大学生はサークルに入らないと後悔してしまう?|入らないメリット

大学生はサークルに入らないと後悔してしまう?|入らないメリット

大学生になったらサークルに入って遊びまくるぞ!」とは思っても、実際にはうまく馴染めずに後悔してしまうことがあります。

そこで今回は、「サークルに入らないと後悔してしまうのか」という悩みについて、サークルに入らなかったレコレコ編集部が書いていきます。

大学生はサークルに入らないと後悔しがち

サークルに入らなかった多くの大学生が後悔してしまいます。

理由は大学生活がつまらないからです。

サークルに入らないと、どうしても友人ができなかったり、異性との出会いがなかったりして大学生活を楽しめません。

サークルに入らなくて後悔してしまう大学生は増えてるのです。

スポンサードサーチ

サークルに入らない割合はどれくらい?

大学生のサークル加入率

サークルに合わない!馴染めない!後悔しない選択をしようによると、大学生のサークル加入率は約50%で、半数程度しかサークルに加入していないのです。

つまり、「サークルに入るのが普通」という考え方は間違っていて、サークルに入るのも入らないのも普通なのです。

サークルに加入するかは自分の考え方次第ですが、特に入る必要もなければ一般的でもないので、安心してください。

もちろん大学生の中には「サークルに入りたくない!」と考えている人もいます。

ここからは、サークルに入らないメリットとデメリットを書いていきますので、サークルに入るか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

大学生がサークルに入らないメリット

まずはサークルに入らないメリットを3つほどご紹介していきます。

大学生はノンサーでも楽しめる

そもそも大学生は、サークルに入らないノンサーの場合でも十分すぎるほどに大学生活を楽しむことができます。

アルバイト・授業・ゼミなど、大学生活の楽しみはサークルに入っている人だけの特権ではありません。

同じ趣味を持った人が集まれば楽しいのですが、別にサークルという形態である必要はないのです。

時間の融通が効く

サークルに入らないといつでも自分のために時間を使うことができます。

サークルに入ってしまうと、活動・飲み会・合宿等でたくさんの時間を取られてしまいますが、ノンサーにその心配はありません。

自分の時間を使い放題なので、やってみたいことや挑戦してみたいことはドンドンやるべきなのです。

好きなことに集中できる

サークルに入らない最後のメリットは、好きなことだけに集中できることです。

これは時間だけではなくお金もそうで、サークルに入ってしまうとたくさんの時間とお金をサークルのために使うことになります。

自分の好きなことだけに集中したいのであれば、サークルに入らずにやりまくるのも1つの手です。

スポンサードサーチ

大学生がサークルに入らないデメリット

もちろんサークルに入らないことによるデメリットも沢山あります。

この記事では2つほどデメリットを紹介するので、参考にしてください。

異性との出会いが少ない

サークルは男女が集まって活動することが多いので、サークルに入らない人は入っている人よりも異性との出会いが少なくなってしまいます。

ただしこれは、サークルだけの話なので、アルバイトやゼミで出会う可能性は高いので、安心してください。

サークルに入らないと、大学生活で異性との出会いが0になってしまうわけではありません

友達がなかなか出来ない

これも異性との出会いが少なくなってしまうことと、同じ理由になります。

サークルは異性だけでなく同性との出会いもたくさんあるので、サークルに入らないと同性との出会いも減ってしまうのです。

サークルに入らないと就職で不利?

サークルに入っていない人の悩みとしては、「サークルに入らないと就職で不利になるのでは…」と悩んでしまうことです。

しかしサークルに入らなくても、就職で不利になることはありませんので、安心してください。

就職活動の面接で聞きたいことは、「学生時代に何を頑張ってきたのか」なので、それがサークルじゃなくても平気なのです。

大学生はサークルに入らないと心配してしまうかもしれませんが、就職にはそこまで響きません

サークルは就職で有利なのか

サークルに入っていると、就職で有利なの?」という疑問があると思いますが、サークルは就職にそこまで有利ではありません。

サークル自体が有利なのではなく、どんなサークルに入っていてどんな役職についていてどんな成果を出してきたのか、の方が重要になります。

サークルが有利になるというよりも、どんなことをしてきたかのプロセスが大事なので、参考にしてみてください。

サークルに入っていない理由を聞かれる?

企業にもよりますが、「どうしてサークルに入っていなかったのですか?」と面接で聞かれることがあります。

面接官はサークル以外に何をしていたのかを知りたがっているので、サークル以外の活動を話すべきです。

特に悪意があるわけではありませんので、シンプルに伝えると良いでしょう。

スポンサードサーチ

サークルに入らないと後悔するまとめ

以上、ここまでサークルに入らないと後悔するのかまとめてきました。

サークルに入らないと異性や同性との出会いが少ないかもしれませんが、サークル以外でカバーすることは可能なので不安になる必要はありません。

サークルだけではなく、他のコミュニティに属していれば解決できるので、自分に合うコミュニティを探しましょう。

レコレコ トップに戻るの画像