【大学生活】早い時間が過ぎ去る大学生活は後悔しないように過ごそう

【大学生活】早い時間が過ぎ去る大学生活は後悔しないように過ごそう

高校を卒業してから大学に入り、何気ない毎日を送っているとあっという間に卒業式です。

4年間と聞くと長いように感じますが、自堕落な生活を送っている人ほど時間の流れは早く感じます。

大学生は時間があります。 充実させるのも堕落させるのも自分次第です。

卒業間近になって後悔しないためには、今すぐに自分のしたいことをしましょう。

大学生活の時間は早い

中学、高校よりも長い大学生活ですが、時間が過ぎ去るのはあっという間です。

また、好きに使うことができる時間が多いため時間の流れを早く感じやすいです。

大学生活のスケジュール

1年生:入学式 バイト開始 サークル加入
2年生:資格取得 インターン
3年生:インターン 春から就活
4年生:就活 残りの単位取得 卒論

スポンサードサーチ

大学生活はどんな感じなの?

授業を入れた時間によって登校時間が決まります。

大学は1コマ90分~100分です。

ずっと集中力が持つわけではないため、寝ている学生、スマホをいじっている学生も多くいます。

お昼は学食で食べたり、持参したお昼ご飯を講義室で食べたりと人それぞれです。

サークルや部活に入っている人は夕方から夜にかけて活動します。

サークルなどに入っていない人は帰宅、もしくはアルバイト、友達と遊ぶといった生活になります。

1日を全て自分で考えることができるのが大学生活の醍醐味です。

大学生活はすぐに終わる

大学生活、何をしていたんだろう…。」と思うほど大学生活はすぐに終わります。一瞬です。

最後の学生生活であり、卒業後は社会人として毎日仕事に追われます。

大学生活で「何をしていたか分からない。」ということにならないためにしたいことを思う存分しましょう。

スポンサードサーチ

堕落に陥る大学生活

大学生は自主休講や出席だけとって授業に参加しない学生は多くいます。

講義には参加せずに遊んだり、バイトをしていることもしばしば。

出席が強制されていないため自分の好きなように休むことができてしまうため、堕落に陥りやすいです。

堕落に陥らないためにはまず、講義に参加しましょう。

大学には毎年100万円ほど払っています。

知識は一生ものなので、できる限り講義には参加しましょう。

大学生活が残り半年になったら

大学4年生の秋になると大学生活が残り半年になります。

就活も終わり、単位を取り終わった人もいるでしょう。

大学生活が残り半年になったら、したいことをリストアップしましょう。

そして、リストアップしたものを叶えるためにお金貯めて、計画を立てます。

長期休暇といっても良い大学4年の後期はしたいこと、やり残したことをしましょう。

大学生活が終わったときに思うこと

大学生活が終わった時に思うことは「だらだらしすぎたな…。」「4年間何してたんだろう。」「社会人いやだ。」となどマイナスなことが多いです。

若いうちの4年間は貴重です。

やり残したことがないようにしてから社会人の扉を開きましょう。

大学生活の後悔ランキング

5位 サークル
4位 旅行
3位 遊び
2位 勉強
1位 恋愛
詳しくは『大学生活で後悔していることランキング!卒業前に確認してほしい』をクリック!

スポンサードサーチ

早い時間が過ぎ去る大学生活は後悔しないように過ごそう

大学生活は本当にあっという間に時間が過ぎ、だらだらしていると就活が始まり気づけば卒業です。

したいことはどんどんチャレンジしていきましょう。

大学生のうちに色々な景色を見ておくことをおすすめします。

レコレコ トップに戻るの画像