サークルに向いてない・合わない・辞めたいならすぐに辞めてしまおう

サークルに向いてない・合わない・辞めたいならすぐに辞めてしまおう

サークルなんて辞めても平気

向いてないならサクッとやめよう

大学生は勘違いしがちですが、サークルなんて辞めても大丈夫です。

そもそも好きでやっているサークルを無理に続ける必要はなく、辞めたくなったらすぐに辞めてしまえば良いのです。

どうせ大学3年生になったら辞めますから、そこまで長続きするものでもありません。

向いてないと思ったらすぐに辞めてしまいましょう。

もちろん目標があったり、やりたいことがあったりしたら続けるべきですが、そのようなパターンはとても珍しいです。

辞めたところで何もないので、安心して辞めてください。

才能がある分野を探すのが大事

大学生はまだまだ若いです。なんだって出来ます。

自分に向いている何かを探して、ひたすら極めるだけで生きていくことができます。

とにかく挑戦しまくって、自分の好きなこと・得意なことを探すようにしてください。

自分が本当に才能ある分野を探せば、これからの人生がもっと楽しくなること間違いなしです。

才能がある分野をぜひ探してみてください。

見つかり次第、本気で取り組んでみてください。

スポンサードサーチ

サークルを辞める判断基準

サークルは辞めたいときに辞めて良いのですが、具体的にどのタイミングで辞めるべきなのか迷うでしょう。

ここでは、サークルを辞める判断基準について解説します。

ノリが合わない時

大学生の間ではノリというのはとても重要です。

ノリが合わない人といるのは辛いですし、ノリが合わないとサークル活動を楽しむことはできないでしょう。

ノリが合わない人と楽しめるはずはないので、サクッとサークルを辞めることをオススメします。

サークルに馴染めない時

サークルに入ったばかりの大学生に多いのが、「全然うまく馴染めない…」という悩みです。

会社と同じでサークルにも社風があるので、馴染めない人も出てきます。

サークルに馴染めないと思った時も、すぐに辞めてしまいましょう。

もちろん仲の良いメンバーは数人できると思うのですが、メンバーみんながサークルに馴染めていない可能性もあります。

メンバーみんな辞めることになるのはあるあるです。

人間関係で辞めたいと思った時

サークル内で人間関係の問題があった時も、すぐに辞めることをオススメします。

大学生もまだまだ若いので、人間関係においても様々な問題があります。

基本的には喧嘩・恋愛・先輩/後輩などですが、何か問題があって辞めざるを得ない時もあるでしょう。

サークルに居づらくなった時は、サークルを辞める時です。

あなた自身に問題がなくても、サークルを辞める方に追い込まれる可能性もあるので気をつけてください。

もはや行ってない時

もうサークルに行ってない時はできるだけ早く辞めてください。

むしろ居続ける方が大きなコストがかかりますし、なんの意味もありません。

サークルに行かなくなる理由はいくつかありますが、遠くていかない・つまらない・サークル費が高い・合わない、といった場合はサクッと辞めちゃいましょう。

行ってないサークルに在籍し続ける意味を考えることをオススメします。

サークルを辞めるメリット

サークルを辞めることにデメリットばかり感じてしまいがちですが、メリットもたくさんあるので見ていきましょう。

①時間ができる

まずサークルを辞めることで、時間を作ることができます。

時間を作ることができれば新しく何かを始めることも可能ですし、時間のある大学生の価値を最大化できます

自分の本当にやりたいことに集中するもよし、自分探しをするもよし、好きなことをやりまくってください。

②お金ができる

向いてないサークルに払うお金はもったいないです。

サークルは加入するだけでお金がかかりますし、飲み会にもたくさんのお金がかかります。

逆に、サークルを辞めればその分お金も余るので、好きなことだけにお金を使うことができるのです。

大学生でお金をたくさん稼いでいる人は少ないので、無駄なものにお金を払うのは辞めましょう。

③他のことに集中できる

サークルを辞めれば、自分のやりたいことに集中できます。

他のことに集中できれば極めることができますし、もしかしたら1流になれるかもしれません。

向いてない・馴染めないサークルを続けるよりも、他のことに集中する方が良い時も沢山あるのです。

スポンサードサーチ

サークルを辞めるデメリット

では、サークルを辞めることによるデメリットについても見ていきましょう。

①友達が少なくなる

サークルで仲良くなった人とは、もう2度と会うことがないかもしれません。

さらに言うとサークルを辞めたことで敬遠される可能性もあるので、嫌われているかもしれません。

サークルを辞める時は、このような覚悟をしておくのも大切です。

②思い出ができなくなる

サークルを辞めると、これから先の活動・合宿・飲み会などで思い出を作ることができなくなります

サークルに参加しなくなるということは、もうメンバーではないので何もできないのです。

サークルを辞めたら就活に響くのか?

サークルを辞めたことで就活に何かしらの影響があるのでしょうか? 答えはノーです。

サークルなんてお遊びだということは企業側も知っているので、辞めたところで就活にはなんの影響もありません。

気にせずサークルを辞めちゃってください。

まとめ

サークルは向いてない・馴染めないと思ったら、無理に参加するのではなく、早めに辞めるべきです。

もっと自分にあったことを探して、好きなことに集中することをオススメします。

レコレコ トップに戻るの画像