飲み会で浮くのが嫌な人のためのテクニック|シーン別の対処法

飲み会で浮くのが嫌な人のためのテクニック|シーン別の対処法

飲み会は人数も多く、コミュニケーションが苦手な方や飲み会が嫌いな人には苦痛の場ですよね。

そんな方々へ贈る飲み会でできるテクニックを会社とバイト先に分けてご紹介します。

飲み会で浮く人へ

大人数で集まると自分がどういった位置にいればよいかわからなくなりますよね。

1度浮いてしまうと飲み会が嫌になってしまうと思います。

そんな方に、飲み会で浮かないテクニックをご紹介します。

飲み会が嫌いな人は浮いてしまいがち

飲み会といえば、ワイワイと盛り上がることが多いと思います。

また、多くの人がいるのでどのように動けば良いのかとても難しいです。

飲み会が嫌いだから楽しめないということもあるので、”ただ飲んで、適当に話す”というように気楽に参加することもテクニックの1つです。

飲み会へ行きたくない時の対処法

どうしても行きたくない場合は断りましょう。

飲み会に行かないことで何か言われたり、「イメージを悪くするから…行かなきゃ。」 という意識は捨てましょう。

あなたの世界は会社やバイト先だけではありません。

スポンサードサーチ

会社の飲み会で浮く人へ贈る飲み会テクニック

会社の飲み会で浮く人から浮かない人のになるためのテクニックをご紹介します。

  • 会社で比較的仲のいい人の隣に座る
    大人数で飲んでいても時間が経つとグループができてしまいます。
    グループ内で孤立しないようにするためには仲のいい人と近くに座りましょう。
  • 真顔は禁止、笑顔を作ろう
    皆が楽しんでる中、真顔でいると目立ってしまいます。
    また、話しかけづらいので微笑むようにしましょう。
  • テキトーにでも相槌を打つ
    話を聞いている風に相槌を打ちましょう。
    相槌にも抑揚をつけると話をちゃんと聞いている感がでるのでおすすめのテクニックです。/li>

会社の飲み会が疲れる・つまらないわけとは

会社が終わったあとに疲れた状態で飲みに行くと疲れるのは当たり前です。

また、あまり話したこともない人と飲むのですから気疲れもしてしまうため精神的にも肉体的にも疲れてしまうのです。

飲み会は仲の良い人だけが集まる場所ではなく、話の合わない人とも時間を共にしなければならないためつまらないと感じます。

つまらない人の話はテキトーな相槌とテキトーな反応をしておくことで自身への負担を減らすことができます。

会社の飲み会が苦痛の人へ

会社の飲み会が決まるごとに胃がキリキリしてしまう方もいるのではないでしょうか? 「行かなければならない。」と思って嫌々参加してしまうこともあると思います。

飲み会が苦痛に感じる方は、行かない。もしくは友達を誘って遅れて参加しましょう。

1人で途中参加だと目立ってしまうのもありますが、孤立しやすいためやめましょう。

バイトの飲み会で浮く人へ贈る飲み会テクニック

  • とにかく笑っておく
    学生が多いバイト先ではあまり上下関係がないと思います。 会話の内容も堅い話はあまりないため、とにかく笑っておきましょう。 笑っておけばなんとかなります。
  • ノリを合わせる
    ノリがあっていないと目立ってしまい、周りが気を遣い1人だけ浮いてしまいます。話すトーンや笑顔を作るなどしてノリを合わせましょう。
  • 食べるときはおいしそうに食べる
    美味しそうに食べていると周りも幸せになりますし、楽しんでいる感が出るので浮くこともありません。

バイト先での飲み会が億劫に感じる人は参加しないことをおすすめします。

ずっとそのアルバイトをするわけではありません。

自身に負担をかけるのであれば、アルバイトを変えるのも手です。

自分の働きやすいアルバイト先を見つけましょう。

バイトの飲み会でぼっちにならないために

バイト先の飲み会でぼっちにならないためには、とにかくリアクションをすることです。

リアクションがないと周りの人もあなたに話を振ろうと思いません。

また、グループで話していても疎外されてしまうため、リアクションは大事です。

スポンサードサーチ

飲み会で浮く人へ贈る飲み会テクニックまとめ

会社やバイト先の飲み会が嫌だと感じる人も多いと思います。

断りたいけど、印象が悪くなるから仕方なくいく人がこの記事のテクニックを参考にしてくれたらと思います。

本当に行きたくないときは断って、家で美味しいご飯を食べましょう。

レコレコ トップに戻るの画像