアの良さも分からず、就活のエピソードも浅くなってしまいます。

嘘をついてもバレない?

ボランティアをしていないのに「学生時代はボランティア活動に力を入れました。」と書くのはやめましょう。

詳しく聞かれたときに答えられなかったり辻褄の合っていないことを言ってしまう恐れがあります。

嘘をつくのではなく少し盛るくらいにしましょう。

面接官に聞かれたときにしっかりと話せるように盛った内容も覚えておいてください。

ボランティアの経験がないと就活に不利?

ボランティアをしなかったからといって就活に不利になることはありません。

ボランティアをしていてもエピソードが浅かったり嘘っぽかったりしては就活に活かせません。

大学生時代にボランティア意外で頑張ったことがある人は自身をもってその内容を書いてください。

大学生活ではボランティアを経験しようまとめ

ボランティアをすることで今までに関わったことのない人や感じたことのない感情を得ることができるでしょう。

ボランティアは交通費が自費であったり、報酬がでないため続けるのは難しいですが、友達と参加することで長続きするでしょう。

海外ボランティアは多く募集されていますし、就活にも活かすことができます。

また、いい経験になるので是非参加してみてください。

レコレコ トップに戻るの画像