大学生はサークルに入らないと就職活動で損をする?ESにサークルを書くのはアリ?ナシ?

大学生はサークルに入らないと就職活動で損をする?ESにサークルを書くのはアリ?ナシ?

就活でサークルのことを書くのは良いのか。」「サークルに入っていない人は入っている人よりも不利になるのか。」というサークルと就活の疑問を解消します。

もうすぐ就活だという人はもちろんですが、大学進学したての大学1年生も参考にしてみてください。

大学生はサークルに入ると就活で有利になる?

有利になることは少ないです。 人事や面接官は何枚ものエントリーシートを目にします。

アッと驚くようなエピソードを持っている場合は評価されますが、サークルに入っているからと言って有利になることはないといってもよいでしょう。

中途半端なサークルエピソードを書くことはやめましょう。

すぐにはねられてしまいます。

サークルで有利な経験をした人は就活で使える

先ほども書いた通り、サークルで有利な経験をした学生は就活で使えるでしょう。

就活で使える有利な経験の例はこちらです。

・全国大会に出場した
・人生観を変える出来事があった
・自分の長所だと胸を張って言えるものが見つかった
・大学で1番大きいサークルの部長をした。(人数も書くとよし)

就活で有利な人とは?

就活で有利になる人は最終学歴のいい人です。

学歴は関係ない。」と言われている時代ですが、大学名で判断されることは多くあります。

また、資格を持っている人も有利です。 資格は勉強を頑張った証となります。

そのため、“学生時代頑張ったこと”でも“勉強”と自信をもって書くことができます。

就活で有利になりたいと思っている人は資格取得をしましょう。

スポンサードサーチ

サークルは就活で影響を与えない

サークルに入っているからと言って、入っていない人より有利になることはありません。

サークルっていっても遊んでただけでしょ。」と思われることもあります。

基本的にはプラスにもマイナスにもなりません。

サークルをやめたい。」と思って無駄な時間を過ごすのであれば、勉強など違うことに力を注ぎましょう。

部活は就活で不利なのか

サークルと違って活動時間が多く、内容もしっかりしている部活は不利になることはありません。

学生時代に力を入れたこと”として書くのはいいでしょう。 成績を残している人は書きやすいですよね。

部活をESに書く際は部活で学んだことなどのエピソードを書きましょう。

”頑張って何を得たのか”ということを書くのがベストです。

部活・サークルに入っていない人へ

部活やサークルに入っていないからと言って不安に思うことありません。

もちろんサークルには言いていることで有利になることもあります。

しかし、サークルに入っていない人は、サークルに入って使っている時間を違う時間にあてることができます。

その時間を有意義なものにしてください。

サークルと就活は全く関係がないわけではない

サークルで得たことは就活に生かすことができます。

大学には今までで出会ったことのない人と関わることで世界観が広がります。

そのためコミュニケーション能力も付き、知識も増えます。

先輩の就活エピソードも参考にすることができ、自分の就活の参考にできるのでサークルの経験が就活に役立つこともあります。

サークルに入っていたからこそ得るものもあるでしょう。

就活のエピソード作りになる

ESを書く際にエピソードがなくて困っている学生が多くいます。

サークルに入っていることで大学生ならではの楽しさや学びを得ることができます。

就活で使えるエピソードを作れるかどうかは自分次第です。 人事も驚くような経験をサークルで積みましょう。

サークルに入らないと就職活動で損をする?

大学生活でサークルに入らなかったからといって就職活動で損をすることはありません。

就活で使えるサークルの有利な経験・エピソードがある人は有利になるでしょう。

エピソードを作りたいと思っている人はサークルに入ってもいいですし、自分で有意義な時間を送ってもよいでしょう。

レコレコ トップに戻るの画像