大学生活にかかる費用とは?大学進学してかかる費用のシミュレーションしよう

大学生活にかかる費用とは?大学進学してかかる費用のシミュレーションしよう

大学生活の費用の内訳

大学費用はどのくらい?

大学、学部によって異なりますが、今回は某国立大・某私立大の理系文系や某理系大学、某音楽学校の費用をお伝えします。

某国立大 文系
初年度納付金 874,100円~ うち授業料535,800円 うち入学金282,000円~

某国立大 理系
初年度納付金 874,100円~ うち授業料535,800円 うち入学金282,000円~

某私立大 文系
初年度納付金 1,331,000円 うち授業料813,000円 うち入学金160,000円~

某私立大 理系
初年度納付金 1,822,000円 うち授業料1,161,000円 うち入学金160,000円~

某理系大学
初年度納付金 1,500,000円 うち授業料1,200,000円 うち入学金300,000円~

某音楽大学
初年度納付金 1,910,000円 うち授業料1,270,000円 うち入学金200,000円~

国立は文系でも理系でも金額は変わりませんが一方で私立は理系の授業料が高いです。

授業料は春学期・秋学期で2回払います。

大学費用はどうしてる?

  • 親が出してくれている
    親が大学費用を払ってくれていて、子どもには負担がありません。 そのため、大学にどのくらいお金を払っているのか分からず、多大な金額を大学に払っているにもかかわらずだらけてしまう学生が多いです。
  • 自分で稼ぐ
    アルバイトをして学費にあてます。 授業料が高いので生活が厳しくなりがちです。
  • 奨学金を借りる
    大学で奨学金を借りることができます。 奨学金を借りている学生は多くいて、社会人になってから毎月少しずつ返済していきます。 30代40代で完済する人が多いです。

スポンサードサーチ

一人暮らしをする場合にかかる費用

大学生の一人暮らしの割合は?

自宅が57%一人暮らしが38%、そしてその他が学生寮、ということで、このように大体4割の人たちが一人暮らしをしていることが分かります。

国公立大学は実家が35.4%一人暮らしが60.3%学生寮が4.4%です。 私立大学実家が63.3%一人暮らしが31.1%学生寮が5.7%です。 H.ポピーショッピング

大学生の一人暮らしにかかる初期費用

引っ越し費用や家具家電費用など詳しくは一人暮らしの初期費用はいくら?東京・大阪で最低限必要な金をチェック!

一人暮らしの初期費用は家賃4.5ヶ月分かかります。

敷金 70,000円(家賃1ヶ月分)
礼金 70,000円(家賃1ヶ月分)
仲介手数料 75,600円(家賃1ヶ月分+税)
前家賃 70,000円 日割り家賃(入居日による)
保証会社手数料(家賃の50〜100%)
火災保険料 15,000円
鍵交換費用 10,000円

合計380,600円(保証会社手数料は100%・日割り家賃0で計算)

仕送りを貰っていると一人暮らしは楽

一人暮らしをする際にアルバイト代で生活するのは少し厳しいでしょう。

103万円で抑えなくても良いのであれば可能ですが生活が苦しくなり、大学を休んでしまうことも考えられます。

一人暮らしをしようと考えている学生は少しでも仕送りをお願いすると良いでしょう。

一人暮らし大学生はバイトをしよう

一人暮らしは寂しいと感じる大学生は少なくありません。

ずっと家にいると暇になり、心細く感じてしまうため週に2、3回アルバイトをいれて交友関係を広げましょう。

アルバイトを入れすぎると疲れてしまい、勉強をおろそかにしてしまうので程々に。

大学生活にかかる費用とは?まとめ

大学生活で掛かる費用は大学、学部によります。

ですが、大学へ進学するとどこへ行っても何百万かかってしまいます。

追加で一人暮らしの仕送りとなると更に金額は大きくなります。

親子で相談しあって決めましょう。

レコレコ トップに戻るの画像