新年会はいつからいつまで?新年会の挨拶予約の時期は?

新年会はいつからいつまで?新年会の挨拶予約の時期は?

会社や友達と新年会をする人、幹事をする人必見のきじです。

新年会の予定を立てて素敵な1年の幕を開きましょう。

年明け8日以降の挨拶や喪中の人への挨拶を知っておくことは社会人としてのマナーなので、ぜひこの記事で新年会の時期を確認していってください。

新年会はいつからいつまで

新年会は1月4日~2月19日までがよいでしょう。

年明けは予定が入っている人や家でゆっくりしたい人が多いため、3ヶ日と呼ばれる1月1日〜1月3日は避けて、1月4日以降にしましょう。

あまり知られていませんが、日本の旧正月である2月19日までには新年会を終わせることをおすすめします。

2月19日を過ぎてしまうと、もはや新年の雰囲気はなくなってしまうので、できるだけ早く新年会を開くことをおすすめしておきます。

新年会のピーク

新年会のピークは1月4日以降から20日までです。

金曜日土曜日に新年会を行うことが多く、さらには1月の第1週目~第3週目に行われることが多いので、予約には気をつけてください。

できれば1月中に新年会をするのがベストでしょう。

年明けてからすぐに成人式があって、息子・娘を家族でお祝いする家庭もあるので、成人式は避けて予定を立てることをおすすめします。

成人式は中学校の同窓会が開かれることもありますし、会社や大学のサークルの新年会と被るのは避けたいところですね。

学生のノリを嫌う社会人の方も多いので、気を遣って成人式を避けるようにすることをおすすめします。

スポンサードサーチ

新年会の予約はいつから?

予約は早いっ方が良いので1か月前にしておきましょう。

他の会社やグループで予約が埋まってしまうこともあるため、できるだけ早く12月の第2週には予約をしておくことをおすすめします。

また、人数が多いと予約がなかなか取れないことが考えられるため、30人以上の予約の際は1か月半前には予約しておくことをおすすめします。

そのため、早いうちから新年会の日程を決め、人数を把握しておく必要があります。

新年会の予約の時期

基本的に予約はいつでも大丈夫です。

ただ、1週間前に電話を入れるとなるとピークの時期は予約が埋まってしまうことが多いので、1か月前には予約しましょう。

もちろん予約の時期が遅くなればなるほどお店が埋まっていくので、お店を吟味したいのであればできるだけ早く予約をすることをおすすめします。

新年会は何時までやるの?

時間は決まっていません。

数時間飲んでから解散ということもありますし、その場のノリでカラオケや2次会を行うこともあります。

飲み会は2時間制が多いため、19:00から始めると遅くても21:30にはお店を出るという流れになると思っておいてください。

遅くても終電で帰るくらいの時間になるでしょう。

会社によっては「今日は朝まで飲み明かすぞ〜」と言う人もいるのですが、気にしないで自分は帰ることを選ぶのもありです。

翌日に何か予定があったり、家に待っている人がいたりするなら、自分のペースで帰ることを選びましょう。

スポンサードサーチ

新年会の挨拶「あけまして~」はいつまで言える?

いつまでも「あけましておめでとうございます。」と言っていては正月ボケしていると思われます。

正月ボケしていると思われないために、年が明けて少し時間がたった時の挨拶を知っておきましょう。

挨拶を知っておくだけで社会人として認められることもあるので、大人のルールとして知っておくことをおすすめします。

8日後以降の新年の挨拶

・寒中お見舞い申し上げます こちらは7日以降の年賀状で使う挨拶です。

実際に人に会った時にも使えます。

・今年(本年)もよろしくお願いします。

年が明けてから時間がたってしまったときはこの挨拶で十分です。

上記の挨拶は1月15日(小正月)までにしましょう。

新年会はいつからいつまで?まとめ

新年会は1月4日~2月19日までがよいでしょう。

しかし、1月中に行うのがベストです。

新年会の予約は1か月前にしておくことで予約がいっぱいでまた店選びから始めなければならないという手間を省けます。

また30人以上の場合は1か月半前に予約しましょう。

レコレコ トップに戻るの画像